JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「その他」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

ブレんなよ!…が好きだ。軸がブレないかっこいい男になる方法

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイドードリンコの「ブレんなよ!CM」

缶コーヒーメーカーであるダイドードリンコのCM用に「ブレんなよ!」というキャッチコピーがあった。

僕はブレンドコーヒーが好きだ。

ダイドードリンコはブレンドコーヒーに特化しているメーカーだけに「ブレんなよ!」という訳だ。

以前は自動販売機やテレビCMでよく流れていた。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

ブレる人間とはどういう奴のことか?

そもそも「ブレる」とは、自分の哲学を持たず、言動に一貫性がなく、軸を持っていない状態と定義できる。

例えば、AKB商法を批判するくせに握手会に行っちゃう奴だ。

 

そして、一般的に < ブレる男=カッコ悪い > と考えられている。

僕もブレる男はカッコ悪いと考え、「ブレない男」を目指していた。

 

自分の哲学を持ち、言動に一貫性を持たせることを意識し、自分の軸を作ろうと考えていた。

 

ある日、ブレない男と出逢った。

そんなある日、僕はブレない男と出逢った。

自分の哲学を持ち、言動に一貫性があり、軸を持っている男だった。

 

「超カッコいい!!僕も彼のようになりたい!!」と思い浅はかではあるが、さっそく「どうしたらブレない男になれますか?」と聞いてみた。

 

ブレない男になる方法

 

「ブレないことを目指してはいけない。たくさんブレてこそ、真にブレなくなる」

「折れた軸は少しずつ太くなる。軸が折れないようにしがみ付いていたら、いつまで経っても軸は太くならない」

 

彼はこんな話を熱く語ってくれた。

それ以来、僕は無理にブレない男を目指すことをやめた。

 

ブレて、ブレて、ブレて、そして「真にブレない男になろう」と決意した。

 

すでに自分が持っている能力・経験は関係なしに、今の自分が興味を持ったことには、どんなことにも挑戦するようになった。

 

彼と会ってから、僕はブレる男になったかもしれない。

でも振り返ってみると、意外といろんな出来事や考えが繋がっていることに気が付いた。

変わっていくことで、変わらないものが見えてきた気がする。

 

ブレない男になりたい。

当時、彼は25歳だった。

今、僕は24歳。

来年には彼のようなブレない男になっているだろうか…。

到底追いつけない気がするが、僕は早く彼に追いつきたい。

 

おしまい。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「その他」カテゴリの人気記事ランキング

まだデータがありません。

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【有料コンテンツ】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

2017年11月〜2018年1月 現在は西ヨーロッパで撮影中です

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事