JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

【ご報告】来月から南米ベネズエラのペモン族集落とボリビアのウユニ塩湖で働きます

      2016/01/08


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来月から南米ベネズエラのペモン族集落とウユニ塩湖で働きます。

2015年9月23日に日本を出国し、南米ベネズエラのペモン族集落とボリビアのウユニ塩湖で働くことになった。

ベネズエラでは、エンジェルホールがあるギアナ高地に住む「ペモン族」という先住民族の集落に二ヶ月ほど滞在し、農村調査を行う。

ボリビアでは、絶景スポットとして有名なウユニ塩湖に四ヶ月間住み、「コンポストトイレの設置」などの環境問題の解決に取り組む。

青年海外協力隊の帰国後の進路はあまり知られていないし、ぼく自身も周囲の人から「帰国してからの進路はどうするの?」と質問を受けることが増えてきたので、今回は今後の進路をご説明しよう。

※今月末までは、長野市で働く予定

参考:【ご報告】今月末まで長野市のコワーキングスペースCreeksとゲストハウス1166で働きます

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

ベネズエラのエンジェルホールでペモン族の調査を行う

9月23日に日本を出国し、メキシコ経由で南米ベネズエラに向かう。

1.南米の社会主義国ベネズエラ

ベネズエラは、南アメリカ北部にある社会主義の国である。

 

ベネズエラの著名人といえば、強烈なリーダーシップで反米社会を築き上げたチャベス元大統領(2013年に死去)が有名だ。

それと、ベネズエラ女性は美しい顔とプロポーションを持っていて、美女大国としても有名!!

参考:【保存版】ベネズエラの美女図鑑【世界一美人が多い国】

 

しかし、ベネズエラは治安が悪いと聞いたので不安になり、ベネズエラで活動していた青年海外協力隊の方に治安について尋ねてみると、こんなお返事を頂いた。

国際空港に着いたら一歩も外へ出てはいけないよ、だってベネズエラは「北斗の拳の世界」そのままだから……

 

ユーアー、ショック!!!!

ベネズエラは治安が本当に悪いそうなので、強盗、殺人、誘拐、レイプなどの被害に遭わないように気を付けたい。

しかも、警察官も腐っていて賄賂の要求がひどいらしい。

 

 

2.ギアナ高地のエンジェルホール

ベネズエラの中でも、ギアナ高地の奥地で生活をする予定だ。

ギアナ高地のロライマ山は、アーサー・コナン・ドイルの小説『失われた世界』の舞台にもなった。

地球が誕生した時代の大自然が残っているので、大人気観光地になっている。

 

ギアナ高地はテレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、イモトさんが野宿をした場所である。

山頂に登るためにはヘリコプターが必要らしいが、中腹からドローンを飛ばして空中撮影をしたい!

 

 

ギアナ高地には、「エンジェルホール」という世界最大の落差の滝がある。

落差がありすぎて、地面に着く頃には水が「霧」になって消えるらしいので、修行したくても滝行ができない。

By: Inti

 

 

 

3.ペモン族

ギアナ高地があるカナイマという地域には、「ペモン族」という少数民族が生活している。

顔立ちはどこかアジア人っぽく、モンゴロイド系由来ともいわれている。

最近では洋服を着ているが、伝統的な風習では裸でペイントをして生活しており、顔に植物の棒を指していて、まさにジャングルに暮らす少数民族という風貌である。

 

 

ベネズエラは社会主義国なので貧富の差は小さいらしいが、ペモン族が暮らしている地域では「鉱山採掘による環境問題」が発生しているそうだ。

ベネズエラの問題については、「ベネズエラで起きていること」というブログが詳しい。

こちらは、ペモン族が暮らしているカナイマで起きている問題についての動画。

 

この環境問題の関係で日本企業からの依頼を受けて、二ヶ月ほどペモン族の集落に泊まり込み、農村調査を行うことになった。

というわけで9月から11月までは、ベネズエラのギアナ高地に住むペモン族の集落で、彼らと一緒に生活しながら農村調査を行う予定である。

By: Pedro

 

 

 

 

 

ボリビアのウユニ塩湖で環境問題に取り組む

11月以降にベネズエラを出発し、コロンビア、エクアドル、ペルーを通過して、ボリビアまで移動する。

 1.ラテンアメリカ最貧国のボリビア

ボリビアは、南アメリカの中央部に位置する多民族国家である。

天然資源は豊富に持っているが、経済的には発展しておらず「ラテンアメリカの最貧国」と言われている。

 

 

2.絶景鏡張りのウユニ塩湖

ボリビアといえば、「ウユニ塩湖」が有名。

日本人旅行者には「鏡張り」がとにかく人気で、雨季の1月から3月は日本人がウユニ塩湖を占拠しているそうだ。

 

鏡張りのウユニ塩湖は、確かに死ぬまでに一回は観たい景色だ。

 

 

最近ではイケてる旅行会社TABIPPOにより、ウユニ塩湖に関係する本が出版されている。

 

乾季には水が干上がり、塩だけの世界が広がる。

欧米人には鏡張りの景色よりも、干上がった塩だけの景色や塩でできたホテルが人気だそうだ。

 

 

ウユニ塩湖には塩しかなく邪魔な背景がないので、簡単に面白いトリックアートができる!

