JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「ブログ・Webサイトの運営方法」カテゴリの人気記事

スペイン語圏向け日本紹介WebサイトJAPÓNes.jpを立ち上げた

      2015/08/11


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JAPÓNes.jpのトップ画面

日本をスペイン語圏へ伝えるWebメディア「JAPÓNes.jp」を立ち上げた

スペイン語圏に住む外国人へ日本を伝えるために、JAPONes.jpというWebサイトを立ち上げた。

JAPÓNes.jpのトップ画面はアクティブ

スペイン語圏向け日本紹介Webサイト JAPÓNes.jp

 

パナマでサイトを立ち上げることを思いつき、コスタリカとメキシコを一人旅しながら作成し、パナマに帰って来て完成した。

すでに100個以上の日本関連動画を紹介する記事がアップされている。

 

1.サイト名「JAPÓNes.jp」の意味

サイト名JAPÓNes.jpには、「日本をスペイン語圏へ伝えたい!」という想いを込めた。

JAPÓNes.jpというサイト名は、ドメイン名のjapones.jpが基になっている。

JAPONes.jpロゴ

「japones」というスペイン語を英語に訳すと「Japanese」であり、「日本人、日本語、日本の○○、日本風の○○」を意味する。

「JAPÓN es」はスペイン語だが英語に訳すと「JAPAN is」であり、「日本は○○です」を意味する。

「.jp」は日本の国別ドメインであり、日本のウェブサイトであることを示している。

サイトの目的である「日本をスペイン語圏へ伝えること」という想いを、サイト名に込めた。

 

2.サイトを立ち上げた目的

サイトを立ち上げた目的は、日本をスペイン語圏へ伝えるためだ。

それは、スペイン語圏で1年半生活しているうちに「スペイン語の日本情報が不足している」と感じたからだ。

 

(1)スペイン語の日本情報は不足している

JAPÓNes.jpはスペイン語を話す人向けに作ったので、サイト内の文章はすべてスペイン語で書かれている。

スペイン語は、国連が指定する6つの世界公用語の一つで、中南米18ヵ国、北米1ヵ国、アフリカ1ヵ国の計20か国における公用語である。

スペイン語を母国語として話す人口は全世界で4億2,000万人で、日本語を話す1億2,000万人のおよそ4倍だ。

さらに、ヒスパニック系が多く住むアメリカ合衆国には、3700万人のスペイン語話者がいる。

メキシコの巨大な国旗

巨大なスペイン語話者人口に対して、スペイン語で書かれた日本情報サイトは意外と少ない。

例えばGoogleで日本の情報を「japan」と検索すると、約 2,300,000,000件(23億ページ)が見つかるが、「japón」とスペイン語で検索すると、約 90,000,000 件(9千ページ)しか見つからない。

スペイン語を公用語とする国は、日本から最も遠い位置に集中しており、Web上でスペイン語の日本情報は少ないのだ。

 

(2)特に途上国で、Webサイトの可能性を感じる

特に途上国で、Webサイトの可能性を感じている。

例えば、ネット上ではスペイン語の日本情報は少ない。

それは、スペイン語を話す国の多くが、発展途上国であることも影響しているだろう。

途上国では、まだまだIT分野は発達していないからだ。

しかし、総務省のデータによると、途上国でもネット利用者とスマホの普及率は急増しており、今後もネット利用者は増え続けることが予想される。

参考:第1部特集ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト 第2節途上国におけるICTの浸透|総務省

これから途上国のIT分野は、急成長が見込まれる業界だろう。

 

ぼくは青年海外協力隊として、発展途上国パナマに派遣されている。

JICAボランティアとして活動しながら、勤務終了後や休日にJIBURi.comというブログを書いてきた。

ブログを通じてネット上に途上国の情報発信することで、いろんな人と出逢えるようになり、ブログとそれを通じての出逢いは財産となっている。

まだウェブが発展していない途上国だからこそ、Webサイトの可能性を感じている。

スペイン語の日本情報の少なさを感じ、Webサイトの可能性を感じたから、日本をスペイン語圏に伝えるサイトを立ち上げた。

 

