JIBURi.com

88世代の宮﨑大輔が海外旅行,クレジットカード,転職,いちご,カメラを解説

アフリカ旅行におすすめのクレジットカード!VISAとMasterCardは使えるけどJCBとアメックスは使えないしスキミングに注意

      2019/02/12


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからアフリカを旅行する人から、お金やクレジットカードについて質問されることが多くなりました。

 

質問されること・アフリカでもクレジットカードが使えるの?

・アフリカでクレジットカードを使っても安全?

・アフリカにお金を持っていく方法でおすすめは?

私は世界42カ国、うちアフリカ4カ国を旅した経験があります。

渡航した国は、エチオピア、ケニア、ルワンダ、南アフリカです。

また、ケニアには4回も渡航し、合計で8ヶ月以上も住んでいました

この経験からアフリカ旅行でのお金の持ち歩き方を解説します。

結論からいうと、この4枚のカードを準備しましょう。

エポスカード

年会費無料なのに海外旅行保険がゴールドカード並です

楽天カード

スキミング被害に遭ったときに対応が良かったです

マネパカード

NEOMONEY

スポンサーリンク

 

 

アフリカ旅行のおすすめしないお金の危険な持ち歩き方

まず、こんなお金の持ち歩き方はダメという例を紹介します。

実際にこんな日本人旅行者を見てきました。

日本円だけは絶対にダメ

まず、日本円だけを持っていくのは絶対にダメです。

なぜかというと、そもそも日本円を両替してくれる両替屋が少ないからです。

なので、アフリカを旅するときには日本円だけを持っていくのは絶対にやめましょう。

 

米ドルだけも危険

それから、米ドルだけを持っていくのも危険です。

たしかに米ドルなら、両替してもらえる可能性が高いです。

しかし、デメリットが2つあります。

 

ポイント①両替はレートが悪いので損

②日本人が米ドルを持ち歩くのは目立つ

 

特にアフリカは貧困地域も多いです。

現金を持って貧困地域を歩くのは大変危険です。

しかも黒人社会のアフリカでは、日本人はとても目立ちます。

なので、アフリカを旅するときにはアメリカドルだけに頼らないでください。

 

ケニアならM-PESAだけもありだけど

東アフリカのケニア共和国では、M-PESAが普及しています。

M-PESA(エムペサ)とはモバイルマネー。

携帯電話が銀行代わりになり、番号だけでお金を支払ったり受け取ったりできます。

ケニアではM-PESAだけでもすべての支払ができます。

例えば、これらはすべてエムペサでできます。

 

エムペサでできること・スーパーマーケット

・小さなキオスク

・田舎のレストラン

・旅行会社の支払い

・友だちにお金を送る

 

なので、ケニアに旅行するならエムペサだけを使うのもありです。

ただし、エムペサは振り込め詐欺が流行っています。

突然知らない番号からSMSや電話が届き、

「1万ケニアシリングを間違って送金したから、返金しろ!」

といわれます。

無視しても何回も電話がかかってきます。

また、日本のスマホやiPhoneの中にはエムペサが使えない機種もあります。

なので、エムペサが普及しているケニアといえども、エムペサだけに頼るのは心配です。

 

エムペサの問題点①エムペサの振り込め詐欺がある

②エムペサが使えないことがある

 

 

 

アフリカでもクレジットカードは使える

アフリカでもクレジットカードは使えます。

なので、私はアフリカへ行くときにクレジットカードを必ず持っていきます。

VISAとMasterCardはどこでも使える

※実際に私がクレジットカードで払ったレシート

確実に使えるのは、VISAとMasterCardです。

この2つのブランドは世界最強なので、アフリカでも加盟店で使えます。

例えば、ビジネスホテルやレストランで使えます。

なので、私もケニアの首都ナイロビでは、VISAとMasterCardのクレジットカードを使っています。

ただし、格安ホステルや路上にあるようなお店ではカードは使えません。

また、カードの加盟店であっても読み取り機のトラブルで使えないことがあります。

なので、VISAかMasterCardブランドのカードを持っていたとしても、安心できません。

万が一に備えて、必ず現地通貨の現金も少しは持ち歩きましょう。

 

