JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

TABI LABO・ギャップイヤー・JICA世界HOTアングルに寄稿した。

      2016/06/07


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寄稿記事

青年海外協力隊として中南米パナマ共和国に派遣されてから、13ヶ月が過ぎた。

青年海外協力隊の野菜栽培隊員として農業改善活動を行いながら、山奥の村で信州文化紹介をしたり、ホームステイ先の村でサッカーチームに入ったり、楽しいパナマ生活を送っている。

最近になって寄稿記事を頼まれるようになり、いくつかの団体に文章を寄稿した。

青年海外協力隊としての途上国でのボランティア経験を文章化し、多くの人に伝える機会を頂けることに非常に感謝している。

 

学生の頃から文章を書くことは好きだったので、寄稿記事を書くことは気分転換にもなっているし、自分の考えをまとめるきっかけにもなっている。

これまでに掲載された記事については、出来るだけfacebookやtwitterで紹介してきたが、今回はブログでまとめて紹介しようと思う。

 

以下の順番で紹介していく。

TABI LABO

ギャップイヤー推進機構協会

JICA世界HOTアングル

facebookページJICA広報室

青年海外協力隊・フィールド調査団

(予定)信州大学農学部同窓会報

 

TABI LABO・ギャップイヤー・JICA世界HOTアングルに寄稿した。

 

TABI LABO

TABI LABOとは

TABI LABO(旧:旅ラボ)とは、日本のバイラルメディアサイトである。

 

世界とつながる、MOVEする
TABI LABOは、世界とつながるネクストマガジンです。

引用:facebookページ TABI LABO

 

TABI LABOは2014年2月にローンチ後、およそ3ヶ月間で爆発的に成長し、月間120万UU/1000万PVを有するバイラルメディアになった。

さらにジャーナリスト・評論家である「佐々木俊尚さん」が、共同編集長を務めていることでも有名だ。

TABI LABOは共同代表の形を取っており、成瀬勇輝さんと久志尚太郎さんが運営している。

 

記事の寄稿依頼

記事の寄稿に関しては、成瀬さんからメールで連絡を頂いた。

ぼくがJIBURi.comにアップした「ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。」という投稿を、タビラボにも寄稿して欲しいという依頼だった。

P8030195_1705

この記事は100万回以上アクセスされており、facebookのいいね!の数も79,000回以上あったので、簡単にページビュー数を稼ぐためにバイラルメディアが目を付けたことはすぐにわかった。

しかも、寄稿の条件に関して「記事の構成・写真を変更したい」という申し出があり、とても驚いた。

それではもはや「寄稿」とは呼ばないと思ったからだ。

しかし、タビラボは好きなサイトだったので、承諾した。

 

記事の掲載

実際に掲載された記事を見てみると、白人の青年と黒人の男性がボランティアのイメージ写真として使われており、現実とのあまりの違いに違和感を覚えた。

 

ボクのおとうさんは、「ボランティア」というやつに殺された。その社会貢献、正しいですか? | TABI LABO
http://tabi-labo.com/7068/volunteer/

 

 

タビラボのサイトに記事が掲載後は、twitterでキュレーターとしても活躍する佐々木俊尚さんに紹介して頂き、256回リツイートされたおかげで、爆発的にJIBURi.comのアクセス数が急増した。

佐々木俊尚さんに取り上げて頂いたのは嬉しかったが、自分の記事ではないような変更を受けたので、これからは記事の寄稿を受けるときには事前に検討しようと思った。

 

ギャップイヤー

日本ギャップイヤー推進機構協会とは

一般社団法人 日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)へも寄稿記事を書かせて頂いた。

JAGPとは、日本の学生を対象にギャップイヤーの推進を行っている団体である。

これまでに何人かの青年海外協力隊が記事を寄稿している。

2年間日本を離れ、発展途上国でボランティア活動を行う青年海外協力隊も「ギャップイヤーの一種」として捉えられているようだ。

 

記事の依頼

記事の依頼は他国で活動中の青年海外協力隊員から、JGAPの代表砂田薫さんを紹介して頂き、ギャップイヤーに関する寄稿依頼を頂いた。

ぼくは青年海外協力隊に参加する前から、日本ギャップイヤーさんのサイトを見て、寄稿者の記事を読んでいたので、この依頼にもすぐに了承した。

 

