JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

パナマシティおすすめ観光地!世界遺産カスコ・ビエホ(カスコ・アンティグオ)へ行く方法

      2016/11/10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カスコビエホのカテドラル

パナマシティの観光スポット

パナマ共和国は、中央アメリカの最南端に位置しており、「世界の十字路」といわれている。

パナマ共和国の首都はパナマシティであり、南北アメリカ大陸をつなぐ陸地として発達した。

また1914年にパナマ運河が完成してからは、太平洋と大西洋をつなげる「海運業の要所」ともなっている。

パナマ運河を通過する大型タンカー

 

パナマ運河は海運業の要所だけでなく、パナマを訪れた観光客にも人気の観光スポットとなっており、現在では観光業の要所でもある。

さらに、パナマの首都パナマシティにはパナマ運河だけでなく、古代遺跡パナマ・ビエホや旧市街カスコ・ビエホといった世界遺産が多くあり、パナマシティは実は観光都市でもある。

世界遺産に登録されている古代遺跡パナマ・ビエホに関しては、過去に記事を書いているので興味がある方にはぜひ読んでもらいたい。

 

パナマ・ビエホのカテドラル

参考:パナマシティ観光の名所スポット!世界遺産の古代遺跡パナマ・ビエホのおすすめの見所|JIBURi.com

 

パナマ・ビエホには「青年海外協力隊・パナマ派遣・野菜栽培・趣味が写真撮影」という共通点が多い同期隊員と一緒に、休日を利用して写真撮影を中心とした取材活動のために見学に行った。

今回のカスコ・ビエホにも、写真好きな同期隊員と一緒に休日を利用して写真撮影のために行ってきた。

カスコ・ビエホの紹介のために、彼が撮影した写真も一部使用させてもらっている。

カメラ隊員、ありがとう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

カスコ・ビエホ(カスコ・アンティグオ)の観光情報

カスコ・ビエホの観光に役立つ情報をまとめてみた。

「パナマシティの観光をしよう!」、「カスコ・ビエホに行ってみたい!」という旅行者の方にぜひ読んでもらいたい。

 

カスコ・ビエホ? カスコ・アンティグオ?

旧市街の世界遺産に登録されている歴史的地区を、「カスコ・ビエホ(Casco viejo)」という。

ちなみにカスコとは「住宅地」という意味で、ビエホとは「古い」という意味である。

カスコアンティグオの案内図

 

最近では地区の名称をカスコ・ビエホから「カスコ・アンティグオ(Casco antiguo)」に変更したが、古くから使われているカスコ・ビエホという名称が未だに使用されている。

ちなみにアンティグオとは「古代の、古い」という意味で、ビエホと同じようなものである。

名称が変更になったが、現在でもタクシーやバスを使う時には、カスコ・ビエホでもカスコ・アンティグオでも通じる。

カスコ・ビエホはサン・フェリペ地区ともいわれ、スペインの植民地時代に機能していた町並みが残っている歴史的・文化的に重要な地区である。

 

 

 

 

カスコ・アンティグオへの行き方・交通手段

続いて、カスコ・アンティグオへの場所と行き方、交通手段をお教えしよう。

 

カスコ・アンティグオの場所

パナマの空の玄関口であるトクーメン国際空港から見ると、カスコ・アンティグオは南西にある。

また陸の玄関口であるアルブルック・バスターミナルから見ると、カスコ・アンティグオは南東にある。

トクーメン空港に到着した旅行者も、まずは市内を走るメトロバスの始発場所であるアルブルック・バスターミナルに行くことになるだろう。

 

 

カスコ・アンティグオへの行き方

カスコ・アンティグオへの交通手段は「3パターン」ある。

 (1)タクシー

とにかく早く、簡単にカスコ・アンティグオに行きたい場合は、タクシーを利用しよう。

新市街からは2ドルから3ドルほどで、カスコ・アンティグオに到着できる。

 