アメリカン・エキスプレス(アメックス)も一応使える

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードも使えることがあります。

しかし、VISAやMasterCardと比べると加盟店は少ないです。

私が利用しているスーパーマーケットでは、アメックスも一応使えます。

ただし、使える読み取り機が一つしかないので、ビザやマスターカードよりも支払いに時間がかかりました。

それから「アメックスは使えない」と断れることも多いです。

なので、アメックスのカードはアフリカではあまり使えないと考えておきましょう。

 

JCBは使えない

JCBのクレジットカードはほとんど使えません。

日本やアジアではJCBが使えるお店が多いですよね。

しかし、アフリカではJCBはあまり使えません。

なので、JCBブランドのカードだけでアフリカを旅するのはやめましょう。

 

 

アフリカでクレジットカードを使うメリット

次に、アフリカ旅行でクレジットカードを使うメリットを説明します。

現金を持ち歩かなくていい

まず最初は、現金を持ち歩かなくていいことです。

なぜかというと、クレジットカードのキャッシング機能を使えば、ATMから現地通貨が引き出せるから。

私は楽天カードとエポスカードのキャッシング機能を使って、ATMから現地通貨を引き出します。

例えば、ケニアではケニアシリングの紙幣を引き出せませす。

もちろん、お店でのクレジットカードの決済にも使えます。

アフリカは世界で一番経済発展が遅れている地域です。

犯罪が起きる一番の原因は、お金がないこと。

なので、強盗や殺人、誘拐をする犯罪者が狙うのは、現金を持っている外国人旅行者です。

特にアフリカは黒人社会なので、肌が白いアジア人は一発でバレます。

しかも、アフリカ大陸では中国人が働いていて、アジア人はお金持ちという印象があります。

なので、日本人も中国人と勘違いされて、お金持ちだと思われます。

実際、日本人はアフリカ諸国の人から見れば、お金持ちなんですが…

その結果、日本人というだけであなたは犯罪者からターゲットにされます。

実際、私もエチオピアとケニア、南アフリカで犯罪被害に遭いました。

 

クレジットカードに海外旅行保険が付帯する

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯します。

この海外旅行保険を使えば、もし犯罪や事故に巻き込まれても保険会社に補償してもらえます。

例えば、

・病気で入院した治療代

・盗まれたカバンとその中身の購入費

・携帯中に壊れたカメラの修理代

このような費用を保険会社が支払ってくれます。

なので、アフリカ諸国を旅するときに海外旅行保険は必須です。

もちろん海外旅行保険に個別に加入することもできます。

また、非常に珍しいサービスですが、日本を出国後に加入できる海外旅行保険もあります。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

 

ただし利用付帯のクレジットカードもある

ただし、クレジットカードには自動付帯と利用付帯があります。

 

ポイント①自動付帯:海外旅行に行くだけで勝手に保険が適応される

②利用付帯:海外旅行のための決済に使わないと保険が適応されない

私がおすすめするのは、自動付帯のクレジットカード。

自動付帯なら海外に行くだけで保険が適応されるので安心です。

利用付帯の場合には、もし決済に使うのを忘れると保険が適応されません。

なので、おすすめは自動付帯のカードです。

ただし、中には利用付帯のカードを使うことで、保険期間を伸ばす裏技もあります。

アフリカ大陸を縦断や横断したいバックパッカーの人におすすめです。

実際、私も中南米大陸を半年かけて縦断したときに、この裏技を使いました。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

 

 

