JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

【募集】ブログ「JIBURi.com」で青年海外協力隊からの寄稿記事を受け付けます。

      2016/01/06


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを訪問している人の国183ヶ国

ブログ「JIBURi.com」で青年海外協力隊からの寄稿記事を受け付けることにした。

2012年9月にこのブログを始めて以来ぼくが一人で書き続けていたが、3年以上経ち方針を変えることにした。

そこで今回は、JIBURi.comで寄稿を募集することにした理由と募集内容を説明するので、興味がある人はぜひ連絡して頂きたい。

スポンサーリンク

 

 

 

 

ブログ運営方針を変更し、寄稿記事を募集する理由

まずは3年以上守り通してきた「執筆するのは、宮﨑だけ」というルールを破る理由を説明しよう。

1.日本のみなさんにもっと青年海外協力隊を知ってもらい

一番の目的は、日本のみなさんにもっと青年海外協力隊のことを知ってもらいたいからだ。

日本人ならだれでも青年海外協力隊という言葉を一度は耳にしたことがあると思うが、その制度の仕組みや活動内容、帰国後の進路を理解している人はほとんどいないのが現状だ。

おかげさまでこのブログは月に10万人以上の人に15万回以上読んで頂いているので、青年海外協力隊の知名度アップに一役買っていると自負している。

例えば、グーグルで「青年海外協力隊」と検索すればかなり上位に表示されるはずだ。

そのため、このブログには青年海外協力隊に興味を持った人が訪れるが、残念ながらぼくはすでに青年海外協力隊を卒業したので、これから先は青年海外協力隊に関する情報はあまりアップできない。

そこで、現役の青年海外協力隊のみなさんの力を借りて、これからも青年海外協力隊に興味がある人に青年海外協力隊の経験談や役立つ情報をお届けしたいのだ。

寄稿を受けつける一番の目的は、日本での青年海外協力隊の理解度を高めることである。

 

青年海外協力隊駒ヶ根訓練所

 

2.ブログを書いている青年海外協力隊を協力したい

二番目の目的は、ブログを書いている青年海外協力隊を協力したいからだ。

青年海外協力隊になったことをきっかけにしてブログを始める人は多いが、ブログの運営は初心者には難しくアクセス数を増やすことに苦労している人が多い。

ブログを書くことは面倒くさい作業なので、読んでいる人が少ないと途中で書くのをやめてしまう人も多く、ぼくも心が折れそうになったことが何十回もあった。

ぼくの場合には、ひたすらメディア運営やSEO対策を勉強し実践することでアクセス数を15万PVまで上げることができたが、普通の協力隊員には難しいと思う。

そこで、ブログを運営している青年海外協力隊にブログJIBURi.comに記事を寄稿してもらい、その記事の中に「あなたのブログのリンク」を挿入することで、少しでもブログのアクセス数を上げることに貢献できるのではないかと考えた。

このブログには青年海外協力隊に興味を持った人が集まっているので、興味深い文章を書いてくれればあなたのブログも訪問し、その内容が気に入ればファンになってくれる可能性がある。

ブログを書いている青年海外協力隊に少しでも協力できればと思う。

 

 

3.編集の腕を磨きたい

三番目の理由は、ぼく自身が編集の腕を磨きたいからだ。

最近はLIGブログさん、THINK FUTUREさん、DMM.英会話ブログさんなどに記事を寄稿させて頂いていて、編集者の方から文章の修正を受けることでライターとして修業している。

編集者の能力に驚かされ、「ぼくももっと文章を書く力、文章の価値を高める力を身につけたい」と思うようになった。

そこで、青年海外協力隊の方から寄稿して頂いた文章を、よりわかりやすくみなさんへ届けるためにぼくが編集者として文章の価値を高めたい。

寄稿を受け付けることは、ぼくの修行の機会にもなるのだ。

 

タバコン温泉の川

 

 

寄稿ライターの募集内容

ここからは、寄稿を受け付ける条件について説明する。

1.執筆の条件

執筆の条件は以下の通りだ。

これから始めるプロジェクトなので、まだしっかり決まっていないが少しずつ対応していきたい。

寄稿の頻度については、できれば継続的に記事を書いてもらいたいが、一回限りでも構わない。

ライターの条件

・現役の青年海外協力隊

・ブログを運営している(ブログサービスはWordpress、はてな、アメブロ、FC2、livedoorなど何でもOK)

 

執筆の条件

・JICAの規則に基づき、報酬はなし

・記事の権利はJIBURi.com、写真の権利は撮影者

 

出稿方法

・文章はWordなどのファイルでメール添付

・写真は縦横の最長幅を655pixにして、zip形式でメール添付

 

 

2.記事について

記事については、以下のような条件でお願いしたい。

文章の内容

・一回目の寄稿は「自己紹介と職種に関係する活動報告」がおすすめ

・任地の生活、活動紹介、恋愛、国際協力についての考え、青年海外協力隊になったきっかけ、帰国後の進路希望など何でもいいですが、読んだ人に価値がある興味深い内容にしてください

・文章を書き始める前に、どんな内容にするのかメールで教えて下さい

 

記事の書き方

・文体などは自由

・ぼくが修正する場合もあります

 

ブログリンク

・あなたのブログのトップページのリンクや、個別記事のリンクを貼ってください

 

 

3.応募先

「JIBURi.comへ記事を寄稿したい!!」という人は、まずはその旨をお問い合わせよりメールしてください。

以下の内容を送って頂けると、助かります。

1.氏名

2.派遣国

3.職種

4.隊次

5.ブログのアドレス

6.どんなことを書きたいか

 

お花

 

まとめ

今回はブログJIBURi,comで青年海外協力隊からの記事寄稿を受け付けることにした理由と、その条件について説明した。

ご連絡をお待ちしております。

興味がある人は、こちらからメールください→ お問い合わせ

【追記】

さっそく、4名の隊員さんから申し込みを頂きました。

ありがとうございます。

 

応援メッセージを頂きました。

青年海外協力隊としてネパールで活動中のKeiさんが、今回の寄稿の取り組みに関してKeiさんのブログ「過去は変えられない。でも価値は変えられる。」の中で応援メッセージを書いて下さいました。

ぜひ、読んでみてください!

→ ブログ更新が続かない青年海外協力隊は伝説のOBブログに寄稿したら?

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事