しかし、必ず登録されたタクシーを使い、くれぐれもタクシー強盗に気を付けてもらいたい。

パナマではタクシー強盗は、タクシー運転手が乗客を襲うことを意味しており、外国人観光客を狙った強盗事件が発生している。

タクシーを利用する前には、以下の記事を参考にして身の安全を確保してほしい。

P7300074_1954

参考:タクシー強盗が多発する中南米に旅行する人へ!治安が悪い海外の警察が勧める26対策|JIBURi.com

 

 

(2)メトロバス

安い値段で行きたい人は、パナマシティ市内を走るメトロバスを利用しよう。

アルブルック・バスターミナルでメトロカードを購入しチャージすれば、日本のスイカカードのように使える。

料金はどこまで乗っても、一回25セント(高速道路を使う区間は、別料金)。

 

メトロバスで行く場合には「シンコ・デ・マジョ(Cinco de Mayo)」という交差点付近で降りて、そこからカスコ・アンティグオまで歩いて行こう。

メトロバスとタクシー

 

 

(3)地下鉄

もう一つの選択肢は、今年完成したばかりのメトロ(地下鉄)を使うことだ。

メトロバスと同じようにメトロも、アルブルック・バスターミナルに始発駅がある。

バスと同様にメトロカードを使えば、一回35セントで簡単に乗り降りでき、おススメだ。

カスコ・ビエホへの降車駅は、シンコ・デ・マジョ。

メトロのホーム

参考:中米初のメトロ電車!パナマシティの地下鉄で鉄オタ(撮り鉄・乗り鉄)海外デビュー|JIBURi.com

 

 

安全上の注意点

ただし、カスコ・アンティグオ周辺を歩く際には、注意が必要である!

カスコ・アンティグオ地区と隣接した地区は、少年ゲリラ団のアジトになっており非常に治安が悪いのだ。

カスコ・アンティグオに来た土地勘がない外国人観光客が、道を誤って治安が悪い地区に迷い込み、強盗に襲われるという事件が発生している。

カスコ・アンティグオに行く前には、必ず地図で場所と経路を確認し、犯罪被害に遭わないようにくれぐれも注意してほしい。

 

 

 

 

Casco Viejoの美しい街並み

さて、ここからはカスコ・ビエホの美しい街並みを写真と共に紹介しよう。

 

カスコ・ビエホのビルに、美しいアートな壁画が描かれていた。

パナマシティで一番オシャレなエリアだと思う。

カスコビエホのビルの壁画

 

そのため、欧米や中南米からの外国人旅行者がツアーで見学していたり、パナマ人カップルがデートしている。

カスコアンティグオは外国人旅行者に人気の観光スポット

 

右上に見えるパナマ国旗は、「アンコンの丘」という場所に掲げられている巨大な国旗である。

カスコアンティグオから見たアンコンの丘

 

きれいな町並みで思わずスキップしたくなる。この写真はカメラ隊員撮影。

カスコビエホの教会へ

 

カスコ・ビエホは海岸があり、その向こうには新市街が見える(カメラ隊員撮影)。

カスコアンティグオの海岸とパナマ新市街

 

建物の中には歴史を感じる物も多く、レトロな雰囲気を作っている。

カスコアンティグオの家屋と犬

 

 

まるで、ヨーロッパのような町並である。

カスコビエホの町

 

 

今回のカスコ・ビエホの取材活動では、愛用のNikon・D5100と標準ズームレンズ、シグマの50mm単焦点レンズで撮影した。

カスコビエホとカメラマン

 

 

落書きまでなんか、洒落てる。

カスコビエホの落書き?アート?

 

 

しかし、暮らしている人もいるので生活感もある。

パナマのカスコビエホに暮らす人々

 

 

カメラ隊員!

パナマのカスコアンティグオとカメラマン

 

 

カラフルな旗で細い路地が飾られていた。

美しい観光地を意識したカスコアンティグオ

 

欧米人と一緒に写真撮影するカメラ隊員。

路地の奥には、海が見える。

パナマのカスコビエホの街並みとカメラマン

 

 

カスコ・ビエホは細い路地が多く、家にはテラスがある。

パナマ共和国のカスコアンティグオ

 

たぶん、偉い人たち。

カスコアンティグオのモニュメント

 

 

パナマ運河を越えるための「アメリカ橋」も見える。

カスコビエホから見たパナマ運河を通るアメリカ橋

 

