JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

青年海外協力隊から帰国して最初に会った人は、なんと○○さんだった!?

      2015/08/13


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成田空港で記念撮影

日本帰国後に最初にあった人は、○○さん!

2015年6月30日に青年海外協力隊の任期を終えて、ぼくは日本へ帰国した。

成田空港へ降り立ったのは午後2時。

普通の隊員は成田空港で2年ぶりに家族に会って再会を喜んだり、空港内のお寿司屋さんでお寿司を食べて狂喜乱舞する。

疲れていればホテルへ直行して、長旅の疲れを癒す人も多いだろう。

 

しかし、ぼくは入国審査が終了すると同時に、家族(来てないけど)やお寿司には目もくれず、ダッシュで新宿へ向かった。

それは、ある人物に会うためだった。

 

青年海外協力隊から帰国直後に、いったい誰に? そして、なぜ会ったのか?

今回はぼくの帰国直後の行動の謎を説明しよう。

 

スポンサーリンク

 

 

パナマ→ニューヨーク→成田→新宿へダッシュ

パナマを出国したのは2015年6月28日の朝。

パナマの空港を飛び立つ

 

ニューヨークへ着いたのは、6月28日の午後。

ニューヨークで記念撮影

 

成田空港へ着いたのは、6月30日の午後2時。

成田空港で記念撮影

 

そして、ある人物との新宿アルタ前での待ち合わせは、午後4時だった。

そのため、成田空港の入国審査を終えると、ダッシュで成田スカイライナーに乗り込み、新宿を目指した。

成田空港から東京に向かうまでの車窓の景色は、水田と日本家屋が多く、「うぉぉぉぉおぉぉぉおぉおー、日本に帰ってきたぞー!」と帰国を実感した。

 

新宿は大都会だけれども、パナマの首都やニューヨークとさほど変わらないので、特別な感動はなかった。

ただし、ナンパしている兄ちゃんがたくさんいて驚いた。

そして、アルタ前で待っていると、ついにあの人と会うことができた!!

新宿

 

 

 

ネパールへコミュニティ開発で派遣されるKeiさん

新宿で待ち合わせしていた相手は、青年海外協力隊・平成27年度一次隊でコミュニティ開発隊員として、ネパールへ派遣されるKeiさん。

彼は、過去は変えられない。価値は変えられる。というブログを運営している。

Keiさんとは面識はなかったが、ブログ上やTwitter上で交流があり、ぜひ一度お会いしてみたかったのだ!

参考:今から見逃せない!これから青年海外協力隊に派遣される平成27年度隊次の候補生ブログ3選

 

しかし、ぼくが日本へ帰国するのが6月30日で、Keiさんが日本を出国するのが7月1日だったので、会えるとすればぼくが日本へ帰国した直後しかチャンスがなかった。

そこで、弾丸日程でお会いして頂くことになった。

これから派遣される隊員と交流する貴重な機会になった。

 

新宿でKeiさんと

(Keiさんの写真を使いました)

 

 

 

帰国した隊員と出国する隊員のお喋りは超楽しい!

パナマから一緒に帰国した同期隊員も同席し、3名でお話をした。

2年間の活動を終えた2名のボランティアと、これから2年間の活動へ出発するボランティアが交流する機会はなかなかないので、とても楽しい時間だった。

JICAの話や、ボランティア活動の話、任地での生活の話、ブログの話など、いろんな話をした。

青年海外協力隊を経験したからこそできる話もあったと思うし、逆にこれから青年海外協力隊に参加するからこそ聞ける話もあった。

これからKeiさんがどんな生活をして、どんな活動をするのかとても楽しみである。

 

 

 

青年海外協力隊ブロガーのバトンタッチ!

Keiさんのネパールでの活躍は、ブログを通して知ることができるだろう。

ぼくは青年海外協力隊の活動を2年間ブログで発信し続けたが、Keiさんはすでにぼく以上に有益で面白い情報を発信している。

これからはぼくのブログは青年海外協力隊ネタが減るので、青年海外協力隊の活動に興味がある人は、ぜひKeiさんのブログをチェックして欲しい。

参考:過去は変えられない。価値は変えられる。

 

また、今回の出逢いについても、Keiさんのブログで紹介して頂いている。

参考:ブログJIBURI.comの青年海外協力隊・宮崎大輔さんにお会いした話|過去は変えられない。価値は変えられる。

会う前はぼくは怖そうなイメージだったらしいけど、会ってみると意外と優しい印象だと驚いていた。

意外とぼくは「ゆるふあ癒し系」です(笑)

 

 

 

 

まとめ

青年海外協力隊から帰国直後に最初にあった人は、初対面の青年海外協力隊ブロガーだった。

ぼくは意外と優しいオーラが出ているので、会ってみたいという方はご連絡ください。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事