JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事

【口コミレビュー】カメラバッグEnduranceは海外旅行にも適していると判明!Amazonベーシックとの比較も

      2016/11/10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラバッグに三脚を装着

みんな大好きカメラメディアStudio9さんがオリジナルカメラバッグ「Endurance(エンデュランス)」を発売した。

①ちょうど使い勝手が良いカメラバッグを探していたこと、②Webメディアとのコラボ商品というアイデアが素晴らしいと思ったことから、ぼくはさっそくこのカメラバッグを買ってみた。

そして、Enduranceを背負ってスペイン・ポルトガル一周旅行を行い、「海外旅行用としても適している」と判明した。

今まではAmazonベーシックのカメラリュックを使っていてそれなりに満足していたのだが、エンデュランスを使い始めて便利になったことがある。

そこで今回は、カメラバッグEnduranceをご紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

studio9さんオリジナル設計のカメラバッグEndurance

まずはさらっとEnduranceの概要を説明しよう。

1.studio9さんが設計したカメラバッグ

カメラバッグEnduranceを設計したのは、ウェブメディアStudio9(すたじお・きゅう)を運営する中原一雄さん

カメラや写真撮影が好きな人だったらStudio9さんの記事を一度は読んだことがあるだろう。

ぼくは撮影テクニックの記事を読み込んで勉強している。

カメラバッグを開発した経緯はStudio9さんの記事を読んで欲しい↓

 

そして完成したのが、こちらのカメラバッグ。

Amazon限定販売で価格は「19,800円」。

 

メディアとメーカーのコラボはすごく面白くて応援したい!」と思った。

そして、ちょうどカメラ機材と一般荷物を分けられる「二気室タイプのカメラバッグ」を探していたので、Enduranceを買うことにした。

 

2.今まで使っていた「Amazonベーシックのカメラリュック」

今までぼくはAmazonベーシックのカメラリュックを使ってきた。

今の価格はAmazonで4,580円。

 

Amazonベーシックのカメラリュックを買った理由は、値段が安くて収納スペースが広く、パソコン収納などの機能もバッチリだったから。

詳しくはこちらの過去記事に詳しくまとめている。

参考:カメラバッグはプロも愛用するAmazonリュック型58Lがおすすめ!一眼レフとGoProグッズが全部入るので海外旅行にも

最後にEnduranceとAmazonベーシックの比較をしているので、最後まで読んで欲しい。

Amazonのカメラバッグに三脚を付ける

 

 

カメラバッグEnduranceを買ってみた

Amazonで注文してから3日くらいで家にカメラバッグが届いた。

1.AmazonからEnduranceが届いて嬉しい

さっそくダンボールを開けてみると、ビニール袋に包まれたカメラバッグが。

カメラバッグEnduranceが到着

 

2.エンデュランスは二気室構造なので、荷物を分けて収納できる

こちらがカメラバッグ・エンデュランスの正面。

バッグの上部が一般荷物用の収納スペースで、下部がカメラ機材用の収納スペースに分かれている。

カメラバッグEnduranceの正面

カメラ機材の収納スペースは2個のチャックが付いていて、がばっと全体を開くことができ物の出し入れがしやすい構造。

そして収納スペースはクッション性の仕切り版で区切られていて、仕切り版は自由につけたり外したりできる

カメラバッグEnduranceのカメラ格納部分

 

3.エンデュランスにはクイックアクセスがあるので、素早くカメラを取り出せる

カメラバッグの右側面には「クイックアクセス」と呼ばれるカメラを素早く取り出せるチャックが付いている。

基本的に一眼レフカメラはここから出し入れする。

カメラバッグEnduranceの側面

例えば、道を歩いていて急にかわいい猫を発見して「ヤバイ、3秒以内にカメラを構えたい!」という緊迫した場面で、このチャックをガバッと開けてささっと一眼レフカメラを取り出すための機能。

