JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「ブログ・Webサイトの運営方法」カテゴリの人気記事

言の葉を育てる。ブログの書き方がキャッチコピー式からショートショート(超短編小説)式に変化

      2015/08/11


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎朝ブログを書く習慣

最近、毎朝5時からブログを書くのが習慣になってきた。

ブログを書くために早起きしている訳ではないのだけど、毎朝5時になると外からニワトリの大合唱が聞こえてきて、強制的に起こされてしまうのだ。

彼らは天然の目覚まし時計のようで、おかげでブログを書く時間を確保できている。

スポンサーリンク

 

 

 

 

ブログを書く行為

言葉を選んで文章を組み立てていく作業は、まるで言葉を育てているようでなかなか楽しい。

しかし、今でこそ言葉を育てることに楽しみを感じているが、以前は全く興味がなかった。

ただコミュニケーションを取るために必要最低限な言葉だけを、まるで事務的に扱っていた。

そんな僕が変わったのは、コピーと出会ってからだ。

 

イベント用にキャッチコピーをつける

コピーと言っても、同じものを印刷する意味のコピーではない。

キャッチコピーやコピーライターのコピーである。

僕は学生時代にワークショップや飲み会、焚き火の会などいろんなイベントを企画・開催していて、その度に広告を作る必要があった。

 

「どうしたら、このイベントに興味を持ってもらえるか?」、「どうしたら、このイベントの魅力を伝えることが出来るのか?」そんなことを考えながら、何回もポスターやビラを作った。

そして、ビラを配った後の反応を見ながら、広告の仕方を少しずつ改善していった。

具体的に言うと、「短くて印象的な一言」で表現するようになり、後にこれはコピーと呼ばれるものだと知った。

 

もち

後輩と開催した、もちつきコンパのビラ。

キャッチコピーは 「おもち帰りしていいのは、おもちだけ。」

 

 

 

 

キャッチコピーの書き方を学ぶ

次第にコピーの魅力に取りつかれた僕は、近所にあった伊那市立図書館に通っては、「売れるキャッチコピーの書き方」などのコピーに関する本を読み漁った。

そして、コピーライターという職業も初めて知り、身の回りに溢れているコピーライターの作品を意識して見るようになった。

例えば、「そうだ、京都に行こう。」や「年賀状は贈り物だと思う。」などが有名だ。

 

このように、短くて印象的な一言で表現するためには、その物の本質を理解しないといけないと知った。

自分が本質を理解してこそ、その魅力を他人に伝えることが出来る。

その頃から、「伝えること」を意識するようになった。

ブログの書き方も自分が伝えたいと思ったことを、ブログを読んでいる人に伝えようとしていた。

 

 

 

 

「伝えること」と「伝わること」は違う

しかし、コピーを作り、イベントを開催していくうちに、次第に思い悩むようになる。

イベントで伝えたいことが、伝わらない。

まるで空回りしているような感覚を覚えた。

伝えることを意識すると、逆に伝わらなくなるような気がしてきた。

 

少しずつ変わった。

変えていった。

伝えることを意識せず、「伝わること」を意識するようになった。

ブログの書き方も自然と変わった。

伝えたいことを伝えるための文章ではなく、伝えたいことが伝わるような文章を書くようになった。

 

以前のブログは身近な出来事や、気に入った物を紹介するような文章が多かったが、次第に現実と妄想をごちゃ混ぜにしたストーリーを書くようになり、最後にオチをつけるようになった。

伝えたい想いを面白さで包み込み、結果的に読んだ人に想いが伝わるように。

 

WS000009

 

 

 

 

ショートショートという超短編小説

つい最近知ったのだが、これは「ショートショート」という文章の形式らしい。

ウィキペディアによると、「ショートショートとは、ワンアイデアの面白さを追求し、印象的なオチを持たせる超短編小説」だそうだ。

 

短くて印象的な一言を使い始め、最近ではオチを持たせた妄想ストーリーも考えるようになり、僕の言葉は着実に成長している。

言葉を育てているのか、それとも言葉に育てられているのか、一体どちらなのかはわからないが、僕も言葉とともに成長していると思う。

 

これからも大切に育てよう、言の葉を。

ブログを書いている人におすすめの教科書

ブログのアクセス数を増やしたい人、もっとわかりやすい文章を書きたいブロガーのみなさんには、こちらの記事で紹介しているブロガー本をぜひ読んでもらいたい!

参考:ブログの書き方&アクセスアップ!ブロガーの教科書ベスト10

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「ブログ・Webサイトの運営方法」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたい人へ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事