JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

青年海外協力隊の農業・農村コミュニティ開発系隊員は必見!マニュアル化した瞬間、その農業技術は死ぬ

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

農業開発の専門家である大学院時代の恩師の教え

「マニュアル化した瞬間、その技術は死ぬ」

これは僕が大学院生時代に、恩師から教えられた言葉だ。

僕は大学と大学院で「イチゴの栽培マニュアルを作る」という目的のため研究を行っていた。

研究の手順はこうだ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

イチゴの栽培マニュアル作りの手順

1.農家に巡回に行く

2.イチゴの生育を調査し、農家から悩みを聞く

3.農家の悩みを解決するために、大学院で実験を行う

4.実験結果を基に栽培マニュアルを作る

(※繰り返す)

 

このように繰り返し農家に巡回に行き、農家が抱える悩みを聞き取り、その解決方法を実験で立証した。

例えば、「水やりの頻度と量がわからない」という悩みを聞いた場合は、最適な水やりの頻度と量を調べるために「水やりの実験」を半年間行った。

肥料の悩みを聞けば、肥料の実験を行った。

 

イチゴの栽培マニュアルが完成

このようにして、少しずつ農家の悩みを解決していくという方法で栽培マニュアルの作成を目指した。

そして先輩方や後輩の助けのおかげで、大学院1年生の終わりには無事に栽培マニュアルを完成させることが出来た。

そして、大学を通じてイチゴを栽培する農家にその栽培マニュアルを配布した。

 

083_337

農家巡回の様子

 

栽培技術指導のための農家巡回でのエピソード

大学院2年生になり、いつものように農家に巡回に行った。

ここはすでに栽培マニュアルを配布した農家だ。

いつものようにイチゴの生育を調査し、農家に困っていることはないか尋ねた。

すると農家はこう答えた。

 

「水を与えすぎてしまったようだ。それと、肥料はどれくらい与えたらいいのかわからない」

 

僕は驚いて「いやいや、ちゃんと栽培マニュアルに全部育て方は書いてあるじゃん!」と心の中で突っ込んだ。

 

恩師からの教え|マニュアル化した瞬間、その技術は死ぬ

この巡回から大学に帰る最中に恩師から「マニュアル化した瞬間、その技術は死ぬ」と教えられた。

おそらく、僕の態度から僕が心の中で考えていたことを見抜いたのだろう。

農学部の教授として日本の農業振興に長年携わってきた経験から、農家に技術を教える方法を諭してくれた。

 

 

いいか、農家は決してイスに座って本を読んで、野菜の育て方を学ばない。

農家は、畑に出て自分の目で見て手で触って、野菜の育て方を体で覚える。

だから、農家に技術を伝えるためには、【畑で教える】しか方法はない。

しかも一回では覚えられないから、何回も何回も繰り返し指導しないといけない。

by恩師

 

 

マニュアルを作ることのメリットとデメリット

マニュアルを作るとそれに満足し、畑での指導を疎かにしてしまう。

そのため農業の世界では、「マニュアル化した瞬間、その技術は死ぬ」と言われている。

「だったら最初からマニュアルを作るなよ!」と思うかもしれないが、マニュアルを作ることにも意味はある。

マニュアルを作るために農家に巡回に行き、作物の生育を確認し、農家から悩みを聞く必要があった。

おかげで農家と頻繁に顔を合わせることになり、悩んだ時には頼ってくれるような信頼関係を築くことが出来た。

またマニュアルを利用することで、初心者の農家でもある程度の作物を収穫出来るので、農家の栽培レベルの底上げをすることが出来る。

 

034_340
イチゴの実験

 

マニュアルの改訂版と農家の栽培指導

この言葉を聞いてから、マニュアルに書いてあることでも、積極的に指導するようになった。

マニュアルに頼らずに農家と直接やり取りすると、さらに悩みを知ることが出来た。

そして大学院2年生でも実験を行い、その結果を基に栽培マニュアルを増補し、大学院を卒業する前に【改訂版】を作成することが出来た。

もちろん、栽培マニュアルを配布しただけで終わらず、今は恩師が畑に出て栽培指導をしているそうだ。

 

123_338

ある時は、東北へ

038_339

またある時は、四国へ。イチゴを求めて全国行脚

青年海外協力隊・野菜栽培隊員としての農業マニュアルの意義

パナマにも「農作物の栽培マニュアル」が多数存在している。

作成元は、パナマの農業研究所、アメリカの国際協力機関、そしてJICAである。

トマト、トウモロコシ、ピーマンなどパナマで栽培が盛んな作物の育て方が、ほぼ完ぺきにまとめられている。

種まきから収穫までの作業はもちろん、主要病害虫の防除方法まで記載されている。

しかし、このマニュアルの技術は死んでいる。

 

パナマの栽培マニュアルは死んでいる

農家まで技術が伝わっていないのだ。

まさに恩師が言った通りの状態である。

マニュアルを作ることで満足し、畑での指導が疎かになっている。

 

P9040016_336
パナマの研究所が育種したトマトの栽培マニュアル

 

マニュアルに頼らない野菜栽培指導方法

とは言え、僕はまだ畑に出て指導できるほどパナマの農業を知らない。

まずは、マニュアルに頼らずに農家から栽培の仕方を学ぼうと思う。

 

そして、次に農家から悩みを聞く。

悩みを解決する段階になると、各研究機関が作ったマニュアルが役に立つと思う。

 

パナマの研究機関が持つ農業技術レベルは高いが、残念ながらそれが農家まで届いていない。

僕の役割は、パナマの栽培マニュアルを生き返らせることかもしれない。

 

おしまい。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事