カメラバッグのクイックアクセス

 

側面には三脚を固定するポケットとベルトが付いている

カメラバッグの左側面には「三脚を取りつけるポケットとベルト」が付いている。

ペットボトルやストロボ用の三脚を入れておくのもいいと思う。

カメラバッグEnduranceの横

ぼくは夕方から夜の撮影では三脚を使っているので、その時にはカメラバッグの横に三脚を挿している。

三脚の高さがちょうどカメラバッグと同じくらいなので、収まりが良くて歩きやすい。

参考:【Manfrotto三脚Befreeのレビュー】コンパクト40cm・軽量1.4kg・自由雲台・4kg耐重で旅行用に最適!フルサイズ一眼レフカメラと望遠レンズも使えるよ

カメラバッグの横に三脚を挿す

 

4.エンデュランスは置くと自立できて地味に便利

エンデュランスは自立することができるので、スペースを取らなくて楽。

「自立できるかなんてどうでもよくない?」と思うかもしれないけど、これが意外と便利なのよ。

カメラバッグEnduranceの縦置き

例えば、スーツケースの上に置いて両手を離せる(でも倒れないように注意!)。

海外旅行では飛行機や電車など公共交通機関をよく使うので、そのような場所でカバンを背負わずに置けるのはすごく助かる。

スペイン旅行の荷物

ちなみにこれがぼくの持ち歩き荷物(エンデュランス+スーツケース一個)。

一眼レフカメラ、交換レンズ、ストロボなどの壊れやすい機材はエンデュランスに入れて、三脚やメンテナンス用品はスーツケースの中に入れている。

スーツケースの上にカメラバッグを乗せる

 

5.背中側にノートパソコンとファイル、書類が入る

ぼくがカメラバッグを選ぶ時に最初に確かめるのは、ノートパソコンが入るかどうか。

もちろんエンデュランスにはノートパソコンが入るし、パソコン収納スペースには仕切りがありファイルや書類も入れられるようになっている。

カメラバッグEnduranceのパソコン格納部分

 

6.エンデュランスは背負いやすくて疲れにくい

エンデュランスの背中側はこんな感じ。

胸に位置に固定用の細いベルトが付いている。

カメラバッグEnduranceの肩紐

そして、腰の部分にも固定用のベルトがあるのだが、使わないときは穴に収納することができる!

使わないときの腰ベルトは邪魔なだけなので、この機能はマジで便利!!

カメラバッグEnduranceの腰ひも

腰ベルトをカチッと締めればカバンが安定するので、山歩きや長時間の移動も楽々。

カメラバッグEnduranceの腰ベルト

腰ベルトは長いのでおデブちゃんでもOK。

カメラバッグEnduranceの腰ベルト装着

肩ベルトの調節ひもも固定できるのでぶらぶらして邪魔にならない。

そして、肩ベルトはぶ厚い素材でできていてクッション性が高いので、荷物が重くなっても苦にならない!

カメラバッグEnduranceの肩パッド

ものすごく細かい話だけど、カバンの上部に持ち手があるとちょっとした移動に便利なのよ。

カメラバッグEnduranceの持ち手

 

7.大型三脚用の三脚ホルダーは使ったことない

エンデュランスにはカバンの中央にも三脚ホルダーが付いている。

これは大型の三脚用なので、ぼくは使ったことがない。

カメラバッグEnduranceの三脚ホルダー

こんな感じにカバンの中央に着いているので、ど真ん中に三脚を固定できる。

カメラバッグEnduranceの三脚ホルダーを出した

 

8.一般荷物用の収納スペースはサイズを調整できる

エンデュランスの特徴の一つは、上部の一般荷物用の収納スペースのサイズを調整できること。

上部の素材を伸ばせばスペースが大きくなって、たくさんの荷物を入れることができる。

カメラバッグEnduranceの収納部分

旅行中に上着を入れたり、お土産物を入れたり対応できて便利。

上部をマックスまで伸ばせば、小さめのバックパックくらいの収容力があると思う。

荷物を詰め込んだカメラバッグ

そして、荷物が少ない時には上部をくるくる巻いて、コンパクトにできる。

カメラバッグEnduranceの正面

 

