JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

ついに卒業!青年海外協力隊フィールド調査団の最終報告書が完成した。

      2015/04/02


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青年海外協力隊・フィールド調査団の最終報告書が完成

今日、フィールド調査団の最終報告書が完成した。

WS000170_1803

最終報告書は37枚のスライドになった。

さっそくメンターの小辻さんにメッセージで提出した。

ぼくがフィールド調査団に入ってから、およそ半年。

→ 2013年12月の投稿 市場調査団の調査テーマを考えてみた。|JIBURi.com

ついにフィールド調査団を卒業する時期が来た。

 

青年海外協力隊・フィールド調査団とは

最初はフィールド調査団という名前ではなく、市場調査団と呼ばれていた。

まるで商売をガンガンやる団体という雰囲気だが、実際にはビジネスをやっている隊員は少ない。

学校の先生だったり、農業隊員だったり、ビジネスとは全く関係ない分野に対してビジネスの考え方を生かそうという考えだ。

ぼくもビジネスとはまったく関係ない活動をしていた。

 

途上国でのBOPビジネス

最近では途上国のビジネスは、「BOPビジネス」と呼ばれ注目を集めている。

ぼくはもともと起業願望があるので、BOPビジネスにも興味があった。

しかし「なんだかな~」と悩み、ビジネス的な活動を始められないでいる。

ぼく自身は特産品づくり、一村一品運動、商品開発はとても好きだ。

大学院時代に自分で「信州伊那谷ギフト」というリンゴジュースを商品開発したほど好きだ。

20130317_204236_w1920_1804

ただ、だからこそ、村人にぼくが好きな活動を押し付けたくないと思っている。

村人が必要としている活動をしたい。

 

青年海外協力隊・フィールド調査団の今後

実は、ぼくにはやり残したことがある。

フィールド調査団としての活動計画では、2つの活動があった。

しかし、半年間で実行できたのは1つだけ。

もう1つの活動は、ビジネスに関する活動だ。

残りの一年間の任期でビジネス活動を行おうと思う。

自分がやりたいことではなく、村人が必要としていることという意識だけは忘れたくない。

マスターベーション活動はしたくない。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事