JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「ブログ・Webサイトの運営方法」カテゴリの人気記事

外国人が意外と知りたい7つの奇妙な日本文化【家紋・上履き・顔文字・踊り食い・床の間・神社の手水舎】

      2016/02/02


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔文字

外国人が意外と知りたい7つの奇妙な日本文化

中米パナマ共和国に2年間住み、さらにスペイン語圏向け日本紹介サイトを運営していて、外国人が意外と知りたい日本文化があることに気がついた。

これは日本人からしたら当たり前のことだし、特別派手なことでもないので気が付いていないが、外国人から見たら相当奇妙に映るのだ。

海外からの目線で見た日本の姿を知ることは、日本が見失っている日本文化を見つける助けになるはずだ。

そこで今回は、日本人のみなさんへ、外国人が意外と知りたい奇妙な日本文化を紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

1.なぜ、日本では学校で靴を履き替えるの?

パナマ人のホストファミリーから「なぜ、日本では学校で靴を履き替えるの?」と聞かれた。

この疑問が生まれた理由は「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」という映画で、主人公が日本の高校へ通っているシーンがあり、そこには下駄箱と靴を上履きに履き替えるシーンが映っていたのだ

ワイルドスピード

 

パナマの学校には、下駄箱がないし、上履きに履き替える習慣もない。

そのため、パナマ人にはワイル・スピードの「高校生が上履きに履き替えるシーン」の意味が理解できなかったのだ。

海外では学校で上履きに履き替える習慣がない国が多いので、このような疑問を持つ外国人は多いだろう。

パナマの小学校の教室

 

 

 

2.神社にある「水たまり」はなんのため?

ある日、「神社にある水たまりは、なんのためにあるの?」とメキシコ人からメッセージが送られてきた。

彼女は日本やアジアが大好きで、メキシコでアジアグッズ店を経営しているほどだ。

それほど日本が好きなので、彼女の興味はついに神社を参拝する前に手と口を清める場所「手水舎(てみずや・ちょうずや)」にまで到達したのだ!

手水舎

 

日本人ならば親と一緒に神社へ行き、手水舎の意味と使い方を教えてもらっただろう。

しかし、初めて手水舎を見た外国人にとっては、「これ一体何??」と奇妙に思う謎の存在なのだ。

彼女には手水舎の使い方を説明してから、その目的については「カトリック教徒はミサのために教会へ行く前には、家でシャワーを浴びるでしょう? それと似たようなものだよ」と説明した。

 

 

 

3.床の間って何?

スペイン語圏向け日本紹介サイトJAPÓNes.jpのFacebookページへ「床の間」の写真をアップしたところ、ラテン女性から「床の間って何?」という質問を受けた。

参考:スペイン語圏に住む日本好き外国人向けメディアJAPÓNes.jpのロゴとウェブサイト、Facebookページ運営方法を変更した

26年間の人生で「床の間を説明しろ」と言われたことはなかったので、ぼくは困ってしまった。

だって、日本人にとって床の間は当たり前にある物なので、わざわざ言葉で説明しなくても、全員同じイメージを共有できている。

床の間

 

床の間事件によって日本人にとって当たり前のことも、外国人にとっては奇妙な物に映ることを気づかされた。

 

 

 

4.家紋、クールじゃん! でもどういう意味?

このブログのロゴを宮﨑家の家紋である「丸に橘」へ変えてから、スペイン語圏向け日本紹介サイトJAPÓNes.jpのFacebookページへも家紋についての投稿をしてみた。

すると、ラテン男性から「何コレーー!? 超カッコイイじゃん! でもどういう意味を持っているの?」と質問を受けた。

これまた、ぼくは困ってしまった。

なぜならば、一個一個の家紋の意味までは理解していないからだ。

家紋のスペイン語の説明

 

外国人の素朴で鋭い質問は、時に「日本人が日本文化を理解していないこと」を気付かせてくれる。

 

 

 

5.「踊り食い」って本当に日本人はこんな残酷な食べ方しているの?

ある日、ラテン女性から「この動画を見て! 本当に日本人はこんな残酷な食べ方をしているの?」と怒った様子でYouTubeのリンクが送られてきた。

それは下の動画で、イカの踊り食いの様子を撮影した動画だった。

外国人から見ると、生魚を食べることは野蛮な食文化だし、活け造りも踊り食いも残酷な食べ方に映る。

日本の食文化を誤解してもらわないためにも、きちんとした説明をするべきだろう。

 

 

 

6.(^o^) ←これ何?

ラテン人の友人とのメールに何気なく顔文字を使ったら、「(^o^) ←これ何?」と聞かれてしまった。

よく考えてみたら、このタイプの顔文字は日本だけの文化だった。

そこで、顔文字の説明をスペイン語で教えてあげると、「わぁーお! すげー!」と感動していた。

顔文字

 ネットスラングの違いもあって、なかなか面白い。

伝統的な文化だけではなく、これからは若者文化の交流も面白いと思う。

 

 

 

7.トイレから水が吹き上がったんだけど、アレ何?

コスタリカを旅行しているときに知り合ったコスタリカ人の友人が、日本を旅行した時の写真を見せてくれた。

するとトイレの写真が何枚もあり、「日本のトイレは、トイレの中から水が吹き上がったんだけど、アレ何?」と質問を受けた。

彼はウォシュレットの存在を知らなくて、使い方がわからなくて困ったらしい。

日本人にとってウォシュレット・トイレは生活の一部だろうけど、外国人にしてみたら謎の機能だ。

しかも、彼は和式便器も写真に撮っていて、「これは使い方が全くわからなかったよ(笑)」と話していた。

 

 

 

まとめ

以上が、外国人が意外と知りたい7つの奇妙な日本文化である。

日本のトイレで困っている外国人がいたら、ぜひ助けてあげて欲しい。

 

ブログを書いている人におすすめの教科書

ブログのアクセス数を増やしたい人、もっとわかりやすい文章を書きたいブロガーのみなさんには、こちらの記事で紹介しているブロガー本をぜひ読んでもらいたい!

参考:ブログの書き方&アクセスアップ!ブロガーの教科書ベスト10

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「スペイン語圏向け日本紹介サイト」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事