JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

2種類のからし菜料理でもダメ!野菜を食べる食文化がない中南米に野菜栽培を普及する難しさ

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辛味が特徴のからし菜

からし菜の葉は独特の辛みを持っているので、生のまま食べると悲しい訳ではないのに、ほろりと泣いてしまう。

「悲しくないのに泣くなんて、おかしいな」と思いながらも、ついつい生のまま食べてしまう。

からし菜を食べたくなるのは、泣きたいからかもしれない。

 

PA040051_433

 

スポンサーリンク

 

 

 

同僚と農作業

3週間ほど前に、同僚とからし菜の種を播いた。

種まきの前には、土を耕して肥料を混ぜて畝を立てた。

種まきの後には、ニワトリ除けのトゲトゲの葉を敷いた。

みんなでする農作業は、楽しい。

 

 

PA280072_583

 

ニワトリや野犬や大雨のせいで、生育率は50%ほどだった。

それでも、3日に一度は草むしりをして生育を見守った。

 

 

PB060202_581

 

十分に育ったので収穫した。

パナマでは、からし菜はマイナーな野菜なので、食べ方を知っている人は少ない。

からし菜という名前を聞いても、ピンとこない人もいた。

 

からし菜料理を振舞う

そこで、まずはホストファミリーに食べさせてみることにした。

彼らは「日本食が食べたい!作って!」とよく言っているので、日本風のからし菜料理を作ることにした。

 

からし菜のニンニク炒め

材料は、からし菜、ニンニク、醤油、味の素、サラダ油。

まずはサラダ油にニンニクの香りをうつし、からし菜を炒める。

味付けは醤油と味の素。

あっという間に、からし菜のニンニク炒めの完成だ。

 

PB060203_580

さっそくホストファミリーに食べてもらう。

感想はみな同じだった。

 

「うげっ、苦い!」

 

パナマ人の好きな味は、甘いと塩辛い。

酸っぱい、辛い、苦いは嫌いなのだ。

からし菜は生で食べると独特の辛みを持っているが、加熱すると今度は独特の苦みを持つようになる。

僕はその苦味が最高に好きなのだが、彼らにとっては嫌いな味なのだ。

 

同僚にからし菜炒めを作る

次こそはと、今度は職場の同僚にからし菜料理を振る舞うことにした。

今度は「独特の苦味を和らげること」が目標だ。

 

材料は、からし菜、タマネギ、ニンニク、ツナ缶、醤油風中華ソース。

まずはニンニクを炒め、次にタマネギ。

それらを一度鍋から取り出し、ツナ缶とからし菜を炒め、タマネギたちを鍋に戻す。

 

味付けは醤油風中華ソースのみ。

このソースはカニャサスでも手に入る。美

味しければ、同僚の家でも作れるようにと考えた。

 

PB080262_577

 

タマネギの甘さとツナ缶のコクで、からし菜独特の苦みを和らげることが狙いだった。

 

 

PB080264_578

6人の同僚の昼ご飯(ご飯+揚げ魚)に「からし菜炒め」をトッピングしてあげた。

全員の反応がイマイチだった。

この写真の彼も「ダイスケ、美味しいよ」と口では言ってくれたが、目は口ほどに物を言う。

あまり好きな味ではないようだ。

 

からし菜料理の反省点

反省点は2点ある。

味付けに醤油風中華ソースを使ったことと、からし菜を切ったサイズが大きかったことだ。

味付けは、中華風ではなく他の味付けの方が良さそうだ。

 

塩だけだと苦味が際立つだろうから、別の調味料を探す必要がある。

また、パナマは野菜を味わう食文化がなく、野菜は肉やイモの香りづけといった立場だ。

そのため、からし菜を大きめに切ったことで、野菜の存在感に驚いたようだ。

 

からし菜料理を作って、食文化を乗り越える難しさを学んだ。

しかし、またからし菜料理を作ろうと思う。

次は、サラダに挑戦するつもりだ。

今は美味しいドレッシングのレシピを考え中である。

からし菜は辛くて苦いからこそ、利用まで考えて普及しなければいけない。

 

辛くて苦いからし菜ければいけない。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事