JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

徳島県葉っぱビジネスのいろどりと山梨県甲州市地域おこし協力隊の事例をコラボ!途上国で薬草で村おこし

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデアとは

先週の土曜日はホストファミリーの兄貴の誕生日だった。

そこでビールを大量に買い込み、ベランダで家族と一緒にビールを飲んだ。

 

ささやかながら誕生日プレゼントということで、兄貴に「柿の種 柚子胡椒味」をあげた。

柚子胡椒風味の柿の種の味は、パナマ人にもウケるようで喜んで食べていた。

柿の種は昔からあったお菓子だし、柚子胡椒も昔からあった調味料だ。

 

しかし、その二つが融合すると、新しいお菓子になる。

「アイデアとは、既存の二つのモノの融合に過ぎない」という本で読んだ言葉を、ビールでほろ酔い気分になりながら思い出した。

スポンサーリンク

 

 

 

 

特産品開発、一村一品活動

僕はそんな特産品開発をしたい。

パナマでも「柿の種柚子胡椒味」のようなその地域に昔からあるものを生かし、その価値を高めるような特産品を作り、村おこしをしたい。

 

そこで、パナマの農牧省に着任してからは「この地域に昔からあるもの」を探していた。

その中でも僕が特に興味を持ったのは、薬草である。

昔からパナマの農村では、薬草をお湯で煮だしたお茶を飲み、病気や怪我の治療に役立てていた。

例えば、以下の効果がある薬草を教えてもらった。

 

パナマの薬草リスト

1.捻挫の痛みを取る葉

2.安眠効果がある葉

3.解熱作用があるイモの葉

4.腹痛に効く葉

5.風邪薬になる葉

6.水虫に効く葉

7.腰痛に効く葉

 

PA200027_524

腰痛に効く葉

PA210028_523

腹痛に効く葉

このような薬草は、よそ者の僕にとっては非常に興味深いが、最近では薬草はあまり利用しなくなったらしい。

それは町に病院ができ、処方される薬を使うようになったからだ。

しかし、今でも町では山奥で採取された薬草を売っているらしいので、ある程度の需要はありそうだ。

 

葉っぱで村おこしプラン、徳島県いろどりの事例

そこで「この薬草を村おこしに利用できないか?」と考えていた。

日本でも葉っぱビジネスは意外と多い。

徳島県の「いろどり」は日本で一番有名な葉っぱビジネスの成功例だろう。

 

WS000040_530

 

しかし、日本料理屋がほとんどなく、料理の飾りつけをほとんどしないパナマでは、このビジネスモデルは通用しない。

他のアイデアはないかと考えていると、面白い情報を手に入れた。

 

山梨県甲州市地域おこし協力隊の野草で村おこし

それは「山梨県甲州市で活動する地域おこし協力隊員が、地域にある野草で商品開発をした」というものだ。

詳しくは下の画像をクリックしてリンク先を読んで欲しい。

 

WS000039_522

現在、野草活用の勉強会の開催や商品開発・野草茶やハーブソルトを試作販売しています。

なかでも「ネコジャラシのふりかけ」は県内外で話題となり、今年度 は地元の高校生と一緒に作っています。

さらに、地域の要望から野草の活用を本格的に取り組もうと、『やまなし野草研究会』を立ち上げ、保育園でも野草を 使った特別給食を出しました。

(上記リンクより引用)

 

このアイデアはお茶を飲む文化が広まりつつあるパナマでも参考になりそうだ。

例えば「乾季に薬草を収穫・乾燥させブレンド薬草茶を作り、町で販売する」というビジネスプランはどうだろう。

 

ブレンド薬草茶プランの利点

◆乾季は農業が出来ないので、農民は暇である(出稼ぎに行く人もいるが)

◆ブレンド薬草茶は軽く小さいので、輸送コストが低い

◆生産コストが低い(パッケージ代のみ)

◆保存期間が長いので、年中販売できる

 

もちろん課題は無数にある。

例えば「誰をターゲットにするのか?」という問題は重要だ。

町に住む富裕層なのか、中国人向けか、飲食店向けか、個人向けか。

最近結成した「調査団ひとり」としては、綿密な市場調査を行い、計画を立てる必要がある。

さらに、もうひと捻り必要だろう。

二つ以上の既存のモノを融合させることで、初めて新しい商品になる。

今後はこの目線を持って、村で調査をしてみよう。

きっと見えてくるものがあるはずだ。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事