 

これがカスコ・ビエホから見た、新市街。

まるで東京のような高層ビル群で、「ここは本当に発展途上国なのか!?」と疑問に思う。

カスコビエホから見たパナマの新市街

 

 

カスコ・ビエホには、パナマ運河博物館や国立劇場、文化人類学博物館、アフロアンティジャーノ博物館など、博物館系がたくさん建っている。

今回はどこも取材しなかった。

カスコアンティグオの博物館

 

カメラ隊員は大きなバックパックを背負っていた。

カスコビエホ歴史地区

 

 

「イチ!、ニー!、サン!、ヨン!」という威勢がよい日本語が聞こえてきたので、振り返ってみると、なんとカスコ・ビエホの路上で空手教室が開催されていた。

空手教室

 

 

カメラ隊員は空手教室には見向きもせず、カスコ・ビエホの建物の撮影に夢中になっていた。

街並みを撮影するカメラマン

 

 

カメラ隊員がこよなく愛する猫の写真。

のんびりする猫

 

 

カスコ・ビエホ周辺は治安が悪いこともあり、警察官が巡回していた。

カスコビエホ独立広場近くの町並

 

 

 

 

 

 

高い鐘楼が有名なサン・フランシスコ教会

国立劇場の前には、高い鐘楼が特徴的なサン・フランシスコ教会がある。

鐘楼に登ることもできるらしいので、ぜひ挑戦してみてほしい。

パナマの国立劇場とサンフランシスコ教会

 

鐘楼と青い空が美しい。

パナマ、カスコビエホのサンフランシスコ教会

 

教会の入り口に掘られたキリストの壁画。

教会に掘られた壁画

 

サン・フランシスコ教会の前にあるボリーバル広場の石像。

カスコビエホのボリーバル広場

 

 

 

 

 

 

教会遺跡

カスコ・ビエホはスペイン植民地時代の旧市街だけあって、わずかだが遺跡も残されている。

きれいな街を歩いていると、突然巨大な遺跡が現れたのでびっくりした。

カスコビエホの教会遺跡

 

 

この遺跡はもとは教会だったそうだ。

カスコアンティグオの教会遺跡

 

 

 

 

 

 

独立広場とカテドラル

カスコ・アンティグオの最大の見所は、カテドラル(大聖堂)である。

写真を見ればわかると思うが、超巨大!

パナマ・ビエホから鐘が移設されているらしい。

カスコビエホのカテドラル

 

 

「うわぁ~、でっかいなぁ」と田舎者オーラ全開でカテドラルを眺めていたら、おじさんに話しかけられた。

10分くらい世間話をすると、「じゃあ、金をくれ!」と言ってきた。

観光案内ツアーを勝手に始める人がいるので、気を付けよう!

客引きのおじさんとぼく

 

 

 

 

 

 

 

観光中の休憩にピッタリ!ジェラート屋

カスコ・アンティグオで観光中に歩き疲れたら人に、おススメの休憩スポットがこちら。

美味しい、美味しいアイスクリーム&シャーベット屋GOURMET。

カスコアンティグオのジェラート屋

 

 

店内には数十種類のアイスクリームとシャーベットが並べられている。

バニラ、チョコレート、ラムレーズンなどの定番の味から、パッションフルーツ&パイナップルなどの珍しいフレーバーまである。

値段は2、3ドルほど。

カスコビエホのジェラート屋

 

 

 

 

 

 

 

高級ゲイシャコーヒーが飲める・買えるお店

「ちょっと、コーヒーでも一杯飲みたいな……」と感じたら、自家焙煎のコーヒーショップBaja equeに立ち寄りましょう。

カスコアンティグオのコーヒーショップ

 

スタバっぽいアメリカ風なカフェスタイルのお店。

コーヒーショップの店内

 

 

こちらのコーヒーショップでは、チリキ県で栽培されたパナマの高級コーヒー品種・ゲイシャを扱っている。

ゲイシャコーヒーは、日本のスターバックスが一杯2,000円で発売したことで有名だ。

店内には取引しているコーヒー農園の写真があり、働いている女性たちはノベ・ブグレという少数民族のインディヘナの方々と知った。

パナマのコーヒーゲイシャの生産農場の写真

 

