JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

青年海外協力隊・野菜栽培隊員も改良かまどを普及し、焼畑農業する。

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月15日から20日までの5泊6日で、山奥の集落に滞在して来た。この集落に滞在するのは3回目。

今回は土日を挟んで滞在したこともあり、農業に関することだけでなくいろんな活動を行った。

 

スペシャル改良かまどを試作

 

「改良カマド」と呼ばれるカマドがある。日本の農村で開発されたカマドで、薪の消費量と調理時間を節約できる。

青年海外協力隊では「村落開発普及員(もしくはコミュニティ開発)」と呼ばれる隊員が、農村でこのカマドの普及活動をしているケースが多い。

山奥の集落では、「石を3つ並べただけのカマド」を使っているので、燃焼効率が悪いからだ。

P1160104_1114

 

この集落でも改良カマドに興味を持つ住民が居たので、改良カマドを一緒に作ることになった。

作り方は同プロジェクトに派遣されているコミュニティ開発隊員と、改良カマドのセミナーに参加したことがある同プロジェクトのパナマ人のコーディネーターに教えてもらった。

 

しかし、「教えてもらった改良カマドの作り方は、複雑すぎて集落には適さない」と思い、結局集落の住民と相談し「住民が住んでいる家の泥壁の作り方」を応用して、今使っている石のカマドを改良することにした。

P1160053_1120

さらに、僕の実家でもち米を蒸すために使っていた「移動式の鉄製カマド」の形や仕組みを融合させた。要するに今回作ったカマドは、【改良カマド+パナマカマド+信州カマド】のスペシャル改良カマドである。

スペシャル改良カマドの作り方

 

1.葉切りアリの巣の周りの土を採取する。

 

P1160060_1119

2.採取した土と水と牛糞を混ぜる。

 

P1160082_1117

3.短く切った牧草を混ぜて、ベース粘土の完成。

 

P1160103_1115

4.5つの石を並べて、水をかける。

 

P1160110_1112

5.石の周りに空気を抜きながら、粘土を付けていく。

 

P1160112_1113

6.鍋を置いて調整したら、一週間以上放置し乾燥したら完成!

 

P1160128_1109

 

 

作業後に、一緒にカマドの改良の仕方を考えてくれた住民と写真撮影。

P1160121_1110

 

 

 

学校菜園に用水路を設置

 

 学校菜園に行くと、段々畑の上部に「塩ビ管」が設置されていた。

その塩ビ管は近くの川のから水を引いていて、小さな器で水をすくって乾季の水やりに使っている。

しかし、学校菜園はおよそ30アールあり、管理をしている女性が毎日小さな器で水やりを行うことは重労働である。

 

そこで、塩ビ管から各畑に用水路を作り、「水やりの簡略化」を図ることにした。

この発想は、「宮﨑農園の棚田の水管理」が基になっている。

石を置くと堤防になり各畑に水が流れ、石を外すと下の畑に水が流れる仕組みになっている。

P1170195_1106

その様子を見ていた住民も、隣の段々畑に用水路を作った。彼は石は使わず、枯草と木で堤防を作った。

 

P1170230_1105

 

 

 

 

共同開墾作業に参加

 

住民から土曜日に「共同開墾作業」に誘われた。

山の木をマチェテと呼ばれる山刀で伐採し、乾燥した後に燃やし新しい畑を作るそうだ。

P1180307_1100

集落から男性が9名集まり、朝の9時から夕方16時まで何も食べずに一日中作業した。

P1180317_1098

食事の代わりに「グワァラポ」というサトウキビで出来た伝統的なお酒を飲みながら作業した。

P1180316_1099

 

直径50cmほどの木も山刀一つで伐採していく。

しかも、木を倒す方向もバッチリと制御している。

僕は直径15cmほどの木しか伐り倒せず、木を倒す方向も狙ったようには制御できなかった。

 

P1180308_1101

ほろ酔いになりながら、一日中山の中で作業をして、夕方にはみんなで作業への協力を呼び掛けた男性の家に行き、夕食をご馳走になった。

発起人がグワァラポと夕食を振舞うのが慣習らしい。

そして、共同作業に参加すると、自分も発起人となり、協力を呼びかけることが出来るそうだ。

集落内で労働力の貸し借りを行っている。

これは、昔の日本の農村や世界中の農村でも同じような「共同作業制度」が多く知られている。

日本では「結」や「組」などと呼ばれている。

 

このような共同作業は昔は盛んに行われていたが、最近では回数と集まる人数が少なくなったそうだ。

「集落の風習が消えつつある」とおじいさんが寂しそうに話してくれた。

 

 

 

象徴的な山に登山

この集落には、山肌に大きな白い岩が露出している山がある。

この山は集落の中からならどこからでも見ることができ、集落を象徴する山である。

P1190002_1097

他の地域から人が来ると、山の頂上に案内するらしい。

そこで日曜日に住民と登って来た。集落から1時間半ほどで登頂出来た。

P1190004_1096

 