9.でもマジックテープは音が出て好きじゃない

上部の収納スペースはマジックテープで固定する方式。

これはぼくはあまり気に入っていないくてなぜかというと、開けるときに「バリバリバリバリ!!!!!」という音が鳴ってしまうから。

ここをマグネットかチャックに改造したい。

カメラバッグEnduranceのマジックテープ

 

10.バックルがオシャレな雰囲気を出している

クルクル巻いたらバックルでばちっと留める。

このバックルがオシャレな雰囲気を醸し出しているよね。

カメラバッグEnduranceのバックル

 

11.防水カバーがあるので雨の日や治安が悪い場所でも使える

エンデュランスには専用防水カバーが付いている。

これがあるおかげで雨の日でもカバン濡らさずに持ち歩くことができる。

カメラバッグEnduranceの防水カバー

防水カバーはサイズが大きめなので、すっぽりと覆うことができて防水能力は高い。

使用頻度は意外と高いので、常にカバンの中に入れている。

カメラバッグEnduranceに雨カバーを付けた写真

もう一つ良い効果があって、それは治安が悪い場所でも防水カバーを使うことでスリの抑止力になること

防水カバーを付けるとカバンの素材や構造が見えないので、スリにチャックを開けられたりナイフで切られる危険性が減る。

中南米やアフリカなどのスリが多発する場所を旅行するバックパッカーが、カバンに常に防水カバーを付けているのはそのため(雨や汚れを防ぐ意味もあるけど)。

カメラバッグEnduranceに防水カバーを装着

 

12.カメラ機材の収納スペースの使い方

カメラバッグとして一番重要なカメラ機材の収納スペースについて紹介しよう。

最初の構造はこのようになっている。

カメラバッグEnduranceのカメラ格納部分

クイックアクセスの部分にレンズ付き一眼レフカメラを入れて、その左右のすき間に交換レンズやストロボ、その他機材を入れるのがいいだろう。

カメラバッグEnduranceのレンズ収納

ここがクイックアクセスね。

カメラバッグEnduranceのクイックアクセス

試しにSIGMA50mmF1.8とNikkor20mmF1.8を入れてみた。

エンデュランスの収納スペースは深いので、このままだとブカブカで動いてしまう。

カメラバッグEnduranceにレンズを収納

タムロン70-300mmも入れてみた。

レンズを横に入れると「2本入るんじゃね?(笑)」と思うくらいスペースが開いている。

カメラバッグEnduranceに望遠レンズを収納

海外旅行中に飛行機やバスに乗る時にはガッチリと機材を梱包しているが、その状態の方がぴったりと収納スペースに収まった。

単焦点レンズ2本、望遠レンズ1本、フルサイズ一眼レフカメラ+大三元1個を入れるとこんな感じ。

カメラバッグEnduranceのカメラ格納部分

 

13.フルサイズ一眼レフのバッテリーグリップ付きでも入ったよ

急いでいる時にバッテリーグリップ付きの状態でクイックアクセスに入れてみたら、意外とすんなり収まった。

Nikon 750(フルサイズ一眼レフ)にバッテリーグリップを付けても入ったので、収納スペースはマジで深い。

バッテリーグリップを付けた一眼レフカメラをカメラバッグに入れる

 

14.治安が悪い場所では2個の南京錠で施錠必須

ぼくは中南米やアフリカなどの治安が悪い場所に滞在することが多いので、カバンには南京錠を付けないと心配になってしまう。

エンデュランスはカメラ機材の収納スペースの2個のチャックに南京錠を付けて、その南京錠とクイックアクセスのチャックに別の南京錠を付けている。

クイックアクセスはカメラの出し入れが簡単な分、盗難の危険性も増すのでその対策が必要だ。

カメラバッグに南京錠を設置

 

