JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「農業技術」カテゴリの人気記事

海外農業コンサルタントが教える!日本と海外の農園を視察する時に注意すべき3点

      2016/04/18


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内外で農場視察歴5年

学生時代のぼくは信州大学農学部と大学院でイチゴの新品種の普及活動をしていたので、長野県内や東北、中部、四国、中国地方など国内各地の農場視察に参加していた。

農場視察には大学教授や農業改良普及センターの普及員、JA職員、農業資材会社の社員などが参加しており、日本全国のイチゴ農園を中心に50か所以上の農場を視察して回った。

大学院を卒院後は青年海外協力隊に野菜栽培隊員として参加し、学生時代と同じようにパナマの農場視察に参加している。

国内外で農場視察に参加した経験から、農場視察をする際に気を付けるべきポイントをまとめてみた。

 

1.予習をする。

まずは農場視察に参加する前に、その農場に関係することを徹底的に調べるべきである。

有名な農場ならばネットでググり、農場のホームページや記事になった農業雑誌などを読もう。

小さな農場でもその地域の標高や平均気温、主要都市までの交通時間などを調べる。

そのような情報は農産物の品質や作型、出荷に影響を与えるからだ。

112_1645

また、知り合いの農家から視察に行く農場に関しての話を聞くのも大切だ。

事前に情報を仕入れ、視察当日は何を質問したいのか、何を調査したいのかをはっきりさせておくことが大切だ。

逆に言えば、視察当日はネットで調べられるようなことは質問すべきではない。

 

2.案内役ではなく、やる気なさそうな人に質問する。

日本で農場視察をする際には、農業普及員やJA職員などが案内役を務めることが多い。

パナマでも農牧省などの職員が案内役をする。

その案内に着いて行ってはいけない。

案内役は彼が紹介したいものだけを見せ、都合が悪いものは見せないからだ。

案内役からは距離を取り、あらかじめ用意した調査したいものリストに従い、視察をするべきだ。

また質問したいことは案内役にはせず、農場内でやる気がなさそうに働いている人に質問しよう。

そういう人の方が、本当のことを答えてくれる。

下の写真のように視察団が来ているのに関心を示さず、黙々と作業をしているタイプの人が最適だ。

P5210047_1641

案内役や農場主は良い技術は他の農場に知られたくないし、都合が悪いことも教えたくないのでウソをつくことが多い。

 

3.畑では一番奥まで入る。

農場視察では畑の中に入らずに、案内役が畑の手前で説明をするだけの場合も多い。

植物の状態は同じ畑でも場所によって違う場合が多い。

人目に付く手前だけ植物を管理する農場もあるし、畑の奥に別の品種を隠れて栽培している農場もあった。

075_1644

すべての植物の状態を把握するためにも、まずは農場主に一声かけてから必ず畑に入るべきだ。

また、いろんな角度から畑の写真を撮影するためにも、畑の一番奥まで入ることは大切である。

 

農場視察の3つのポイントまとめ

1.予習する。

2.案内役ではなく、やる気なさそうな人に質問する。

3.畑では一番奥まで入る。

以上の三点を意識したら、日本でも海外でも充実した農場視察が出来ると思う。

農業男子や農ギャルにとっては、農場視察ほど心が躍ることはない。

では、楽しい農業ライフを!

 おすすめの本

定年後の海外農業ボランティア

 海外経済連携協定と日本農業の針路

 農業がわかると、社会のしくみが見えてくる

 

 

関連記事

ベネズエラのカナイマ国立公園に暮らすペモン族の村で47日間農業を教え、テーブルマウンテンに登頂したよ

青年海外協力隊の帰国直前に50名の農業技師へ野菜栽培のプレゼンをした真の目的

熱帯農業のプロが教える!真夏に家庭菜園に植えた野菜の苗が枯れるのを防ぐ秘訣

【エセ科学に騙される素人】ネットで農薬を調べまくる有機農業信者さんも、自分が何を知らないのかまでは知らない

家庭菜園をしたい人、農業の勉強をしたい人が絶対に読むべき厳選記事

施設園芸農業のメリット&デメリット!日本と海外の点滴灌漑&養液土耕&LED水耕栽培&植物工場(太陽光利用型・完全閉鎖型)

合わせて読むと役立つかも!?

「農業技術」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「農業技術」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事