頂上からの景色は抜群に綺麗だった。別の集落が見渡せるし、とお~くの方にわずかに町も見えた。

P1190027_1092

しかも頂上に着くとバックに虹がかかっていて、まるで僕らの到着を待っているようだった。

P1190018_1095

「いつかこの山の頂上に、パナマ国旗を設置したいんだ!」と住民が夢を語ってくれた。

 

 

 

 

パン教室のカメラマン

 

最終日には、プロジェクトのメンバーが近くの町から訪れ、プロジェクトの支援として集落に設置されているパン焼き窯を使った「パン作り教室」が開催された。

P1200064_1090

プロジェクトメンバーのパナマ人女性とコミュニティ開発隊員が、集落の女性にパンの作り方を教えた。

小麦粉を練ってパン生地を作ってから、パン焼き窯で薪を燃やして炭を作り、パンを焼いた。

P1200072_1089

残念ながら、1回目は高温のため丸焦げになってしまったが、2回目は上手に焼けた。

P1200096_1087

 

その間、僕はパン教室の写真を撮りながら、パンを作っている女性の子供の面倒を見ていた。

というよりは、なぜか子供に面倒を見てもらっていた。

P1200071_1088

子供が家から持ってきた絵本を読み聞かせてくれた。

パン作りに参加していない僕を不憫に思ったのだろうか、赤ずきんちゃんや人魚姫など懐かしい絵本をスペイン語で語ってくれた。

 

 

5泊6日の振り返り

 

 

3回目の滞在と言うこともあり、「住民が少しずつ僕の存在に慣れた」と感じる。僕が集落に溶け込みつつあるとも言えるだろう。

これからも集落に入り込み、彼らの暮らしを体験したいと思う。

 

 

 

後日談

 

この滞在の10日後に集落を巡回で訪れたところ、「後日、改良カマドを使って、集落の女性だけで鍋を使ったパン作り教室を開催した」と教えてもらった。

しかも、すでに2回目も開催予定だと言う。

さっそくスペシャル改良カマドが役に立ったようだ。

P1310061_1151

一緒に学んだ技術を生かしてもらえていることが、何よりも嬉しかった。

合わせて読むと役立つかも!?

DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの?
海外で働きたいなら英会話能力は必須!DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられます。今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ。

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事BEST10

本当は教えたくない!青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する
本当は教えたくない!青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する
【裏情報】ジャイカボランティア青年海外協力隊の実態10例!自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難・病気・事故
【裏情報】ジャイカボランティア青年海外協力隊の実態10例!自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難・病気・事故
青年海外協力隊の給料と生活費をぶっちゃけます!ボランティア派遣16ヶ月目のぼくが未だにJICAの現地業務費を一度も申請していない理由
青年海外協力隊の給料と生活費をぶっちゃけます!ボランティア派遣16ヶ月目のぼくが未だにJICAの現地業務費を一度も申請していない理由
合格率50%以下の難関テスト!青年海外協力隊の二次試験の人物判定面接で、JICA試験官(精神鑑定士)から受けた忘れられない質問
合格率50%以下の難関テスト!青年海外協力隊の二次試験の人物判定面接で、JICA試験官(精神鑑定士)から受けた忘れられない質問
現役JICAボランティアが教える!青年海外協力隊のよくある7つの誤解「給料はない?実は204万円以上の就職準備金(国内積立金)がもらえる!」
現役JICAボランティアが教える!青年海外協力隊のよくある7つの誤解「給料はない?実は204万円以上の就職準備金(国内積立金)がもらえる!」
こんな人はJICAボランティアになるな!帰国直前だからわかる青年海外協力隊に向いていない人の3つの特徴
こんな人はJICAボランティアになるな!帰国直前だからわかる青年海外協力隊に向いていない人の3つの特徴
青年海外協力隊の恋愛ぶっちゃけます!JICA訓練所で恋人カップルが生まれる駒ヶ根マジックがおきる5つの理由
青年海外協力隊の恋愛ぶっちゃけます!JICA訓練所で恋人カップルが生まれる駒ヶ根マジックがおきる5つの理由
「正義の反対は別の正義」ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。【青年海外協力隊からのメッセージ】
「正義の反対は別の正義」ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。【青年海外協力隊からのメッセージ】
青年海外協力隊の現地人女性との恋愛事情!和風だし顔の日本人ボランティアにもモテ期がきた
青年海外協力隊の現地人女性との恋愛事情!和風だし顔の日本人ボランティアにもモテ期がきた
JICAボランティア派遣前訓練の服装&持ち物&日程 in 駒ヶ根訓練所【青年海外協力隊&シニア海外ボランティア向け】
JICAボランティア派遣前訓練の服装&持ち物&日程 in 駒ヶ根訓練所【青年海外協力隊&シニア海外ボランティア向け】

  同じカテゴリの記事