JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

青年海外協力隊の活動はまずは人間関係から!配属先の同僚が問題児で困っている

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青年海外協力隊の配属先の業務内容

僕の配属先はMIDAという国の組織である。

日本語に訳すと農牧省となり、その名の通り農業と畜産業を扱っている。

スポンサーリンク

 

 

 

 

農牧省の職員と勤務内容

僕が常駐しているカニャサスの事務所には、10名の職員がおり業務を行っており、職員はそれぞれ担当の地域やプロジェクトを受け持っている。

カニャサスは8つの地域から成り立っており、また現在は3つのプロジェクトが進行中である。

 

プロジェクト業務と来客・電話対応

もちろんプロジェクトの仕事以外の一般業務も多く存在している。

例えば、事務所には毎日来客があり、電話も頻繁にかかって来る。

その応対や、持ち込まれた問題の処理を行わなければならない。

 

P9030059_322

全然関係ないが、職場にサソリがいた。刺されるとクソ痛いらしい。

 

 

 

青年海外協力隊が配属されてしばらくは観察期間

MIDAに配属されてから一ヶ月が経過した。

この一ヶ月間は自分から行動することを自重し、出来るだけ職員の動きを観察し、この職場や職員を観察することを心掛けた。

そのおかげで少しずつではあるが、職員の能力や仕事に打ち込む姿勢が見えてきた。

 

仕事が出来ない使えないダメ男

そして、配属先にとても気になる男がいる。

なぜ気になるのかと言うと、その男は圧倒的に仕事が出来ないのだ。

使えない男の名前、それはダニエルである。

 

ダニエルは配属先の中では、若手に分類される。

彼の年齢は25歳でまだ未婚だそうだ。

配属先には他にも22歳の職員もいるが、ほとんどは35歳から55歳ですでに結婚し子供もいる男が多い。

ダニエルは若手だが、大学を卒業し「学士」の資格を持っているため、他の年上の職員よりも給料が高い。

そのため日本製のパソコンやデジカメを持っている。

ダニエルは給料が高いクセに、仕事が全くできない使えない男である。

例えば、どんな問題点があるのか大まかにまとめた。

 

配属先の使えない同僚の問題点

1.職場にかかって来た電話に出ることが出来ない

2.職場に来る村人の用件を理解することが出来ない

3.巡回に行くための車やバイクを運転することが出来ない

4.巡回に行っても農家とうまく会話をすることが出来ない

5.パナマの農業を全く知らない

6.パナマの農家の生活を全く知らない

7.農家からの信頼が全くない

8.プロジェクトを受け持っているが、何も活動していない

9.同僚との世間話についていけない

10.上司に対して敬語が使えない

 

 

このように彼は、半人前にも満たない、まるで8分の1人前くらいの男だ。

しかも「彼はまだ若いからじっくり育てていこう」と考えることも出来ない。

なぜならば、彼は2年後には職場を辞めることが決まっているからだ。

 

さらに、その前にクビにしたくても、彼のバックには日本の組織がついておりクビにすることが出来ない。

非常に扱いづらい。

彼は「他人を助けたい」と口では言っているが、今の所「他人の邪魔」しかしていない。

 

ダイスケ・ダニエル・ミヤサキ

ちなみに彼の名前は、【 Daisuke Daniel Miyazaki 】という。

多くのパナマ人にとって「ダイスケ」という名前が覚えにくいため、職場の同僚から「ダニエル」というパナマ名を拝命したそうだ。

 

今のところ、彼の長所はやる気だけだろう。

そんなダニエルの活動をこれからも見守ろうと思う。

一日も早く、デキる男になることを願っている。

 

P9020025_326

子供のお守りは得意だけどね。

おしまい。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事