JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事

noteマガジン『写真家の日記』の読者特典で保井崇志さんとの浜町MTGの後、ノートに記したこと。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月24日、フォトグラファーの保井崇志さんのオフィスを訪ね、浜町MTGに参加してきた。

浜町MTGとは、保井さんが運営するnote有料マガジン『写真家の日記』の読者特典で、保井さんと会って一時間ほどお話ができる機会。

ぼくは数カ月前からこのマガジンを購読していて、せっかくのチャンスなので申し込むことにした。

そして、MTGではもう一人の読者さんを混じえて、三人で一時間ほど話をさせてもらった。

今回はこのMTGでどんなことを感じて、考え始めたのか書き残したい。

スポンサーリンク

 

 

noteマガジン『写真家の日記』の浜町MTG

MTGの感想の前に、まずはさらっと今回のMTGの概要を説明しよう。

フォトグラファー保井崇志さん

↑保井さんのお写真

noteで『写真家の日記』というマガジンを発行しているのが、フォトグラファーの保井崇志さん(@_tuck4)。

保井さんは、Instagramのフォローワー数が15万人超えというすごい人。

こちらが保井さんのホームページ。

 

 

SNSでの実績をきっかけにしてフォトグラファーとして独立された経歴に興味が湧き、過去に保井さんが登壇されたイベントに二回参加していた。

参考:「Instagramはフォロワーとのラリー」人気フォトグラファー濱田英明×保井崇志トークライブ

参考:ラブグラフ・トーク駒下純兵×保井崇志でフォトグラファーのInstagram,note,VALU活用術を聞いてきた

 

noteマガジン写真家の日記

そんな保井さんが運営されているnoteマガジンが、こちらの『写真家の日記』。

→ 写真家の日記|noteマガジン

月額500円で月に10本の記事が読める。

フォトグラファーの仕事の様子や、保井さんが考えていることなどを共有してもらえるので、すごく勉強になる。

 

読者特典の浜町MTG

この『写真家の日記』の読者特典として、保井さんのオフィスが入っている浜町の施設でミーティングが開催された。

時間は一時間ほどで、もう一人の読者さんと三名でお話をした。

 

マサイ族ネタはアイスブレイクに最強

保井さんは以前ぼくが書いたイベントレポを読んでくださり、マサイ族の村にホームステイした記事も読んでくれていた。

おかげで自己紹介の時間がほとんど必要なくて良かった。

マサイ族ネタはアイスブレイクに最強なので、人生に一度はマサイ族ホームステイをおすすめしたい。

 

 

 

 

浜町MTGのあとにノートに記したこと

ここからは、浜町MTGのあとにノートに記したことを紹介しよう。

保井さんともう一人の読者の方の話を聞いて、インプットしたい情報が多すぎたので、頭の中を整理するためにノートに書いたのだ。

MTGで印象的だった言葉

(字が汚いし具体的なことが書いてあるのでメモはぼかします)

MTGの中で印象に残っている言葉はこちら。

・自分で企画を考える

・フォトグラファーのランチェスター戦略

・リアルな拠点を持つ強み

・フォローワーの数と質

・Instagramの変化

・Twitterの拡散力

 

「自分で企画を考える」

特に一番印象に残っていることは、「企画を考えること」について。

以前から保井さんは、同じような考えをマガジンやイベントでも発信されていたと思う。

例えば、「自分をどうプロデュースするか、どこの業界を狙うか、どこのポジションが空いているのか?」を考えること。

・じぶんがそのテーマを面白いと思うか、の「一人称」

・友だちなど、顔の思い浮かぶ人がそのテーマを面白いと思うか、の「二人称」

・メディアやクライアントがそのテーマを面白いと思うか、の「三人称」

この「二人称」までクリアする人は多いと思います。でもそれだけだと内輪の評価で終わります。そこから大きく飛躍するにはこの「三人称」までリーチすること。

引用元:これからプロのフォトグラファーになりたい人は「裏玄関」を探そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がすべきこと、取り入れるべきことは?

では、ぼくの場合には何をすべきなのか、何を取り入れるべきなのか、考えてみた。

自分がどんなことが得意なのか、どんな経験を積んだのか、どんなツイートがウケているか(何を期待されてるか)、ザザっと書き出す。

 

次に、Instagramで自分の写真を見返してみる。

 

 

 

 

 

 

最後に、考えをまとめてノートに書いてみた。

・自分にどんな「サブタイトル」を付けるか

・それをどんな「方法」で伝えるか

・参考になる「ロールモデル」はいるか

ちょうど、11月1日からヨーロッパへ行き三ヶ月間は写真に没頭できるので、この機会に今回考えた企画を実行したいと思う。

 

 

 

まとめ

フォトグラファー保井崇志さんの浜町MTGに参加した。

お話を聞けたこともインプットとして良かったが、その情報を自分の頭で考えてノートにアウトプットできて良かったと思う。

あとは、今回考えたことを実践しながらPDCAサイクルを回していきたい。

これからも浜町MTGの募集は続けるそうなので、興味がある人はぜひ保井崇志さんのマガジン『写真家の日記』を購読してみましょう!

→ 写真家の日記|noteマガジン

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたい人へ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事