JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

逆カルチャーショック!2年間海外で暮らした青年海外協力OBが異様に感じる日本の不思議4選

      2016/02/02


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長野駅前のバス停

ただいま、絶賛逆カルチャーショック中

青年海外協力隊から帰国し、10日ほど経過した。

2年間の中米パナマ共和国生活の影響から、いまだにふるさと日本の生活になじめないでいる。

これを青年海外協力隊用語では、「逆カルチャーショック」と呼ぶそうだ。

逆カルチャーショックとは、途上国の文化と生活になじみすぎて、日本へ帰って来てから日本の文化と生活にカルチャーショックを感じることをいう。

なかなか逆カルチャーショックを味わう人はいないと思うので、今回は逆カルチャーショック真っ只中のぼくが感じていることを紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

青年海外協力OBが感じる4つの日本の不思議

日本に帰って来てから感じた「ワーイ、ジャパニーズピーポー!?」と言いたくなることを紹介しよう。

1.町が静かすぎる

まず最初に驚いたのは、町が静かすぎることだ。

パナマではすべての店と家が爆音で音楽を流し、車はクラクションをならしまくっていたので、日本に帰って来てからは東京都心でさえも静かだと感じる。

 

新宿

 

日本ではバスに乗ってもレゲエ音楽が爆音で流されていないし、お菓子や歯ブラシを売りに来る物売りもいないので、車内は常に静寂に包まれている。

あまりにも静かすぎて、ぼくのiPodのイヤホンからの音漏れが気になるほどだ。

パナマの人口は390万人なのに対して、日本の人口は1億2000万人もいるのに、なぜこんなに町が静かなのだろうか?

 

 

 

2.店員さんの接客が丁寧すぎる

飲食店や小売店に行くと、店員さんの接客が丁寧すぎて驚いた。

「申し訳ございません」、「かしこまりました」、「少々、お待ちいただけますか」、「またお越しくださいませ」など言葉遣いが超丁寧だし、常に笑顔で接客を行っている。

なぜ、常に笑顔なんだ?

パナマでは注文をしたくて店員さんを呼んでも無視されることが多かったし、ちょっとでもスペイン語を間違えたら笑われたし、聞き取れないと「出ていけ!」と店から追い出されたこともある。

 

喫茶店のパナマ産コーヒー

 

しかし、日本では荷物を持っていたら荷物置きを持って来てくれ、その上にカバーまでかけてくれる。

いったい、なぜこんなに接客が丁寧なのだろう?

 

 

3.時間に正確すぎる

日本では電車やバスが到着する時刻と出発する時刻が、時刻表とピッタリと一致していて、誤差は1分以下だ。

なぜ、こんなにも時間に正確なのだ?

 

長野駅前のバス停

 

パナマにも時刻表はあったが、ぼくが住んでいるような田舎ではほとんど機能しておらず、道端でバスが到着するのをひたすら待ち続けていたし、バスの運転手の都合で勝手にバスが運休することも多かった。

 

バスを待つ村人

 

また、ある青年海外協力隊OBは「日本は時間に正確すぎて、逆にムカつく」と話していたが、なんとなく気持ちはわかる。

パナマなら多少遅れてもだれも怒らないが、日本ではどんなことがあろうとも、時間に正確に行動しなければならないので、窮屈さを感じてしまう。

日本人は、小説モモの住民のように、時間に追われて生きている印象を受ける。

 

 

4.治安が良すぎる

日本の街中を歩いていると、男性は財布をズボンの後ろのポケットに入れて歩いている人が多い。

女性は貴重品が入っているであろうカバンを、道路側の肩に背負って歩いている。

日本人は、強盗やスリに襲われることを想定していない。

 

パナマではそもそも財布は持ち歩かず、小銭入れだけをズボンの前ポケットに入れて生活していた。

カバンは必ずリュックサックを使い、常に両手が空いた状態にして、なんらかのアクシデントがあっても対応できるようにしていた。

そして、道の反対側から歩いてくる人がいたら、必ず両手に拳銃などの武器を持っていないか確認していた。

 

パトロール中の警察官

 

しかし、日本では誰も危機管理を行っていないようだ。

夜道を女性が一人で歩く姿も目にする。

 

夜道

 

 

 

まとめ

日本へ帰国してから10日が経過したが、逆カルチャーショックを感じ、まだまだ日本になじめていない。

せっかくなので、外国人目線で見た日本を記録しておこうと思う。

 

関連記事

JICA駒ヶ根訓練所で青年海外協力隊の帰国報告を行ったら心の整理ができたけど勝手にダメ出しされた……

企業向けJICAボランティア帰国報告会&交流会では、帰国隊員が就活生に変わってしまった

JICAの進路開拓者向け帰国後研修に参加したら期待以上に楽しかったので、青年海外協力隊OBは絶対に参加しよう!

祝ニート卒業!青年海外協力隊から帰国して長野県高森町の桃農家でアルバイトをしています。

青年海外協力隊の任期が終了し日本へ帰国し、日本と自分の変化に苦しんでいる

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事