JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事

長野県中のデザイナー、クリエイターが集まる!松本市のコワーキングスペースknower(s)(ノウワーズ)

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長野県松本市のコワーキングスペースknower(s)

松本市大手のコワーキングスペース「knower(s)」のオープニングパーティーに出席しました。

knower(s)オーナーの清水さんとは伊那市のコワーキングスペース「DEN」で開催された一次産業サミットで知り合い、今回のパーティーに招待していただきました。

そのときの様子はコチラ→第一回一次産業サミット

 

018 - コピー

伊那市のコワーキングスペース DEN

 

コワーキングスペースとは?

そもそも、コワーキングスペースとは、他の利用者と交流しながら、仕事や勉強に集中できるオープンオフィススペースを指し、主な利用者はノマド系IT起業家やフリーランスです。

もともと、コワーキングスペースは都会を中心に開店していましたが、長野県内にも、長野市のOPEN、上田市のHanaLab、伊那市のDEN、そして今月から開業する松本市のknower(s)と各地に開店しました。

今回のパーティーに参加するまで、コワーキングスペースを利用する目的は、「能力が乏しいため人や仕事が集まらないから、人や仕事を探しに来る」という印象がありました。

 

しかし、出席者とお話をさせていただいたことで、その印象は変わりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右側のスクリーンは、店の外にも透けて写っています。

依頼すれば、こちらに宣伝を出してもらえるようです。

knower(s)は松本市大手の通りに面したビルの一階にあります。

パルコから松本城に行く途中にあり、観光客と地域住民の両方の人通りが多い場所なので、宣伝効果はそれなりにあると思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初に清水オーナーの挨拶があっただけで、あとはフリータイム。

特にイベントはなく、少し残念でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パーティーには、130名ほどが集まりました。

店舗に人が入りきらなくて、通りまで溢れていました。

その人だかりを見た全然関係ない酔っぱらいのオジサンも乱入してきて、楽しそうに飲んでいました。

 

コワーキングスペースノウワーズのオープニングパーティの参加者

130人も出席者がいましたが、僕がお話を出来たのは20名ほどでした。

その方たちの職業は農家、デザイナー、その他フリーランスが多かったです。

印象的だったのは、長野県出身あるいは他県出身で、「東京などの企業で働いてから長野県に来てビジネスを始めた」という方が多かったこと。

いわゆるUターン、Iターン組です。

 

地方で生きるクリエイターU・Iターン者の悩み

そして、彼らは同じような悩みを口にしていました。

 

「長野県にはツテがなく、なかなか仕事が見つからない。」

「結局、東京で仕事を見つけてきて、長野県で作業をしている。」

 

長野県のような田舎でコワーキングスペースが必要とされているのは、「長野県内での仕事のツテが欲しい!」と望んでいるフリーランスのU・Iターン組みが多いからだと思いました。

彼らは東京などの企業で実績を積んでいるため、決して仕事ができないわけではないが、仕事のツテがない。

都会のコワーキングスペースと、田舎のコワーキングスペースは、実は”役割”が違うかもしれないと感じました。

 

 

 

お寺がコワーキングスペースの役割に担っていた!?

img_1800073_66849512_0

出席者から、ひとつ面白い話を聞きました。

いえ、正しくは「有り難い説法」を聞かせていただきました。

今回のパーティーには、なんとお寺で働いている方もお見えでした。

 

「本来は”お寺”がコワーキングスペースのような機能を持っていた。」

「一休和尚が活躍していたころのお寺には、技術を持った職人や知識人たちが集まり、”コミュニティの中心地”・”文化の発信地”だった。」

 

お寺の人を繋げる機能が失われたことにより、それを補完するカタチでコワーキングスペースが流行しているのかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現代のコワーキングスペースに一休和尚がいたら、悩んでいるフリーランスのU・Iターン組みにどんなアドバイスをしてくれるのだろうか。。。

 

 

 

やっぱりコレかな?

あわてない、あわてない

ひとやすみ、ひとやすみ。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事