JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事

長野県伊那市の珈琲専門店カフェコーデでは、落ち着いた雰囲気で本格的な中米パナマ産コーヒーが飲めるよ

      2016/02/04


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊那市のカフェコーデ

長野県伊那市の珈琲専門店カフェコーデ

長野県伊那市の珈琲専門店カフェコーデ(Cafe Coode)に、久しぶりに行って来た。

Cafe Coodeは世界中からコーヒー豆を仕入れており、本格的なコーヒーを楽しめる名店である。

ぼくが2年間暮らしていた中米パナマ共和国のコーヒー豆も取り扱っており、パナマコーヒーを飲むことができた。

そこで今回は、伊那市のコーヒー専門店カフェコーデの魅力を紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コーヒー豆販売&喫茶店Cafe Coode

コーヒー豆販売と喫茶店のCafe Coodeは長野県伊那市にあり、塩尻市にある三澤珈琲から独立したお店だ。

参考:塩尻市の三澤珈琲では本格コーヒーを200円でテイクアウトできる!

ホームページはこちら。

 

cafe coode

 

店舗は伊那市の天竜川の西側にあり、TSUTAYAの道の向かい側に建っているプレハブタイプの建物がカフェコーデだ。

 

初めて行く人はTSUTAYAを目指していけば、迷わないだろう。

店の前に駐車場もある。

 

伊那市のカフェコーデ

 

定休日は火曜日で、9時から19時までオープンしている。

 

珈琲専門店カフェコーデ

 

 

1階はコーヒー豆と器具の販売

店舗の1階ではコーヒー豆と器具の販売を行っている。

三澤珈琲と同じようにアフリカや中南米など世界中から厳選したコーヒー豆を販売していて、独自にブレンドしたブレンドコーヒーもいろんな種類を取り扱っている。

学生時代は研究室でデイリーブレンドを買って飲んでいて、たまに自分へのご褒美として特選ブレンドを飲んでいた。

特選ブレンドはめちゃくちゃ美味しいのでぜひ飲んで欲しい!

 

コーヒーの飲み比べ会

以前、コーヒーの飲み比べ会に参加したことがあり、その時の感動が今でも忘れられない。

世界中のコーヒーを飲み比べ、豆の焙煎程度を飲み比べ、ブレンドコーヒーを飲み比べたのだが、香りが味の違いを感じられて「こんなにもコーヒーは面白く奥が深いのか!?」と驚いた。

その影響もあり、パナマではコーヒー農園に2回も見学に行ったのだ。

参考:中米パナマ・ボケテ高原のレリダコーヒー農園の生産・加工・輸入・テイスティング方法

 

2階は喫茶店

カフェコーデさんの2階は喫茶店になっていて、世界中のコーヒーを飲むことができる。

全国チェーンのコメダ珈琲のように騒がしくないので、落ち着いて考え事やお話ができておすすめだ。

もちろん珈琲の味も素晴らしい。

 

メニューには豆の焙煎度合いも表示されているので、コーヒーの味の目安になる。

 

焙煎度合の説明

 

カフェコーデさんでは、パナマ産のコーヒー豆も扱っている。

たしか以前はカルメン農園の豆を扱っていたと記憶しているが、今はハートマン農園の豆を扱っている。

品種名は「伝統的な」という意味のティピカ。

精製方法は、果実から種を採り出して粘り気を水で洗い落してから乾燥させたフルウォッシュ。

標高は1500mなので、低い土地で育てられているコーヒーだ。

 

パナマのハートマン農園

 

こちらがパナマ産のコーヒー。

かわいいソーサーとカップで出てきた。

 

カフェコーデのパナマコーヒー

 

コーヒーのいい香りがしている。

飲んでみるとあっさりとした苦味と爽やかな酸味がして、とても美味しかった。

伊那市でもパナマ産コーヒーが飲めるなんて嬉しいし、パナマ人に教えてあげたい。

 

パナマ産コーヒー

 

ソーサーとカップの美しさも素晴らしい。

こういう細部でこそ、日本クオリティを感じる。

 

カップが綺麗

 

 

まとめ

長野県伊那市のカフェコーデさんでは、1階では世界各地のコーヒー豆とブレンドコーヒーを買えるし、2階では綺麗なカップで美味しいコーヒーが飲める。

パナマ産コーヒーが飲める貴重なお店なので、ぜひ行ってみてほしい!

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事