アフリカ旅行でクレジットカードを使う危険性

それから、アフリカではクレジットカードを使う危険性もあります。

ATMでカードが吸い込まれる

まず、アフリカで多いのがATMによるカードの吸い込みです。

私の友人も南米旅行中に、カードの吸い込みをやられました。

カードの吸い込みは、ATMからカードが出てこなくなること。

吸い込みが起きると管理会社に連絡しないといけません。

カードが返ってくるまでに2,3日もかかることもあります。

場合によっては、カードが壊れて使えなくリスクも。

なので、クレジットカード必ず2枚以上持ってください。

私は臆病な性格なので、常に3枚のクレジットカードを携帯しています。

でも、これまでケニアに8ヶ月ほど滞在していますが、一度も吸い込み被害には遭っていません。

安全性を考えて、キャッシングにはショッピングモール内にあるATMを使っています。

 

南アフリカではスキミングの被害が多い

クレジットカードのデータを盗むスキミングも起こります。

実際、私は南アフリカのケープタウンでスキミングの被害に遭いました。

もともとケープタウンはスキミングの犯罪率が高い、と知っていました。

そのため、スキミングの対策を取っていたのですが、それでもスキミングされました。

なんと、ケープタウンの空港の中にあるATMでスキミングされたんです。

被害の詳細はこの記事を読んでください。

このスキミングでは楽天カードの迅速な対応のおかげで、犯人の80万円の引き出しを阻止できました。

楽天カードの不正利用防止サービスに感謝しています。

それと、楽天カードのサービスセンターの対応は丁寧で良かったです。

しかし、スキミングされたクレジットカードは使えなくなりました。

なので、そのカード番号を登録していた月額制の支払いをすべて変更しなくてはいけません。

これはめちゃくちゃ面倒くさかったです…

 

スリや盗難に遭うかも

また、クレジットカードをスリや盗難の被害に遭うかもしれません。

実際、私はエチオピアの首都アディスアベバで財布をスられそうになりました。

事件が起きたのは、「マタツ」と呼ばれるミニバンに乗ろうとしたときです。

ミニバンに乗りたい人が、入り口に一斉に集まりました。

すると、なぜか「チーー」とカバンのチャックが広く音がかすかに聞こえました。

「変だな??」と思って、後退りしてみると、男が一人隣に密着しています。

その男は右手に上着を持ち、その上着を私が前に抱えていたバッグに被せていました。

そして、その上着の下に左手を入れて、バッグのチャックを開けたのです。

寸前のところで気がついたので盗難の被害には合わずにすみました。

しかし、そのチャックの中には財布とiPhoneが入っていたので、やばかったです。

このようにアフリカを旅行中は、常にスリや強盗から狙われていると考えてください。

他にも私の友人の中には、アフリカ縦断中に一眼レフカメラやスマホを盗まれた人もいます。

 

強盗、誘拐に遭うかも

アフリカで多発している犯罪の一つが、外国人を狙った強盗事件です。

ケニアやナイジェリア、南アフリカなどは外国人もたくさん住んでいます。

その外国人は現地人よりもお金をたくさん持っているイメージが浸透しています。

しかもヨーロッパ系の白人やアジア人は、肌の色が白いので目立ちます。

アフリカを旅行していると現地人から「ムズング!」とよく呼ばれるます。

ムズングの意味は「白い人」です。

また余談ですが、「チンチャンチョン!」と声をかけられることも多いです。

チンチャンチョンは中国人の挨拶だと勘違いしている人もいるし、侮蔑の意味で使い人もいます。

話がそれましたが、要するにアフリカでは外国人をターゲットにした強盗事件が跡を絶ちません。

実際、私もケニアの首都ナイロビで、タクシーに乗っているときに車が襲われたことがあります。

そのときは車のホイールが盗まれただけでした。

しかし、タクシー運転手は

「もしホイールを守ろうとドアを開けたら、今度は私たちが襲われる」

といい、絶対にドアを開けないように指示しました。

アフリカ旅行中は外国人というだけで襲われる理由になるのです。

また、アフリカ大陸ではイスラム国のテロリストも活発に活動しています。

例えば、数年前にはケニアのナイロビのショッピングモールがテロリストに襲われました。

このテロ事件のせいで、多くの外国人が殺されました。

しかし、日本人は被害を受けませんでした。

それはたまたまテロが起きた日が、日本人向けのイベントの日と被っていたからだそうです。

今でもテロの危険性が高い地域があるので、気をつけてください。

 