 

店の奥には、コーヒー豆の焙煎機が置いてあり、ちょうど焙煎していた。

パナマのコーヒー焙煎機

 

 

せっかくなので、ゲイシャコーヒーを飲むことにした。

お値段は、一杯9ドル(およそ1,000円)。

パナマの高級コーヒー・ゲイシャの粉末

 

パナマのコーヒーコンテストで3位になった農場の豆を使っているらしい。

3位……って、微妙。

パナマのコーヒーコンテスト入賞

 

 

コーヒーショップのお姉さんがゲイシャについていろいろ説明してくれ、一杯ずつドリップしてくれた。

ただ、コーヒーのドリップのレベルは低かった。

コーヒーの抽出作業

 

こちらが一杯1,000円のパナマ産ゲイシャコーヒー!!

ちなみにパナマでは一般的にコーヒーは、一杯30円くらいで売られている。

ゲイシャコーヒーは、普通のコーヒーの33倍高い。

パナマのコーヒー・ゲイシャ

 

 

ゲイシャコーヒーとぼく(カメラ隊員撮影)。

ゲイシャコーヒーの香りは、とても良い。

味はとても酸味が効いていて、苦味がとても弱い(これはドリップの影響かも)。

カスコビエホのコーヒーショップでゲイシャを飲む

 

お土産用の焙煎コーヒー豆も販売されていた。

たしか、1パック25ドルくらい。

パナマコーヒー・ゲイシャのお土産

 

 

 

 

 

お土産を買うならココがおすすめ!フランス広場の民芸品店

カスコ・ビエホでお土産を買うなら、まずはフランス広場の民芸品店に行こう。

カスコアンティグオのお土産屋

 

道に沿って、たくさんの出店が並んでいる。

売られているのは、民族工芸品などすべてパナマのお土産だ。

カスコビエホの観光客向け民芸品店

 

 

「えぇ、それでは次がラスト・クエスションです」

まるで世界ふしぎ発見のリポーターになった気分(カメラ隊員撮影)。

カスコビエホの民芸品店通りをリポーター風に歩く

 

 

観光客と観光客を相手にする店員でにぎわっていた。

カスコアンティグオの観光客

 

 

まだお土産に悩んでいる方は、次のお店に行こう(カメラ隊員撮影)。

カスコアンティグオの民芸品店巡り

 

 

カスコ・アンティグオ内の路地には、お土産や民族工芸品を扱うお店が多い。

休日には路上にお店も並ぶ。

お洒落なお土産品店

 

 

ぼくの任地で見かけるお土産とは、クオリティが違う。

路上に並ぶお土産品

 

 

どれもお洒落で、ハイセンスだ。

日本人にも喜ばれそうである。

お土産用のカゴ

 

 

民族工芸品を扱う店はたくさんあるので、パナマのお土産を買うならカスコ・アンティグオで買おう!

お土産用のパナマハット

 

 

カスコ・ビエホの観光情報まとめ

カスコ・ビエホはパナマシティで一番の観光スポットだろう。

町並みはきれいだし、お土産のレベルも高い。

パナマシティを訪れた際には、ぜひカスコ・ビエホに行きましょう!

合わせて読むと役立つかも!?

おすすめホテル予約サイトランキング

ホテルは予約サイトを使った方が安く泊まれるので、おすすめの予約サイトをご紹介します。

1位 Expedia

最近ぼくが一番使っているのはExpediaです。

現地支払いできて安心

・毎日いずれかのホテルで特別割引セールをしている

・ ホテルを利用する度に7%割引コードがもらえる


2位 Agoda

Expediaで良いホテルが見つからなかった時は、Agodaでも探します。

・登録されているホテルの軒数が多い

マイルが貯まる

3位 Booking.com

ExpediaでもAgodaでも良いホテルが見つからなければ、Booking.comを使います。

お得な割引セールがある


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホを常に使いたいですよね?
一ヶ月以内の短期旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトの海外用ポケットWi-Fi」を持って行った方がお得で便利です。

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「パナマ」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事