JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

【続編】ボランティアにおとうさんを殺されたボクにとっての国際協力とは?青年海外協力隊が抱える活動の悩み

      2017/01/21


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青年海外協力隊に参加し五ヶ月経過

青年海外協力隊に参加し、五ヶ月が経った。

自分の中で「国際協力の意味」が変わりつつあるのを感じる。

モヤモヤしているこの気持ちをスーッとスライドに落とし込んでみた。

これまでにも大学院での研究発表やプレゼンコンテストでは、「自分が想っていること」をスライドにまとめることで「自分が伝えたいこと」に変換してきた。

これから先も協力隊員として活動していく中で、国際協力の意味は少しずつ変わっていくと思う。

人間は時間と共に過去の気持ちを忘れてしまう。

過去にどんなことを考えていたのを振り返るために形として残しておこう。

スポンサーリンク

 

 

 

ボクにとっての国際協力とは?

青年海外協力隊に参加する前の私にとって、国際協力とはボランティアやプロジェクトが不幸で貧しい暮らしを変えることを意味していた。

1_854

 

 

私が派遣されたプロジェクトの活動目的には山奥にある貧困集落の問題点が列挙されていて、実際に山奥の集落に見に行くまでは「どんなに不幸で貧しい暮らしなのか?」とマイナスイメージばかりが膨らんでいた。

2_855

 

 

 

しかし、実際に貧困集落と呼ばれる山奥の集落に行ってみると、そこには大自然が広がり、家族と一緒に暮らす元気な子供たちがいて、モンスターハンターのように狩りを楽しむおじさんたちがいて、古くから伝わる薬草がたくさんあり、「どんなに幸福で豊かな生活なのか!」と驚かされた。

3_852

 

 

今の幸福で豊かな暮らしを変えるべきではない、という考えに達した私はボランティアやプロジェクトの存在価値に悩み、「ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。JIBURi.com」という物語を書いた。

4_851

 

 

 

しかし、山奥の集落に滞在して住民の話に耳を傾けてみると、問題を抱えていることも明らかになった。

ある住民は言う。

「昔は牛や豚や馬を飼っていたが、今は物価が高騰して飼えなくなった」

言われてみると確かにこの集落には、牛や豚や馬はほとんどいない。

5_850

 

 

 

パナマは運河からの収入で急激に経済成長しており、食料品や日用品、家畜のヒナ代・エサ代などすべての物価が高騰しており、その影響は山奥の集落にまで及んでいる。

実は彼らの暮らしは変わり始めていた。

そこで、今の幸福で豊かな暮らしを守る必要があると感じた。

6_849

 

 

 

今の私にとって国際協力とは、ボランティアやプロジェクトが幸福で豊かな暮らしを守ることを意味している。

7_848

まとめ

奇しくも物語の最後に「ボクがこの村を守る!」と言ったボクの気持ちに、私の気持ちの方が近づいている。

幸福で豊かな暮らしを守るために、私は青年海外協力隊・市場調査団の活動を始める。

 

 

国際協力に興味がある人におすすめの記事

国際協力の意義を問う。「自立支援」とは自立したい人のためではなく、支援したい人のための言葉では?

国際協力の意義を問う。「自立支援」とは自立したい人のためではなく、支援したい人のための言葉では? – JIBURi.com
国際協力の意義を問う。「自立支援」とは自立したい人のためではなく、支援したい人のための言葉では? …

「自立支援」という国際協力用語は、実は矛盾した言葉ではないか?

国際協力の意義と自立支援という言葉について、自分なりの意見をまとめた。

 

青年海外協力隊から帰国後に突然医者を目指す人の気持ちが理解できた。

青年海外協力隊から帰国後に突然医者を目指す人の気持ちが理解できた。 – JIBURi.com
青年海外協力隊から帰国後に突然医者を目指す人の気持ちが理解できた。 …

パナマ共和国の無電化集落で活動中に、寄生虫の感染や皮膚病に苦しむ子供と出逢い、感じたことをまとめた。

実際、青年海外協力隊から帰国後に医者や看護師を目指す人は、けっこういる。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたい人へ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事