15.見た目がカメラバッグっぽくなくていい

エンデュランスは見た目がカメラバッグっぽくないので使いやすい。

スペインの地下鉄で背負っていても目立たない。

カメラバッグに三脚を装着

スペインの長距離電車に持ち込んでも不審ではない。

カメラバッグを座席に持ち込む

 

16.エンデュランスを背負って都会を歩いてみた

エンデュランスを背負って都会を歩いてみたけど、馴染んでいたと思う。

カメラバッグ・エンデュランスを正面から

左側は普通のバッグにしか見えない(南京錠は多めに見てね)。

エンデュランスを使っている写真

後ろ姿も普通でしょ?※三脚は多めに見てね

カメラリュック・エンデュランスを背後から

さすがに三脚が刺さっていると目立つね(笑)

カメラバッグのエンデュランスを背負った

身長172cm痩せ型猫背未婚男性が背負うとこんな感じ。

カメラバッグEnduranceを背負った写真

 

 

Amazonベーシックのカメラリュックとの比較

ぼくはこれまでAmazonベーシックのカメラリュックを使ってきたので、このリュックとエンデュランスのカメラバッグを比較してみた。

 

Amazonベーシックのカメラリュックの方が好きな点

まずはAmazonベーシックのカメラリュックの方が好きな点。

・値段が安い

まずはお値段が違う。

Amazonベーシックのカメラリュックは4,580円でエンデュランスは19,800円なので、差額はおよそ15,000円。

1万5千円あれば、中古レンズが買えちゃうよね?

なので、できるだけ安いカメラバッグが欲しい人はAmazonベーシックのカメラリュックがおすすめ。

・カメラ機材の収納スペースが広い

Amazonベーシックのカメラリュックは、とにかくカメラ機材の収納スペースが広いので機材がたくさん入る。

Amazonのカメラバッグとその中身

こんな感じなので、カメラ二台と交換レンズ数本、その他機材が全部入る。

ただし、一般荷物を入れる場合には分けられない。

Amazonのカメラバッグに一眼レフとレンズとストロボを入れる

小物の収納スペースも広い。

Amazonのカメラバッグの小物入れ

なので一般荷物はなくて、撮影機材だけを入れるカメラバッグが欲しい人はAmazonベーシックがおすすめ。

・安っぽい見た目

Amazonベーシックのカメラリュックは見た目が安っぽいので、治安が悪い海外で使うときに安心。

治安がめちゃくちゃ悪いケニアのナイロビではこのカバンと似たデザインのカバンが流行っていたので、現地のカバンに溶け込むことができた。

Amazonのカメラバッグに三脚を付ける

中南米やアフリカなどの治安が悪い場所で使うなら、Amazonベーシックのカメラリュックがおすすめ。

 

エンデュランスの方が好きな点

お次はエンデュランスの好きな点。

・カメラ機材と一般荷物を分けられる

二気室構造でカメラ機材と一般荷物を分けられるのはマジで便利!

ぼくは部屋の掃除が苦手が物の整理整頓ができない人なので、荷物を分別できるのは本当に有り難い。

カメラバッグEnduranceのカメラ格納部分

整理整頓が苦手な人、カメラ機材と一般荷物の両方を持ち歩きたい人にはエンデュランスがおすすめ。

・クイックアクセスが便利

クイックアクセスという機能を始めて使ったのだけど、すごく便利だね。

カバンを背負ったまま少しずらせば一眼レフを取り出せるので、シャッターチャンスを逃しにくい。

カメラバッグのクイックアクセス

シャッターチャンスを逃がしたくない人はエンデュランスがおすすめ。

・見た目がカッコイイ

エンデュランスは見た目がカッコイイ。

Amazonベーシックのカメラリュックを見た友人は「何それ、ランドセル?(笑)」と馬鹿にしてきたが、エンデュランスのカッコ良さは認めていた。

カメラバッグEnduranceの正面

カメラバッグっぽくないカッコ良いカバンが欲しい人はエンデュランスがおすすめ。

 

 

まとめ

今回は、Studio9さんが開発したカメラバッグEnduranceをご紹介した。

エンデュランスは二気室構造でクイックアクセス付き、ノートパソコンも収納できて見た目もカッコイイ!

