JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

メデジンからグアタペまでバスで行く方法!カラフルな町は巨石ペニョールと日帰り観光がおすすめ

      2017/11/01


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グアタペを走るトゥクトゥク

コロンビアの第二の都市メデジンの近くにはグアタペという町があり、たくさんの観光客が集まっている。

それはグアタペの建物がカラフルなペンキで塗られ、とても綺麗でおとぎ話の世界に迷い込んだようなメルヘンな雰囲気の観光地だからだ。

写真を撮るのが好きな人はぜひグアタペに行ってみよう、バシャバシャ撮影したくなるはず!

しかもグアタペの町の手前にはラ・ピエドラ・デル・ペニョールという巨石もあり、740段の階段を登れば絶景を眺める事もできる。

メデジンからグアタペまではバスを使えば片道2時間ほどで行くことができるので、日帰り観光も可能だし一泊するのもいいだろう。

グアタペはコロンビアに来た人にはぜひ足を運んでもらいたい観光スポットだ。

そこで今回は、コロンビアのカラフルでメルヘンな雰囲気の町グアタペについて紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

コロンビアの観光スポット「グアタペ」

それではまずは簡単にグアタペのことを説明しよう。

1.グアタペ(Guatapé)とは

グアタペとはスペイン語では、Guatapéと書き「グアタ↑」と最後のペを強く発音するのが正しい。

グアタペはコロンビアの第二の都市メデジンの近くにある町で、外国人観光客に人気の観光地である。

Guatapé is a town and municipality in Antioquia Department, Colombia.[1] It is a part of the subregion of Eastern Antioquia. Guatapé is bordered on the north by Alejandría, San Rafael to the east, and Granada and El Peñol to the south. Guatapé is located in the outskirts of Medellín, bordering a reservoir created by the Colombian government for a hydro-electric dam, built in the late 1960s. This quaint town is the gathering place for “Las Vegas”, or the small farms of the area. It is also a growing area of recreation for citizens of Medellín, and aims to be a tourist destination for foreign travellers.

引用元:Wikipedia Guatapé

 

2.グアタペの場所・地図

グアタペの場所はこちらのGoogleマップを見てほしい。

周りは湖や貯水池だらけ。

 

 

3.メデジンからグアタペまでバスで行く方法

次にメデジンからグアタペまでバスで行く方法を説明しよう。

まずはメデジン市内を縦横に走るメトロと呼ばれる電車にのり、AラインのCaribe駅に行く。

カリベ駅からは北バスターミナルが直結しているので、そのままバスターミナルでグアタペ行きのバスのチケットを買ってバスに乗ろう。

「Quiero ir a Guatapé.(キエロ イール ア グアタペ / グアタペに行きたい)」というスペイン語で通じるはず。

値段は12,500コロンビアペソ(およそ600円)ほどで、片道2時間ほどで到着する。

メデジン情報はメデジンの日本人宿シュハリのオーナーのブログが超詳しいので、メデジンに行く人は必読。

参考:メデジン情報ノート

メデジン北バスターミナル(メトロAライン”Caribe”駅直結)から約2時間弱。12,500COP(580円)程度。
バスはペニョール岩の前と、そこから少し行ったところにあるグアタペの街に止まります。街と岩の移動はトゥクトゥクか徒歩。年末は混み合うので帰りのバスチケットを行く前に押さえておくことをオススメします。小さな街なので、街の散策自体は2時間もあれば十分。完全日帰りコースです。

引用元:メデジン情報ノート 必見!グアタペ

日本人宿シュハリについては、こちらの過去記事で詳しく説明しているのでぜひ読んで欲しい。

参考:麻薬の町だったコロンビアのメデジンに行くと今なら合法的にハッピーになれる!日本人宿シュハリへ行ってみよう

メデジンの日本人宿シュハリ

 

4.おすすめは巨石ラ・ピエドラ・デル・ペニョールと一緒に巡る日帰りツアー

グアタペの手前には巨石ラ・ピエドラ・デル・ペニョールがある。

参考:コロンビア・メデジンの登れる巨石ラ・ピエドラ・デル・ペニョールの行き方と絶景写真

コロンビアの巨石ラピエドラデルペニョールとお土産屋

メデジンから行くとグアタペの少し手前にあるので、グアタペとペニョールを一日で一緒に観光するのがおすすめだ。

メデジンからグアタペまではバスで片道2時間なので、メデジンを朝出発すれば夜までには帰って来れるので日帰りが可能。

ぼくはメデジンの日本人宿シュハリに泊まって、日帰りでグアタペとペニョールを観光した。

 

5.グアタペの宿・ホテルで一泊するのもいいね

メデジンとグアタペはバスで片道2時間(往復4時間)なので日帰り旅行が可能だが、静かで綺麗な町なので一泊するのもありだと思う。

ぼくがいつも使っているホテル割引予約サイトのBooking.comで「Guatape」を検索すると、17軒のホテル・ドミトリーが見つかった。

 

 

 

カラフルな建物が有名なグアタペに行って来たよ

それでは、ぼくがグアタペに行った時のルートと撮影した写真を紹介しよう。

1.メデジンからエルペニョールまでバスで行き、巨石を観光する

まずはメデジンを出発してバスに乗り、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールの前で降りた。

そして、ペニョールの740段の階段を登って絶景を楽しんだ。

コロンビアの巨石ラピエドラデルペニョールからの景色と国旗

 

