JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事

松本市の「まつもと古市」はレトロでお洒落な古道具だらけ!月に一回松本城大手門枡形跡広場で開催されているから行ってみて

      2016/01/12


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterをフォローしてください

Twitterアカウント@JIBURlをぜひフォローしてください。現在フォローワー数7,500人

LINEモバイルが3月31日まで超お得なキャンペーン中

格安SIMのLINEモバイルが3月31日まで「3ヶ月間無料・9GBプレゼントキャンペーン」をしているので、今なら超お得に乗り換えられます。詳細はここ→  格安スマホはLINEモバイルが最強

まつもと古市のお店

長野県松本市のまつもと古市はレトロでお洒落な古道具の青空市場

長野県松本市の松本城大手門枡形跡広場で2015年4月から月に一回開催されている「まつもと古市」は、レトロでお洒落な古道具の青空市場である。

ぼくはまつもと古市の存在を知らなかったが、宿泊していた松本市のカンデラゲストハウスさんでまつもと古市が翌日に開催されることを教えて頂き、そのチラシがあまりにもお洒落だったので実際に行ってみることにした。

そこで今回は、まつもと古市に初めて行ってみた感想を紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

松本城大手門枡形跡広場で月に1回開催「まつもと古市」

まつもと古市は、長野県松本市の松本城大手門枡形跡広場で2015年4月から月に1回開催されている。

こちらがまつもと古市の公式ホームページである、超オシャレなのでぜひ見て欲しい。

 

matsumotofuruichi

 

1.チラシがお洒落

カンデラゲストハウスさんで頂いたチラシも、ホームページと同じ人が書いた作品だ。

ぼくはこの絵に一瞬で恋に落ち、翌日の予定を変更してまつもと古市へ行ってみることにした。

実際に手に取ってもらわないと伝わらないと思うが、このチラシは素材も特殊で半透明の紙でできていて、とてもお洒落なのだ。

 

まつもと古市のチラシ

 

 

 2.会場は松本城大手門枡形跡広場

まつもと古市の会場は松本城大手門枡形跡広場だが、松本市に一年間住んでいたぼくでさえも「どこ、そこ?」と思ってしまうほどマニアックな場所だし、しかもまだGoogleマップにも載っていない未知の領域である(飯田市民のぼくが勝手にGoogleへ松本城大手門枡形跡広場の位置を申請してみた)。

こちらが、松本城大手門枡形跡広場の周辺。

 

こんな感じの広場である。

縄手通りの入り口

 

四柱神社の入り口の手前にある。

 

四柱神社

 

もっと分かりやすく説明すると、縄手通りの入り口の左手にある。

カエルのモニュメントの舌が指す方向にある広場が、松本城大手門枡形跡広場だ!

 

縄手通りの入り口モニュメント

 

カエルのモニュメントから徒歩10秒で到着する。

こちらがまつもと古市の開場である。

 

松本城大手門枡形跡広場

 

 

 

 

レトロでお洒落な小道具がたくさん並ぶ

まつもと古市とは名前の通り「松本市の古物市」で、レトロでお洒落な小道具を扱うお店がたくさん出店していた。

例えば、古い自転車、椅子、机、棚、ジョーロ、黒電話、鳥かご、お茶椀、スプーン、箱などなど、ありとあらゆるレトロな小道具が集まっていた。

しかも、全部がハイセンス!

絶妙な錆や、適度な色落ちなど味がある物ばかり売っていたので、カフェを持っている人やインテリアコーディネーターにとっては、最高の仕入れ場所だろう。

 

まつもと古市のお店

 

それぞれのお店は簡易テントでできていて、中央の高い三脚からカラフルな三角旗が飾られていた。

この三角旗は流行っているのでよく見るが、まつもと古市の三角旗はレトロな古生地を使っていて、細部にまでこだわりを感じられた。

 

まつもと古市の飾り

 

今のぼくはレトロな古道具を買っても飾る場所がないので何も買わなかったが、いつかお洒落なアイテムを飾る場所を持てたらまつもと古市で仕入れたいと思った。

まつもと古市は毎月一回開催しているので、レトロでお洒落なグッズが好きな人はぜひ買いに行ってほしい。

 

 

まとめ

オシャレなチラシに誘われて、まつもと古市に行ってみた。

ハイセンスな古道具がたくさん並んでいて、お洒落な空気が漂っていた。

古道具を仕入れたい人は、ぜひまつもと古市へ行ってみてほしい!

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / フォトグラファー / ライター / ブログコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながらビジネスをしている現代版ノマドワーカー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 「宮﨑大輔はどんな人?」と思う人は5つのインタビュー記事を読んでみたら?

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 2016年に書いたブログ169記事から選んだ特に面白いベスト15記事

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け5カ国で農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
農業コンサルタントの顧問契約&出張指導

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

shigoto_9042


SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly

Twitterのフォローワー数1万人を目指しています!フォローしてください。


Instagram

note_9254

youtube-logo

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事