JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

【青年海外協力隊の野菜普及】中米パナマの首都に住む都会のパナマ人へ家庭菜園(野菜の袋栽培)を教えます

      2017/01/18





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大都会パナマシティの高層ビル群

パナマの首都で家庭菜園の始め方を教えます

2015年3月14日土曜日に、パナマの首都パナマシティに住むパナマ人向けに「家庭菜園の始め方」を説明することになった。

家庭菜園の始め方講習会は、日本文化イベント「新風祭」のプログラムの一部として実施する。

 

生け花団体主催の日本文化イベント「新風祭」

日本文化イベント新風祭は、パナマで活動する生け花団体「Ikebana Internacional」が主催する。

新風祭は2014年に初めて開催され、今年で2回目だ。

Ikebana Internacionalの代表からのお誘いで、家庭菜園の始め方を教えることになった。

当日は、緑茶や日本菓子の販売もお手伝いする予定だ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

家庭菜園の始め方 ~袋栽培編~

1.畑がなくてもできる袋栽培

家庭菜園の始め方では、袋栽培を教える予定である。

首都のパナマ人は、マンションに住んでいることが多い。

住まいが一軒家だったとしても、畑を耕せるほどの庭を持っている可能性は低い。

大都会パナマシティの高層ビル群

そこで、畑がなくても野菜を栽培できる「袋栽培」を教えることにした。

袋栽培は大学院で研究していたし、パナマの山間部でも普及しているので教えやすい。

 

2.説明とデモンストレーション

新風祭では20分ほどの時間をもらったので、口頭での説明とデモンストレーションをするつもりだ。

スライドを使いながら、①野菜を食べるメリット、②家庭菜園のススメ、③袋栽培の方法を説明する。

その後、実際に野菜の苗と袋を使って、袋栽培のデモンストレーションを行いたい。

素晴らしい袋栽培

 

3.野菜の種と栽培マニュアルを配布

袋栽培のデモンストレーションが終わったら、野菜の種と栽培マニュアルを配布しようと考えている。

話を聞いたパナマ人には、実際に栽培してもらわないと意味がないし、そのためにはすぐに始められるようにすべきだろう。

そのために、数種類の野菜の種とその野菜の栽培マニュアルをセットにして無料で配ろうと思う。

この手法は、無電化集落での家庭菜園の普及作戦でも使った。

家庭菜園の講習会の参加者

参考:21回目のコミュニティ宿泊で学校菜園の指導、家庭菜園の種配り、伝統稲作の調査を行った。

 

山間部で講習会を開催する時は、参加者の村人のほとんどが文字が読めないので、マニュアルを配布することができないが、首都のパナマ人の識字率は100%なので配布できる。

電気も水道もない山奥の集落と、高層ビルだらけの首都では環境が天と地ほど違うし、参加者も同じパナマ人だがはっきりいって「違う世界」を生きている。

 

それでも、植物が生育する原理原則は変わらない。

農業隊員は仕事の相手が人間ではなく植物なので、どこに行ってもある程度通用するのだ。

専門知識が必要な職種の隊員の強みだろう。

 

新風祭まではあと12日なので、今はプレゼンとデモンストレーション、配布物の準備をしている。

最近は任国外旅行のコスタリカとメキシコ関連の記事をアップしているが、実はすでにパナマに帰国していて、今日から職場復帰した。

 

まとめ

3月14日の新風祭で、家庭菜園の始め方を教える。

プレゼンとデモンストレーションをして、野菜の種と栽培マニュアルを配布する予定だ。

準備をしっかりとしたい。

YouTubeを始めました!

海外ノマド生活の様子や役立つ情報を、YouTubeにアップしています。

ぜひチャンネル登録してください!

スペインワーホリ体験者に日本語とスペイン語で質問してみた

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ





海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「JICA青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Twitterでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

Twitterでご友人にシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!

\\\\٩( ‘ω’ )و ////


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【フリーランス向け有料マガジン】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数
・地方自治体との地方創生プロジェクト

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

→ @jiburicom

ウェブメディアFINDRESでトラベルフォトグラファーとして「世界の都市をパチリ」を連載。

  同じカテゴリの記事