記事の執筆

ただし、記事を書こうとすると悩んだ。

アメリカのブラウン大学に留学中の小谷篤信さんが書いた文章「人生よ、ドラマチックであれ。」があまりにも素晴らしすぎて、「ぼくにはこんな文章は書けない…」とビビってしまったのだ。

まだ読んでいない人がいたら、ぜひ読んで欲しい。

参照:「人生よ、ドラマチックであれ。」小谷篤信さん|JGAP

 

それでも、「新卒で青年海外協力隊に参加したぼくだから書ける言葉もあるはずだ」と思い、なんとか書き上げた。

執筆の依頼を受けてから、一ヶ月以上経っていた。

P8120101_1703

悩みに悩んだ記事のタイトルは、「これから青年海外協力隊を目指す学生たちへ」

文章の書き方は、「過去のジブンへの手紙」という形にした。

No.175: 「これから青年海外協力隊を目指す学生たちへ」(宮﨑大輔さん、パナマ共和国派遣)-エッセイ集 フロンティア・フォーラム
http://japangap.jp/essay/2014/07/post-80.html

 

「大学つまんねー」と思っている大学生にぜひ読んでもらいたい。

 

JICA世界HOTアングル

JICA世界HOTアングルとは

ある日、JICA事務所の業務調整員の方から連絡があった。

「JICAの世界HOTアングルに記事を寄稿してもらえませんか?」

 

JICA世界HOTアングルとは、独立行政法人 国際協力機構JICAが運営する途上国150ヶ国の情報を集めた「JICA途上国情報サイト」である。

JICAボランティアである青年海外協力隊やシニア海外協力隊以外にも、企画調整員や専門家も記事を寄稿している。

さすが運営が日本の国際協力を一手に担うJICAだけあり、寄稿元は【アジア・大洋州・中南米・アフリカ・中東・欧州】と全世界から記事を集めている。

 

記事の寄稿

寄稿の依頼内容は、①派遣国の伝統文化に関する記事か、②活動に関する記事のどちらか自由に選べるということだったので、ぼくは①と②をミックスさせ「伝統文化に関係する活動の記事」を書くことにした。

P3100149_1254

そして、伝統的な農業である焼畑農業と野菜栽培の普及活動の関係を紹介する「村人に農業技術を教える前にすべきこと」というタイトルの記事が完成した。

村人に農業技術を教える前にすべきこと – 世界HOTアングル
http://www2.jica.go.jp/hotangle/america/panama/001214.html

 

 

この記事は、JICAパナマのホームページにも掲載されている。

 

facecbookページJICA広報室

JICA広報室とは

今週になって、業務調整員さんからまた連絡があった。

「宮﨑さんの記事が、facebookページにも掲載されました」

 

添付されたリンクをクリックすると、世界HOTアングルに掲載した記事が、facebookページJICA広報室で紹介されていた。

そもそも国際協力機構に「JICA広報室」という部署があることも知らなかったが、どうやらJICAの中で広報活動を取り仕切っている場所らしい。

 

WS000198_2067

参照:facebookページJICA広報室

 

facebookページを見てみると、「紹介文」と共にぼくが世界HOTアングルに寄稿した記事がシェアされていた。

 

ぼくはその紹介文のあまりの美しさに、思わず息をのんだ。

 

さすが、広報室を取り仕切っているJICA広報室の方である。

いやもしくは、この紹介文を書いたのはプロのライターなのだろうか…。

どちらでもよい、ぼくはとにかくこの紹介文をたくさんの人に紹介したい!

ということで、ここに引用させて頂く。

 

【村人に農業技術を教える前にすべきこと】

北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境に位置するパナマ共和国。

農業技術を教えるためにパナマに赴任したものの、肥料の作り方をいくら教えても、自分たちだけでは肥料を作ろうとしない現地の村人たち…。

なぜ作ろうとしないのか。その理由を調べてみたところ…。そこには意外な理由がありました。

相手に理解してもらうには、まず相手を理解することから。

まずは村人を理解することに徹してから、農業技術を伝えよう。

そんな学びを得た、青年海外協力隊員からのレポートです。

引用:facebookページJICA広報室

 

思わずクリックして読みたくなるし、美しい文章ではないだろうか?

