JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「ライフハック」カテゴリの人気記事

Amazonのほしい物リストを公開したら3つもプレゼントが届いた!ヨウさんありがとうございます

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3つのプレゼント

Amazonのほしい物リストを公開したら3つもプレゼントが届いた!

南米のプロジェクトのためにAmazonのほしい物リストを公開したところ、これまでにヘッドライト、SDカード、バッテリーグリップ、ソーラーチャージャー、万能充電器、GoProをプレゼントして頂いた。

「この世界には心優しい人がこんなにもたくさんいるのか!」と感動していたのだが、さらにヨウさん(@yodroid)から、一度に3つもプレゼントを頂いた!

ヨウさん、ありがとうございます!!

そこで今回は、ヨウさんから頂いたプレゼントを紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

Amazonのほしい物リストを公開しています

今月の23日からメキシコ経由で、南米ベネズエラへ入国し、ボリビアまで移動する。

ベネズエラのペモン族支援

ベネズエラではカナイマ国立公園内に住むペモン族という少数民族の村へ滞在し、彼らの伝統的な農法を調査し、農業指導を行う予定だ。

彼らの村では鉱山採掘が始まり、環境破壊が問題となっている。

その問題を根本から解決することは難しいが、何かしら手助けできることがあると思っている。

 

ボリビアのバイオトイレとコンポスト場建設

ボリビアでは世界一の絶景観光地ウユニ塩湖に、オリジナルのバイオトイレを設置する予定だ。

ウユニ塩湖は九州と同じくらいの広大な面積だが、その中にトイレは一つもなく、汚物が垂れ流し状態になっている。

そこで、環境汚染を未然に防ぐために、汚物を堆肥化できるバイオトイレを作成する。

さらに、ウユニ塩湖があるウユニ市はゴミの分別回収がされておらず、不法投棄されたゴミで景観を台無しにしている。

そこで、生ゴミを回収しコンポスト化し有機肥料を作成したい。

 

Amazonのほしい物リストで支援を募る

この活動を支援してくれている日本企業もあるが、それでも活動資金が不足しているので、Amazonのほしい物リストを公開し個人から支援を募っている。

応援はこちら→ Amazonの宮崎大輔のほしい物リスト

 

 

 

 

RESTARTLOGのヨウさんから3つもプレゼントを頂いた

これまでにもヘッドライトやGoProなどのプレゼントを頂いてきたが、今回はRESTARTLOGのヨウさんから3つもプレゼントを頂いた。

1.巨大なAmazonの段ボール箱が届いた

まず、家に巨大なAmazonの段ボール箱が届いて驚いた!

これは今までの段ボール箱よりもかなり大きい。

巨大なAmazonの段ボール箱

 

そして、段ボール箱の中身を見てみると、なんと3つものプレゼントが入っていた!

プレゼントには、ヨウさんからのメッセージもついていた。

ウユニ塩湖の写真を楽しみにしています。 ヨウ(@yodroid)

ヨウさん、素敵なプレゼントをありがとうございます!!!

3つのプレゼント

 

 

 

2.RESTARTLOGのヨウさんからのプレゼント

ヨウさんは、RESTARTLOGというメディアを運営されている。

「旅する生活」をモットーにしているので、高城剛さんやノマドライフに興味がある人はぜひ見て欲しい!

restartlog

例えば、海外旅行に関するお役立ち情報がわかりやすくまとめられている。

→ ひらくPCバッグで海外旅行はアリ?1年間使った感想・レビュー

→ バック一つの海外旅行が快適。荷物を減らす方法

→ 香港エクスプレスの機内持ち込み手荷物。バックパック42Lは持ち込める?

→ フィリピン語学留学「サウスピーク」の説明会に参加してきた感想

→ 台湾・台北旅行におすすめのホテルランキング!《当ブログ厳選!!》

 

ヨウさんから頂いたのは、3つのプレゼント。

リュック用の雨よけレインカバー、モバイルバッテリー、GoProの自撮り棒だ。

順番に紹介していこう。

 

 

3.リュック用の雨除けレインカバー

まずは、リュックサック用の雨よけレインカバー。

これがあれば雨が降ってもカバンが濡れる心配がないし、外からカバンの様子がわからないので防犯対策にもなる。

雨よけレインカバー

 

ぼくが普段使っているリュックサックは、中学一年生の頃から使っているもの。

物持ちはかなり良い方で、ひとつの物を長く使う癖がある。

容量はたぶん35リットルくらい。

リュックサック

 

雨よけレインカバーを広げると、このような形状になっている。

外側は黒色で内側はシルバー素材。

ゴムバンドが付いているので、カバンのサイズに合わせてフィットさせることが可能だ。

雨よけレインカバー

 

さきほどのリュックサックに装着すると、このようになる。

雨が降り出してもカバンの中身が濡れる心配がない。

南米のアマゾンは現在雨季で毎日ゲリラ豪雨状態なので、このような防水カバーが必須だ。

カバンの形状がわからないので、バスや電車内でスリやナイフでカバンを切って中身を盗まれる犯罪に遭う確立を下げることができる。

防水リュックカバー

 

長期の海外旅行に行く人には、ぜひおすすめしたいアイテムだ。

4.大容量22400mAh モバイルバッテリー3出力ポート

次は、大容量22400mAhモバイルバッテリー。

一般的なモバイルバッテリーのおよそ2倍から4倍の蓄電ができ、さらに出力ポートは3つもついている!

