JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「ライフハック」カテゴリの人気記事

英語が話せない人が海外で働く裏ワザ!外国で働きたい人は英会話教室でTOEICを受けずに大学院で修士号を取得しよう

      2016/07/18


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学院の修了式

海外で働きたいと思っている人は、大学院で修士・博士号を取得しよう。

英会話を習っているアナタが海外で働けないのに英語を話せないボクが海外で働ける理由」という記事を公開したところ、「専門性が重要ということはわかったけど、具体的にどうやって専門性を身につければいいの?」という質問を頂いた。

世界で働けるほどの専門性を身につけることは難しいように思えるが、意外と簡単である。

なぜかというと日本も世界の一部であるし、日本は超先進国なのでぼくたち日本人は生まれながらにトップクラスの世界に住んでいるエリートだからだ。

なので、日本人ならば「専門性」さえ身につければ、誰にでも海外で働くチャンスはある。

そして、その専門性を身につける一番簡単な方法は、大学院へ進学し修士号か博士号を取得することだ!

なぜならば、海外では日本以上に「学位」で能力を判断されるので、修士号以上の学位を取得しなければ専門家とは認められないから。

そこで今回は、海外で働きたい人が大学院へ進学すべき理由を詳しく説明しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 海外で働くためには英語よりも「専門性」が重要

ウユニ塩湖で星を見上げる

前回の「英会話を習っているアナタが海外で働けないのに英語を話せないボクが海外で働ける理由」でも書いたが、海外で働くためには英語よりも専門性が重要だ。

なぜかというと、この世界には英語を話せる人はいくらでもいるので、ただ英語を話せるだけの日本人は仕事を依頼するメリットがないからだ。

そのため、農業や医療、工学などの英会話以外の専門性を身につける必要がある。

ただし、通訳や翻訳者レベルの超ハイレベルな英語力や他の言語の能力を身につけられれば、それは語学という専門性になる。

最低限の英会話能力とTOEICの点数は必要

ただし勘違いして欲しくないのは、最低限の英会話能力とTOEICの点数は必要だということ。

まったく英語が話せない人は、海外では日常生活すら苦労するからね。

仕事が忙しいサラリーマンはDMM英会話がおすすめ

会社で働いてて時間がない人には、どこでも英会話練習ができて無料体験が可能なDMM英会話がおすすめ。

無料体験してみる→ DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

 

会社を辞める人や大学生には海外留学がおすすめ

仕事を辞める予定の人や大学生は、英語能力を上げるために海外留学してみよう。

無料で資料請求してみる→ 留学であなたの将来を変えよう!/ヨーク国際留学センターの海外留学

 

 

海外で専門家とは「修士・博士号を持った人」を指す

では、海外で働けるほどの専門性を身につけるためには、いったい何をすればいいのか?

その前に「海外で専門家と呼ばれる人の条件」を考えてみよう。

それは、ズバリ大学院を卒業して修士号か博士号を持っている人物である!

1.海外では大学名ではなく学位で評価される

パナマ人と記念撮影

日本では人物の能力は、卒業した大学名で判断される。

無名私立大学よりは地方国立大学が高く評価され、地方国立大学よりは有名私立大学が高く評価され、有名私立大学よりも国立六大学が評価されている。

日本では学歴(大学名)が重要視されるのだ。

しかし、ぶっちゃけ海外に住む外国人から見れば、東京大学も信州大学も同じ日本の大学である(笑)

海外では日本の何大学を卒業したのかは、ほとんど評価されないのだ。

 

この話についてはドイツで新卒からフリーランサーとして活躍しているWasabiさんの記事が参考になるので、ぜひ読んでみてほしい。

参考:海外に出たら「出身大学」なんてマジで関係ない話|WSBI

 

 

私なんて、出身大学を「DOKKYO UNIVERSITY」だと紹介する度に8割の確率で「TOKYO UNIVERSITY」と聞き間違えられるくらいです。そこで、必死に「いやいや、DOKKYOです!」なんて主張してみても、相手は「へぇ」くらいの反応ですよ。だって獨協も東大もどちらもよく知らないから。

日本人的には「東大=日本最高の大学」というイメージがちゃんとありますが、海外の人からしたら「東大=東京にある大学」くらいのザックリした認識をされることがほとんどです。

引用元:海外に出たら「出身大学」なんてマジで関係ない話|WSBI

 

 海外で一番重要視されるのは、学校名ではなく自分が何を学んだかという「専門」だということ。

引用元:海外に出たら「出身大学」なんてマジで関係ない話|WSBI

 

これは裏を返せば、海外で行きていくことを目的とした時、大学名にはそこまでこだわらなくても良いとも言えます。

引用元:海外に出たら「出身大学」なんてマジで関係ない話|WSBI

 

2.大学卒は技師、大学院修士卒は専門家、大学院博士卒は研究者

農牧省の同僚たち

海外では学位できっぱりと立場が分かれるのが普通だ。

例えば、ぼくが働いていた中米パナマ共和国の農牧省では、学位によって明確に立場が決まっていた。

・中卒はただの雑用係。

・高卒は平社員。

・大卒は低位管理職。

・大学院修士卒は研究者か高位管理職。

・大学院博士卒は所長などのトップ管理職。

そして、「専門家」として認められるのは大学院を卒業した修士号取得者以上だった。

日本の一般企業では大卒も修士卒も同じ扱いを受けることが多いが、海外の企業や公的組織ではそこには明確な差があることが多い。

大卒は基礎知識しか持っていない人物で、修士卒・博士卒は専門性を持った人物として評価されるのだ!

