JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

1つの村に1つの技術を10年後まで !青年海外協力隊の最終目標はたった1つの適正技術を残すこと

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青年海外協力隊に派遣されて3ヶ月

青年海外協力隊の24ヶ月のうち、3ヶ月が経過した。

フルマラソンに例えたら、ようやく競技場のトラック2周を終えて、競技場の外のコースに出たところだろう。

では、競技場の外に出た僕はどこを目指して走ればよいのだろうか。

一体「僕のゴール」はどこにあるのか。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

JICAボランティアのゴールとは?

有り難いことに「協力隊のゴール」は自分で決めることが出来る。

それは特にJICAから成果(=ゴール)を期待されていないからだ。

その点で言えば、協力隊活動なんてただの自己満足だと思う。

 

他人を救う自己満足を、人は愛と呼ぶ

しかし、自分の望むことが「他人を救うこと」である場合、その人の自己満足の追及は愛と呼ばれる。

愛なんて自己満足に過ぎないのだ。

例えばインドでのマザー・テレサの行為だって、僕は自己満足の追及だとも思う。

 

もちろん、僕も自己満足の追及のために協力隊員になった。

そのため「自分がしたいことを達成させること」が、僕のゴールだと思う。

では、それは具体的には何か?

 

 

貧困地域の役に立つ村落開発が青年海外協力隊としての目標

それは、貧困地域の役に立つ村落開発だ。

さらにそれを野菜栽培隊員としての活動で考えると「農民のニーズにあった農業技術を定着させること」だと思う。

僕はこの夢を実現させるためにここにいる。

農民のニーズにあった農業技術を見つけだし、農民に対して技術習得の動機づけを行い、僕がいなくなってからも技術が残るように技術を繰り返し指導する。

 

これが僕のゴールだ。

僕のゴールが見つかった。

そこで早速、このゴールのために僕の大好きなキャッチコピーを考えてみた。

 

1つの村に、1つの技術を、10年後まで

 

「1つの村に、1つの技術を、10年後まで。」

農業技術は「普及した地域に10年後まで残れば大成功」と言われている。

しかし、僕のような未熟者がそれを達成するのは、限りなく不可能に近い。

そこで、少しでも可能性を上げるために「地域」と「技術」を絞り込むことにした。

活動する集落と技術を絞ることで、活動の質と量を向上させ、僕の未熟な力を一か所に集中することが出来る。

未熟な力でも一か所に集中すれば、少しはましになると思う。

 

青年海外協力隊の活動計画

可能性を上げるために「活動計画」も考えた。

少しでも効果的な活動をするためにだ。

もちろん、日本居た頃以上に計画通りには事は運ばないだろう。

そんなことはわかっている。

しかし、だからこそ発生するであろう問題とその対策まで考えた計画を立てることは、とても大切なことだと思う。

しかも、計画を立てる時間は日本に居た頃以上に十分にある。

長期活動計画

 

活動が終了するのは2015年。

そしてその10年後は2025年だ。

2025年に僕はまたパナマに戻って来る。

普及した技術が残っているか確認するために。

I’ll be back…

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事