モバイルバッテリー

 

使い方は至って簡単でUSB接続から充電し、使用したいときにはその端末をつなげるだけ。

これに青年海外協力隊としてネパールで活躍しているKeiさんから頂いたソーラーチャージャーを接続して、太陽光発電の蓄電池として利用する予定だ。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したらネパールからプレゼントが届いた!Keiさんありがとうございます

22400mAhのモバイルバッテリー

 

このように側面に3つのUSBポートがついており、一度に3台まで同時充電が可能だ。

発展途上国では電気の供給が不安定な地域が多く、停電が頻繁に発生する。

そのため、もしものとき必要になるモバイルバッテリーの容量は大きめがおすすめだ。

3出力ポートのモバイルバッテリー

 

これだけの機能がついて、サイズは手のひらサイズ。

外付けハードディスクと同じくらいの小ささだ。

手のひらサイズのモバイルバッテリー

 

発展途上国で生活する人、バックパッカーはモバイルバッテリーをひとつ持っておくと、安心して移動ができる。

5.GoPro用の自撮り棒・3wayグリップ

最後に紹介するのは、GoPro用の3way自撮り棒。

GoProは長野市戸隠地域で活躍されている地域おこし協力隊の栗原さんに頂いたので、あとは自撮り棒が必要だった。

こちらがプレゼントして頂いた3つの使い方ができる自撮り棒。

3wayグリップ

 

箱にはアウトドアで使える様子が載っていた。

スノーボード、サーフィン、スカイダイビング、パラグライダー、登山などに使えるようだ。

3wayグリップの使い方

 

こちらが基本スタイルの自撮り棒。

折りたたむととても短くなり、持ち運びに便利だ。

3wayグリップ

 

GoProのグリップ

まずひとつめの使い方としては、グリップとして利用できる。

GoProの動画を撮影するときに、安定したグリップになる。

グリップアームを接続

 

こんな感じでグリップを握って撮影すれば、動画が安定するはずだ。

グリップアームを使う

 

グリップは太くて握りやすい。

街歩きに最適な撮影スタイルだ。

グリップアームを握る

 

 

GoProの自撮り棒

二番目の機能は、自撮り棒。

折りたたまれていたアームを伸ばすと、このような状態になる。

それぞれの間接部分はネジで固定できるので、安定して使える。

1000円くらいの安い自撮り棒だと間接部分がゆるゆるで動いてしまうが、これがしっかりした作りなので全然ずれない。

GoPro用の角度を変えられる自撮り棒

 

普通の自撮り棒はただ棒がまっすぐに伸びるだけだが、この自撮り棒は折り畳み式なのでアームに角度をつけることができる。

そのため自撮りをしたときに、自分の腕を写り込ませないように撮影できるのだ!

3way自撮り棒

 

この左手を写さずに、自分の顔と背景だけを撮影できる。

まっすぐな自撮り棒にはないメリットだ。

自撮り棒

 

この自撮り棒にはストラップがついていて、手首でシュッと絞ることができるので、アクシデントで落とすことを防止できる。

細かい所まで気が配られた素晴らしいアイテムだ。

脱落防止コード

 

 

GoProの三脚

三つ目の機能は、三脚機能である。

この自撮り棒のグリップはネジ式で、開けることができる。

グリップを回す

 

グリップの中には、まるでイカみたいな物体が収まっている。

底の部品を外す

 

これをグリップにネジ式で回しこみ、足を開脚させると三脚になる。

三脚になる

 

GoProを固定して三脚として使えるのだ。

アームを高く伸ばすこともできる。

GoProの三脚

 

下からのアングルで自撮りがしたい場合には、この三脚機能を使うことで面白い写真が撮影できる。

この3way自撮り棒は、ベネズエラでもボリビアでも大活躍しそうだ!

GoProの三脚撮影

 

GoProの自撮り棒がいろんな種類があるので選ぶのに迷ってしまうが、家電量販店を何軒も見て回った結果、この3way自撮り棒が一番良いと判断した。

 

 

まとめ

南米でのプロジェクトのために、Amazonのほしい物リストを公開したところ、ヨウさんから3つもプレゼントを頂いた。

雨よけレインカバー、モバイルバッテリー、自撮り棒を南米で有効に使わせて頂きます。

ヨウさん、本当にありがとうございます!! 

 

今だけ受付中!Amazonのほしい物リスト

23日にベネズエラへ旅立ってしまうので、今だけAmazonの宮崎大輔のほしい物リストからプレゼントを受け付けています。

「南米ベネズエラでの先住民族プロジェクトとボリビアでの環境汚染プロジェクトを応援したい!」という人は、Amazonのほしい物リストからお好きな商品を宮﨑宛にお送りください。

ふたつのプロジェクトの詳細は、これからこのブログで公開していきます。

応援はこちら→ Amazonの宮崎大輔のほしい物リスト

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「ライフハック」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事