 

3.マスターかドクターを取得すれば、外国では専門家として認められる

ベネズエラのペモン族へ農業指導

ということは、大学院を卒業し修士号(マスター)か博士号(ドクター)を取得すれば、海外でもその分野の専門家として認めてもらえる。

例えば、ぼくは新卒で海外で働き始めたが「農学系修士号」を持っていたので、海外では農業の専門家として認めてもらえている。

逆に日本ではいくら修士号を持っていても、社会人経験がゼロのぼくは専門家としてはおろか、社会人としても認めてもらえないだろう(笑)

日本は「大学名と社会人経験年数」を重視し、海外は「学位」を重視する違いがあるからだ。

日本でずっと生きてきた人は「海外でも大学名と社会人経験が評価される」と勘違いしていることが多く、「無名私立大学を出たら海外で働けない」、「社会人経験がない新卒では海外では働けない」と信じ込んでしまっている。

しかし、実際には修士号や博士号を持っていれば、ぼくのように無名大学出身の新卒者でも海外で専門家として認められ、働くことができる。

 

 

 

海外で働きたい人は大学院へ進学すべき

なので、海外で働きたい人がすべきことは、英会話教室に通うことではなく大学院へ進学することだと思う。

それが一番手っ取り早く専門性を認められる方法であり、海外で働く方法だ。

1.開発系の国際機関で働くためには修士以上が必須

途上国の田舎の子供

例えば、国連や世界銀行などの国際開発の世界を例にしてみよう。

国際開発の世界で活躍する日本人の専門家から「国際開発の大きな組織で活躍するためには、二つ以上の分野の修士号が必要で(開発学&その他の分野)、一つは博士号が理想」と言われたことがある。

これは藤原和博さんの「レアカード化させる考え」と一致している。

一つの分野の専門性だけでは弱く、二つ以上の専門性があることで希少な存在になれるのだ。

参考:「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」を読んだら海外ノマドフリーランサーが生き残る秘訣が書かれていた

国際開発の世界の求人情報を見ると「修士号以上の学位が必須」とほぼ100%記載されていて、学部卒の専門性を持たない人は雇ってもらえないのだ。

そのため国際開発の世界を目指す人は、日本か海外の大学院へ進学し開発学などの修士号を取得しなければいけない。

修士号を持っていないとスタートラインにも立てないのが現実だ。

 

2.大学生は大学院へ進学し、修士号を取得しよう

大学院の修了式

そのため、将来海外で働きたい大学生は、大学院へ進学し修士号を取得することをおすすめする。 

海外で働くためには商社やメーカーに就職して「海外駐在員」になる選択肢もあるが、その場合でも専門性がない人よりも専門性がある人が選ばれやすいだろう。

そして、いざ海外で働くとなった場合に「学部卒」では専門性を評価されず、苦しい思いをするだろう。

大学を卒業したらすぐに海外で働きたいという人もいるだろうが、ぼくは大学院へ進学して専門性を磨いてから海外で働くことをおすすめする!

ぼくは大学院で修士号を取得したおかげで、海外でフリーランスの農業コンサルタントとして働けている。

 

3.学部卒の社会人もいろんな制度を利用して修士・博士号を取得しよう

東京の窓

 「学部卒でもう社会人になっちゃったよ!!」という人は、いろんな制度を利用して修士号や博士号を取得することをおすすめしたい。

会社に団体によってはキャリアアップ制度の一つとして大学院への進学休暇を認めているところもあるし、通信制の大学院でも修士号が取得できる。

博士号を取得する方法としては、「社会人ドクター」という方法もある。

参考:社会人としての博士取得

すでに社会人になった人にとって再び学位取得を目指すことはハードルが高いが、国際開発の世界を目指す人は30歳過ぎでも大学院へ進学している。

特に青年海外協力隊から帰国後に海外の大学院で修士号を取得する人が多い。

国際開発の分野だけでなく他の分野でも、将来的に海外で働きたい人は修士号以上の学位を取得するべきだと思う。

 

 

 

まとめ

海外で働きたい人は英会話教室に通ってTOEICの点数を上げることを目指すよりも、大学院へ進学して修士号か博士号を取得することを目指すべきだだ。

海外で働くためにはコミュニケーションのために語学力も大切だが、わざわざ日本人を雇うためには「専門性」を持っていないとダメ。

海外で専門性を認められるためには、有名な大学を卒業していても社会人経験が何年もあっても意味はなく、修士号か博士号を持っていることが評価される。

なので海外で働きたい人は、大学院へ進学し修士号を取得することをおすすめする!

 

関連記事

英会話を習っているアナタが海外で働けないのに英語を話せないボクが海外で働ける理由

転職したい人におすすめ!転職求人サイトMIIDASに社会人経験ゼロの27歳が無料登録したら年収565万円でした

「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」を読んだら海外ノマドフリーランサーが生き残る秘訣が書かれていた

青年海外協力隊帰国後の進路!大学院社会人博士課程に進学

無名な一般人のぼくが女性セブンのいちご特集を監修できたのは「隠居系男子メソッド」を一年間実践したから

【今だけ】ホテルの宿泊料が2,000円引き!

朗報です、ホテル予約サイトBooking.comが特別セールを始めました!

今だけ、ホテルに宿泊すると2,000円分の特典がもらえます。

ぼくもさっそく沖縄旅行のホテルを一泊予約して、実質2,000円割引で宿泊できることになりました!

2,000円引きになるのは、この下のリンクからだけなので、ぜひお得に宿泊してください。

→ Booking.comの2,000円割引を受け取る

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「ライフハック」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事