3.「日本関連の動画紹介」をする3つの理由

現在の記事数は100を超えているが、すべて動画投稿サイトYoutubeとVemeoにアップされている日本関連の動画紹介だ。

動画閲覧画面japones.jp

動画の下には、きちんと動画の転載元のリンクが貼ってあり、当サイトが作成した動画は一切掲載していないことも記載している。

動画はスマホ、タブレット、パソコンの横幅に合わせて、最適な幅で表示されるようになっているので、試してもらいたい。

シェア用にFacebook、Twitter、Google+のシェアボタンを設置してあり、facebookのコメント欄も付いている。

このように動画を紹介する記事しか書いていない理由は3つあるので、順番に説明しよう。

 

(1)外国人は文章より、動画を好むから

パナマに1年半住んでいる経験から、 外国人は文章より動画を好むことを知った。

ぼくのFacebookのタイムラインには、友人のラテン系外国人が投稿した動画がたくさん流れている。

彼らは日本人のように真面目で長い文章を投稿することは少なく、短くて面白い動画を投稿する人が多い。

中南米に住む外国人はとにかく動画が好きで、それをSNSで拡散させたがるのだ。

そこで、動画を中心に紹介することにした。

 

(2)スペイン語で長い文章が書けないから

パナマに1年以上住んでいるので、日常会話のスペイン語には困らないが、スペイン語で長い文章を書くのは辛い。

スペイン語では1つの記事を書くのに、3日くらいかかってしまうだろう。

そこで、長い文章が必要ないサイトを作ることにした。

 

(3)日本に住んでいないから

もう一つの理由は、ぼくが日本に住んでいないからだ。

日本に住んでいれば、日本のお店やイベントを取材して記事が書けるが、パナマに居ては日本の最新情報を得ることが難しい。

2015年6月末まではパナマ共和国に住む予定なので、パナマに住みながらできるサイトということで、動画紹介サイトにした。

以上の理由から、スペイン語で日本に関連する動画を紹介するサイトを立ち上げた。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

スペイン語日本紹介サイト「JAPÓNes.jp」を立ち上げた理由と経緯

サイトを立ち上げた目的の中で、スペイン語圏の途上国のウェブ業界に可能性を感じていることを説明したが、ここからはさらに個人的な理由を説明しよう。

1.パナマに住む日本好きな外国人との出逢い

ぼくは2013年7月から青年海外協力隊として、中米パナマ共和国に住んでいる。

パナマに1年半以上住んでいて、これまでにたくさんの日本好きなパナマ人と出逢ってきた。

(1)パナマ人大学生主催のオタクイベントに参加

例えば、パナマ人大学生が主催するオタクイベントに参加したこともあった。

パナマ人に着物の着付けをして猫耳を付けてあげると、とても喜んでいた。

DSC_0367_1398

参考:マンガ・アニメ・コスプレは海外でも人気!パナマのオタクイベントで日本文化紹介をした。

 

(2)大使館主催の日本文化イベントに参加

今年の1月には日本大使館主催の日本文化イベントに参加し、日本に興味を持つパナマ人やコロンビア人と知り合った。

筆を使って彼らの名前をひらがなで書いてあげると、とても喜んでいた。

パナマ人女性と記念撮影

参考:日本大使館イベントで決意「日本を好きなラテン人へ、もっと日本を伝えたい」

 

(3)日本好きな外国人の存在が救いに

日本に興味を持つ外国人との交流の中で、ぼく自身も日本文化のことを考えて、もっと知りたくなった。

そして、日本や日本人に興味をもってくれる彼らの存在に、ぼくはとても救われた。

ほとんどのパナマ人が中国と日本を同じ国だと思っており、日本に興味を持ってくれる人は珍しいからだ。

そこで、知り合った日本好きな外国人のために、何かできることはないか考えてみた。

ぼくはブログやWebサイトをいくつか運営しており、簡単なサイトを作ることならできそうだったので、日本をスペイン語で紹介するサイトを作ることに決めた。

 

2.コスタリカとメキシコを旅行中にサイトを立ち上げ

その決意の直後である2月1日から2月20日まで、青年海外協力隊の任国外旅行制度を利用し、コスタリカとメキシコを旅しながらサイトを構築していった。

(1)昼は観光、夜はサイト構築

昼はコスタリカとメキシコの観光地やイベントを観光をして、夜は泊まっていた宿でパソコンをいじくり回し、少しずつサイトを構築していった。

コスタリカのゲストハウスでサイトを作った

 