こんな素晴らしい紹介をして頂いて、嬉しくなった。

 

青年海外協力隊フィールド調査団

青年海外協力隊フィールド調査団とは

青年海外協力隊フィールド調査団の説明は、最近7,000文字を超える長いエントリーを書いたので、そちらを読んでもらいたい。

参照:青年海外協力隊のすべての職種にフィールド調査団を勧める7つの理由|JIBURi.com

 

最終報告書のダウンロード

記事の寄稿ではないが、ぼくが半年間活動して作成したフィールド調査団の「最終報告書」が公式サイトのデータベースにアップされている。

WS000170_1803

興味がある人は、ぜひ以下のリンクからダウンロードして欲しい。

ファイルはPDFで形式で、最終報告書のタイトルは「栄養改善のための袋栽培と野菜ビジネス」である。

栄養改善のための袋栽培と野菜ビジネス | 青年海外協力隊・フィールド調査団
http://jocvmrdb.phpapps.jp/?p=342

 

 

 

(予定)信州大学農学部同窓会報ゆりのき通信

信州大学農学部同窓会報ゆりのき通信とは

ぼくは大学院を卒業後にすぐに青年海外協力隊に参加してしまったので、母校である信州大学農学部の同窓会報の存在を知らない。

しかし、青年海外協力隊の活動紹介に関する記事の寄稿を依頼され、ちょうど今執筆中である。

母校のOB・OGの皆さんが読むと思うので、彼らに届けたい文章を書いているところだ。

 

まとめ

以下の団体に記事を寄稿した、もしくは寄稿予定である。

TABI LABO

ギャップイヤー推進機構協会

JICA世界HOTアングル

facebookページJICA広報室

青年海外協力隊・フィールド調査団

(予定)信州大学農学部同窓会報

 

これからも寄稿記事の依頼は受け付けます。

ご連絡はfacebookか、このブログまでお願いします。

 

合わせて読むと役立つかも!?

DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの?
海外で働きたいなら英会話能力は必須!DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられます。今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ。

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事BEST10

ジャイカボランティア青年海外協力隊の実態10例!自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難・病気・事故
ジャイカボランティア青年海外協力隊の実態10例!自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難・病気・事故
青年海外協力隊の給料と生活費をぶっちゃけます!ボランティア派遣16ヶ月目のぼくが未だにJICAの現地業務費を一度も申請していない理由
青年海外協力隊の給料と生活費をぶっちゃけます!ボランティア派遣16ヶ月目のぼくが未だにJICAの現地業務費を一度も申請していない理由
青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する
青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する
現役JICAボランティアが教える!青年海外協力隊のよくある7つの誤解「給料はない?実は204万円以上の就職準備金(国内積立金)がもらえる!」
現役JICAボランティアが教える!青年海外協力隊のよくある7つの誤解「給料はない?実は204万円以上の就職準備金(国内積立金)がもらえる!」
こんな人はJICAボランティアになるな!帰国直前だからわかる青年海外協力隊に向いていない人の3つの特徴
こんな人はJICAボランティアになるな!帰国直前だからわかる青年海外協力隊に向いていない人の3つの特徴
青年海外協力隊の恋愛ぶっちゃけます!JICA訓練所で恋人カップルが生まれる駒ヶ根マジックがおきる5つの理由
青年海外協力隊の恋愛ぶっちゃけます!JICA訓練所で恋人カップルが生まれる駒ヶ根マジックがおきる5つの理由
「正義の反対は別の正義」ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。【青年海外協力隊からのメッセージ】
「正義の反対は別の正義」ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。【青年海外協力隊からのメッセージ】
長崎県川棚市の超能力喫茶店アンデルセンで起きたマジック!もしかしたら僕の運命は超能力者に曲げられたのかもしれない。
長崎県川棚市の超能力喫茶店アンデルセンで起きたマジック!もしかしたら僕の運命は超能力者に曲げられたのかもしれない。
合格率50%以下の難関テスト!青年海外協力隊の二次試験の人物判定面接で、JICA試験官(精神鑑定士)から受けた忘れられない質問
合格率50%以下の難関テスト!青年海外協力隊の二次試験の人物判定面接で、JICA試験官(精神鑑定士)から受けた忘れられない質問
現役ボランティアが教える!青年海外協力隊におすすめする79個の持ち物リストとパソコン・スマホ情報
現役ボランティアが教える!青年海外協力隊におすすめする79個の持ち物リストとパソコン・スマホ情報

  同じカテゴリの記事