JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

なんと、あの出木杉くんが所長代理に就任!青年海外協力隊の配属先に変化が…

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整理整頓ができていない青年海外協力隊の配属先

カウンターパート出木杉くん

青年海外協力隊員には、「カウンターパート」と呼ばれる現地のパートナーがいる。

現地人に技術を伝えることで、隊員が帰国してからも現地人の力で継続的に活動を行うことがカウンターパート制の狙いだ。

青年海外協力隊のカウンターパート

そして、ぼくのカウンターパートは、「出木杉くん」という。

あだ名の由来は、デキ過ぎた人物だからだ。

出木杉くんのデキ過ぎエピソードは、以下の過去記事を読んでもらいたい。

参照:青年海外協力隊の新人隊員は、先輩隊員に恋をする。

 

青年海外協力隊の配属先

ぼくと出木杉くんは、パナマ国の農牧省カニャサス郡支所で働いている。

カニャサス郡支所とは、日本で言う「農業改良普及センターの地方出張所」だ。

働いている職員は6名と、規模は小さい。

職員の専門性レベルに関していうと、農業系の大学を卒業した職員は一人もいないが、所長は工学系の大学を卒業しており、カウンターパートは農業専門学校を卒業している。

同僚に農業の知識はないが、愉快な仲間たちだ。

 

超汚いカニャサス郡の農牧省事務所

カニャサス郡事務所の問題の一つが、事務所が超汚いことだ。

同僚たちは、整理整頓というものを知らないので、常に机の上に物が散乱している。

整理整頓ができていない青年海外協力隊の配属先

 

どれくらい汚いかというと、あまりにも汚すぎて書類の紛失が相次ぎ、町の上司が怒鳴り込んできたほどだ。

これだけ物が散乱しては、物がなくなっても見つからないだろう。

P9260082_443

またネズミもたくさん住んでいるので、仕事をしていると目の前をネズミが横切っていくし、子ネズミが大量に生まれていることもある。

 

青年海外協力隊が社会人の基礎を教えるべき

青年海外協力隊の仕事の一つに、仕事のやり方を教えることがある。

現地人に整理整頓や報連相、PDCAサイクルなど社会人としての基礎を教えることが、ゆくゆくは発展途上国の発展に役立つと言われている。

だから、ぼくも彼らに整理整頓を教えようとしたが、上手くいかなかった。

なぜなら、ぼくも整理整頓が超苦手だからだ。

 

整理整頓が苦手な青年海外協力隊

ホームステイ先のぼくの部屋は汚いので、ホストファミリーのママから「掃除をしろ!」と怒られている。

掃除が苦手だからだ。

だから、同僚たちにも整理整頓を教えることができなかった。

日本人なのに、不甲斐ない…。

 

配属先が超キレイになった

しかし、ぼくが山奥の集落での滞在から帰宅し、久しぶりに配属先に出勤すると、事務所が超キレイになっていた。

綺麗になった青年海外協力隊の配属先

 

見違えるほど、整理整頓が徹底されていた!

事務用品と出勤簿が揃った机

 

ずっと切れていた蛍光灯も新しいものに交換された。

交換された蛍光灯

 

 

そこには、同僚に掃除と整理整頓作業の指示を出す出木杉くんの姿があった。

事務用品をすべて集めて、今すぐに必要なものとそうでないものに分別していた。

お掃除中の配属先

 

 

カウンターパートが所長代理に就任

ぼくが山奥の集落に滞在している間に所長が二ヶ月間の休暇を取り、代わりにカウンターパートが所長代理に就任していた。

そして、出木杉くんが所長代理として任された仕事が、事務所の整理整頓。

出木杉くんの力で、事務所は超キレイになった。

 

パソコン机も新設されたので、事務作業も快適に行える。

新設されたパソコン机

 

ホワイトボードを使って仕事の計画を共有している。

ホワイトボードも使われている

 

さすがは出木杉くん!

ぼくも見習って、すぐに自分の部屋の掃除をした。

 

まとめ

カウンターパートが所長代理に就任した。

すると、超汚かった配属先の事務所が、すぐに超キレイになった。

カウンターパートを見習って、ぼくも整理整頓を覚えたい。

 

おすすめの記事

相棒が指を切断、プロジェクトが崩壊、ぼくは40度の熱で寝込んだ。

「日本に帰れ!」の一言がなかったら、今頃ぼくは日本に帰っていただろう。

「一年目は結果を求めるな!」は耳タコだったけど、それでもぼくが一年目に結果を求めた1つの理由。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事