一眼レフを使って面白い写真をたくさん撮影したいし、魚眼レンズを使って星空も撮影したい。

 

 

 

3.ウユニ塩湖の環境問題

しかし、絶景観光地のウユニ塩湖では環境問題が起きている。

ウユニ塩湖が危ない!プラスティックガソリン導入プロジェクト

例えば、Ready forというクラウドファンディングサイトでは、Projecto Yosiの本間賢人さんによる 「ウユニ塩湖が危ない!プラスティックガソリン導入プロジェクト」が公開されている。

ガイドという仕事を行う中で、各観光地が抱える問題を目にしてきました。
ウユニ塩湖では観光客増大による景観の汚染、そして現地住民の生活環境が
悪化しています。

ウユニ塩湖はボリビア最大の観光資源であり、現地住民の生活の糧、そして
各国の旅行社を魅了する、壮大な世界を持っています。

そんなウユニ塩湖の美しさを、そして現地住民の生活環境を守る為、油化装置を購入する必要があります。この美しい景色を守るのに、皆様のお力をお貸しください!

(略)

各個人が持ちえるアイデアを現地と共有することによって、ウユニ塩湖を守り、そして現地住民へ大きく還元できると信じています。

ウユニ塩湖に革命を起こしたいと思っています。
どうか、皆様の温かいご支援よろしくお願いします。

本間賢人

引用:ウユニ塩湖が危ない!プラスティックガソリン導入プロジェクト

 

 

トイレがないことによる観光客の不満と環境汚染

もう一つの問題は、ウユニ塩湖にトイレがないことだ。

ウユニ塩湖にはトイレがないので、観光客の糞尿は塩湖に垂れ流されている。

日本人旅行者はトイレがないことに不満をもらし、塩湖は日本人旅行者の糞尿で汚染され始めている。

 

そこで、ぼくは青年海外協力隊OB2名と協力し、ボリビアで手に入る材料で「コンポストトイレ」を開発し、ウユニ塩湖に設置することを目指している。

コンポストトイレとは微生物の働きにより人間の糞尿を堆肥化するトイレのことで、日本では富士山山頂や屋久島などの環境保護区に設置されている。

「だったら、日本のコンポストトイレをウユニ塩湖に設置すればいいのでは?」と考える人もいるかもしれないが、それは国際協力の典型的な失敗例だ。

先進国の技術をそのまま途上国に持ち込むことは「技術移転の失敗」を招くことを青年海外協力隊の経験で学んだので、自分たちの力でボリビアに適したコンポストトイレを開発するつもりだ。

 

 

このようにウユニ塩湖にコンポストトイレを設置することで、ウユニ塩湖の観光資源としての価値を高め、かつ環境汚染を未然に防ぐことを目指している。

この活動のために2015年12月から2016年3月までの四ヶ月間、ウユニ塩湖に滞在する。

 

 

 

 

まとめ

2015年9月23日に日本を出国し、南米ベネズエラのエンジェルホールとボリビアのウユニ塩湖で働くことになった。

ベネズエラでは、エンジェルホールがあるギアナ高地に住む「ペモン族」という少数民族の集落に二ヶ月ほど滞在し、農村調査を行う。

ボリビアでは、絶景スポットとして有名なウユニ塩湖に四ヶ月間住み、「コンポストトイレの設置」などの環境問題の解決に取り組む。

 

南米での活動を応援してくれる方へ

Amazonで宮﨑大輔のほしいものリストを公開しています(ほしいものリストとはAmazonを通して、他人にプレゼントができる仕組みです)。

→ 宮崎大輔のほしいものリスト

リスト内の商品は南米での活動のために使いますので、「南米での活動を支援したい!」という方はリストからお好きな商品を選び、ショッピングカートに入れてお送りください。

8月28日がぼくの27回目の誕生日なので、誕生日プレゼントとしてもお待ちしてます!

【今だけ】ホテルの宿泊料が2,000円引き!

朗報です、ホテル予約サイトBooking.comが特別セールを始めました!

今だけ、ホテルに宿泊すると2,000円分の特典がもらえます。

ぼくもさっそく沖縄旅行のホテルを一泊予約して、実質2,000円割引で宿泊できることになりました!

2,000円引きになるのは、この下のリンクからだけなので、ぜひお得に宿泊してください。

→ Booking.comの2,000円割引を受け取る

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事