Amazonベーシックのカメラリュックよりは値段は高いけど、それ以上の価値はあると思う。

ぼくはこれからもこのカメラバッグを使って世界中を旅しながら撮影を行う予定だ。

 

合わせて読むと役立つかも!?

カメラ初心者向け講座

写真撮影テクニックを学びたい人はStreet academyに無料登録してみよう!Facebook認証が使えるのでたった30秒で登録できるよ



「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事BEST10

カメラ&旅行好きバックパッカー必見!治安が悪い海外でも一眼レフ・デジカメを安全に持ち歩き撮影する裏技
カメラ&旅行好きバックパッカー必見!治安が悪い海外でも一眼レフ・デジカメを安全に持ち歩き撮影する裏技
一眼レフカメラを初めて買いたい人は必見!1台目はNikonの初心者向け中級機種がおすすめ
一眼レフカメラを初めて買いたい人は必見!1台目はNikonの初心者向け中級機種がおすすめ
【レンズを割った体験談】初心者カメラマンの一眼レフにレンズフィルターは必要!この故障写真を見よ
【レンズを割った体験談】初心者カメラマンの一眼レフにレンズフィルターは必要!この故障写真を見よ
【初心者向け一眼レフ選び決定版】初めての一眼レフカメラは何を買ったらいい?おすすめはレンズセットではなく入門機ボディと単焦点レンズ
【初心者向け一眼レフ選び決定版】初めての一眼レフカメラは何を買ったらいい?おすすめはレンズセットではなく入門機ボディと単焦点レンズ
プロカメラマンになる方法は?アマチュアカメラマン・写真家・フォトグラファーとの違い、使用機材、平均収入、お金を稼ぐ方法を徹底的に調べた
プロカメラマンになる方法は?アマチュアカメラマン・写真家・フォトグラファーとの違い、使用機材、平均収入、お金を稼ぐ方法を徹底的に調べた
Nikon用純正ストロボSB-700、910とNISSINのDi600、Di866Ⅱを比較!使用レビューと口コミ
Nikon用純正ストロボSB-700、910とNISSINのDi600、Di866Ⅱを比較!使用レビューと口コミ
【カメラバッグ口コミ】プロも愛用するAmazonリュック型がおすすめ!撮影道具が全部入るので海外旅行も
【カメラバッグ口コミ】プロも愛用するAmazonリュック型がおすすめ!撮影道具が全部入るので海外旅行も
Nikon超広角単焦点レンズ20mm f1.8レビュー!小型軽量フィルター可で持ち運びしやすいので風景・星空撮影用におすすめ
Nikon超広角単焦点レンズ20mm f1.8レビュー!小型軽量フィルター可で持ち運びしやすいので風景・星空撮影用におすすめ
NikonD750使用レビュー!APS-CのD5100からフルサイズ一眼へ買い替えた理由と違い※D7200も買いました
NikonD750使用レビュー!APS-CのD5100からフルサイズ一眼へ買い替えた理由と違い※D7200も買いました
【使用レビュー】SIGMA標準ズームレンズ17-50mmF2.8は明るく広角なので屋内でも使いやすくて一眼レフ初心者におすすめ
【使用レビュー】SIGMA標準ズームレンズ17-50mmF2.8は明るく広角なので屋内でも使いやすくて一眼レフ初心者におすすめ

  同じカテゴリの記事