2.ラ・ピエドラ・デル・ペニョールからトゥクトゥクでグアタペまで行く

ペニョールの下にはトゥクトゥクが何台もいて、グアタペまで乗せていってくれる。

値段交渉は可能で人数が多い方が安くなるので、ぼくは欧米人カップルと相乗りした。

ペニョールからグアタペまでの値段は忘れてしまったが、時間は10分弱。

ペニョールからグアタペまでは歩くこともできるけど疲れちゃうよ。

グアタペを走るトゥクトゥク

 

3.グアタペのカラフルな街並みを満喫する

グアタペの町でトゥクトゥクを降りたら、カラフルな街並みを堪能しよう。

グアタペは小さな町だが、ほぼすべての建物がカラフルなペンキで塗られているので、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだような気持になる。

こんな感じにカラフルな家だらけ。

グアタペの綺麗な家

観光客向けのレストランやバーもあり、おしゃれ雰囲気。

コロンビアのグアタペの町並み

グアタペの町役場もカラフルで可愛い。

グアタペのカラフルな建物

窓の格子もカラフル。

コロンビアのグアタペの民家

民家の壁には動物の絵が書いてあり、メルヘン気分。

グアタペのカラフルなお家

グアタペの教会はぜひ訪問しよう。

大きな建物で白を基調としたデザインだ。

グアタペのカラフルな教会

教会がデザインされた絵もあった。

コロンビアのグアタペの門

ぼくは時間があったので観光客が行かないような町の外れまで探検したけど、すべてカラフルで驚いた。

クオリティは町の中心地が高かったけどね。

カラフルな町グアタペ

大量の調理用バナナを運んでいるおじいさんが渋くてカッコ良かった。

コロンビアのグアタペの生活

レトロな車もグアタペの街並みにピッタリ!

コロンビアのグアタペのレトロな車

鹿のモチーフが描かれた壁。

コロンビアのグアタペの鹿の絵

グアタペの日常が描かれた壁。

いろんな絵が描かれていたので、面白い絵を探すのが楽しかった。

グアタペの面白い壁画

酔っ払いの絵まであった(笑)

コロンビアのグアタペの面白い絵

街はずれは装飾が少な目。

グアタペの町はもとは全然カラフルな町じゃなかったが「町全体をカラフルにしたら観光客が来るんじゃね!?」と考えて観光地化したらしい。

コロンビアのメデジン近くのグアタペ

その作戦が成功して欧米人や日本人の旅行者が訪れていて、いまや人気観光スポットだ。

コロンビアのグアタペの綺麗な壁画

グアタペはとにかくカラフルでメルヘンな雰囲気の町。

女性は絶対に気に入ると思うよ。

コロンビアのグアタペの壁画

原色ごりごりだから、目が疲れるけどね。

グアタペのカラフルな家

 

4.貯水池で遊覧船とターザンロープも楽しめるよ

グアタペの町には貯水池があり、遊覧船が運行していた。

ぼくはメデジンから日帰り旅行だったので乗れなかったが、グアタペに宿泊する人はイイかもね。

コロンビアのグアタペの湖

この貯水池ではターザンロープもできるので、挑戦してみてほしい。

ぼくは高い所が苦手なのでしなかったけど、実際にしている人はロープ上でスマホで自撮りしていて面白かった(笑)

コロンビアのグアタペの湖

 

5.バス乗り場でチケットを買ってメデジンへ帰ろう

グアタペからメデジンまでバスで帰るときには、町の中心地にあるバス乗り場に行こう。

貯水池に面している道にあり、すぐわかるはず。

バスのチケット売り場があるので、そこでメデジンまでのチケットを買おう。

グアタペのバス発着所

グアタペからの帰りにもラ・ピエドラ・デル・ペニョールが見えるよ。

コロンビアの巨石ラピエドラデルペニョールを遠くから

 

 

まとめ

今回はコロンビアのカラフルな町グアタペを紹介した。

グアタペまではメデジンからバスで2時間くらいで行けて楽だし、巨石ラ・ピエドラ・デル・ペニョールも一緒に観光できるのでおすすめ。

本当にメデジンはいい所だなぁ、メイドカフェもあるし。

 

コロンビアの関連記事

まるでドラクエのダンジョン!?コロンビア・シパキラの塩の教会への行き方&絶景写真スポット

コロンビア・メデジンの登れる巨石ラ・ピエドラ・デル・ペニョールの行き方と絶景写真

麻薬の町だったコロンビアのメデジンに行くと今なら合法的にハッピーになれる!日本人宿シュハリへ行ってみよう

7色の海に虹色の街!青年海外協力隊の松子が「コロンビアって何があるの?」という疑問にお答えします

【コロンビア美女】世界一美人が多い町コロンビアのメデジンにあるメイドカフェは萌え死に注意

YouTubeを始めました!

海外旅行の様子や、旅に役立つ情報をYouTubeにアップしています。

海外の情報を受け取れるので、ぜひチャンネル登録してください!

 

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【有料コンテンツ】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

2017年11月〜2018年1月 現在は西ヨーロッパで撮影中です

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事