(2)コスタリカの日本語学校の授業に参加

旅の途中のコスタリカでは、コスタリカ人向け日本語学校の授業に参加した。

コスタリカの日本語学校

これは、Twitterで知り合った日本好きなコスタリカ人から、授業に誘ってもらったのがきっかけだ。

日本語を勉強するコスタリカ人たちと交流し、サイト作りを頑張る力が湧いてきた。

 

(3)メキシコのアキバビル、メイドカフェ、コスプレイベントに参加

メキシコでは、オタクの聖地アキバビルと2軒のメイドカフェに行き、オタク文化を学んだ。

メキシコシティのメイドカフェで働くメキシコ人のメイドさん

参考:メキシコのアキバビルで280円のDragon Ballsを注文してみたら

参考:500円でニーハイメイド服美女とお喋りできるメキシコシティのHouse Maid Cafeは天国だ

 

メキシコシティで開催されたコスプレイベントにも参加し、その熱狂ぶりに驚愕した。

コスプレイベントの大盛況ぶり

参考:メキシコのコスプレイベントの熱狂ぶりがヤバかった

 

コスプレイベントで日本グッズを販売している店員から言われた「日本人はメキシコで日本ブームが起きていることを知らないだろ?」という一言が印象に残っている。

ますます、ウェブサイト作りに真剣に取り組むようになった。

 

3.パナマで記事を作成

コスタリカとメキシコを旅行中に、サイトの土台が完成した。

2月20日に任国外旅行からパナマに帰国してから、動画を紹介する記事を作成した。

その後、同期隊員にスマホとタブレットでの表示チェックを依頼し、ついに完成した。

スマホで見るjapones.jp

JAPÓNes.jpは、スマホで見ることを前提に作成している。

それは対象となる日本好きなラテン人はパソコン利用者よりも、スマホユーザーの方が多いと考えているからだ。

スマホではメニューが、横にヌッと出るので試してみてほしい。

スマホのメニューは横にヌッと出るjapones.jp

 

 

今後のサイト運営の予定

今後のサイト運営の予定を説明しよう。

1.スペイン語圏に住む日本が好きな外国人へJAPÓNes.jpを届けたい

スペイン語圏に住む日本が好きな外国人へ、JAPÓNes.jpを届けたい。

パナマやコスタリカ、メキシコで知り合った友人たちにも、紹介しようと思う。

メキシコシティのメイドカフェで記念撮影

 

2.反応を見ながら、修正する

まだ立ち上げたばかりなので、反応を見ながら少しずつ修正していくつもりだ。

もちろんこれは個人的な趣味なので、平日の勤務時間外と休日に運営する。

派遣期間の残り4ヶ月間は、暇な時間を使ってサイト作りを継続する予定だ。

パナマ人からも意見も聞き、サイト運営に反映させたい。

JAPÓNes.jpのトップ画面

 

3.日本に帰国後はオリジナルな記事を作る予定

今年の6月末にJICAとの契約が切れるので、日本へ帰国する予定だ。

青年海外協力隊は派遣社員みたいな制度なので、帰国後はニートになる。

帰国後に日本に住むことになったら、日本でオリジナル記事を作りたい。

ただし、帰国後の進路はまだ未定なので、どうなるかわからない。

長野県飯田市の麻績神社

 

 

まとめ

日本をスペイン語圏に伝えるためにWebサイト「JAPÓNes.jp」を、パナマ、コスタリカ、メキシコを旅しながら立ち上げた。

今は日本関連の動画紹介サイトだが、日本に帰国したらオリジナル記事も書きたい。

もし、スペイン語圏に住む日本に興味がある外国人を知っていたら、ぜひJAPÓNes.jpを紹介して頂きたい!

JAPÓNes.jpのトップ画面

スペイン語圏向け日本紹介Webサイト JAPÓNes.jp

ブログを書いている人におすすめの教科書

ブログのアクセス数を増やしたい人、もっとわかりやすい文章を書きたいブロガーのみなさんには、こちらの記事で紹介しているブロガー本をぜひ読んでもらいたい!

参考:ブログの書き方&アクセスアップ!ブロガーの教科書ベスト10

合わせて読むと役立つかも!?

「スペイン語圏向け日本紹介サイト」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「ブログ・Webサイトの運営方法」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事