 

アフリカ旅行にはプリペイドカードを持っていこう

私がアフリカ旅行に行く人におすすめするのは、プリペイドカードを使うこと。

クレジットカードとプリペイドカードの両方を使い分けるのがコツです。

プリペイドカードとは

プリペイドカードとは、クレジットカードとほぼ同じような機能が使えるカードです。

クレジットカードと同じように、お店での決済ができます。

クレジットカードと同じように、ATMから現地通貨を引き出せます。

プリペイドカードは、事前にチャージした金額分だけ使えます。

 

ポイント・プリペイドカードはクレカより機能が少ない

・プリペイドカードはクレカより安全に使える

 

プリペイドカードとクレジットカードの違い

次に、プリペイドカードとクレジットカードの違いを説明しますね。

お金が引き落とされるタイミングが違う

お金が引き落とされるタイミングが違います。

 

ポイント①プリペイドカード:決済前にカードにチャージしたとき

②クレジットカード:決済からおよそ一ヶ月後

 

お金を使える上限金額が違う

お金を使える上限金額も違います。

 

ポイント①プリペイドカード:チャージした金額まで

②クレジットカード:銀行預金よりも多く使える

 

もし上限金額を超える金額を決済しようとしたら?

もし上限金額を超える金額を決済しようとすると、エラーになりできません。

ATMでお金を引き出すときも、上限金額を超える金額は引き出せません。

なので、スキミングや強盗の被害に遭ったとしても、被害を最小限に食い止められます。

アフリカなどの治安が悪い国にピッタリですね。

逆にいうと、クレジットカードの場合には預金金額を超える被害もありえます…

ただし、被害を証明できれば被害金額は補償してもらえます。

海外旅行保険が付帯しない

プリペイドカードには海外旅行保険が付帯しません。

なので、もしプリペイドカードしか持っていなかったら、海外旅行保険が適応されません。

 

ポイント①プリペイドカード:付帯しません

②クレジットカード:付帯します

 

その場合には海外旅行保険に必ず入りましょう。

ですが、海外旅行保険の料金が数千円から数万円かかります。

クレジットカードを持っていれば、その保険代を節約できるのでおすすめです。

 

プリペイドカードの使い方

プリペイドカードはクレジットカードと同じようにATMで使えます。

カードによって違いますが、VISAやMasterCardが使えるお店なら、プリペイドカードでも決済ができます。

プリペイドカードは日本中世界中で、同じように使えます。

ただし、プリペイドカードの種類によって違うので、事前に使い方を確認しましょう。

 

 

クレジットカードとプリペイドカードを両方使うメリット

私はアフリカ旅行でクレジットカードとプリペイドカードを両方使うことをおすすめします。

その勧める理由を説明しますね。

クレジットカードの海外旅行保険を使える

クレジットカードを持っていれば、海外旅行保険が使えます。

なので、海外旅行保険の保険代を節約できます。

その節約したお金を使って、旅の楽しみを増やすことができます。

【例】

・ホテルのグレードをアップする

・移動手段のグレードをアップする

・現地のツアーに参加する

・現地のレストランへ行く

・お土産物をたくさん買う

私はクレカを使って海外旅行保険の代金を節約して、旅の楽しみを増やしています。

 

プリペイドカードなら決済や引き出しに上限があるので安心

プリペイドカードなら決済や引き出しに、上限金額があるので安心です。

もしカードをスキミングされたり盗難にあっても、最小限の被害ですみます。

逆に、クレジットカードの被害は口座の預金金額を超えます。

例えば、銀行口座に10万しかなくても、100万円の被害に遭うかもしれまえん。

ただし、被害が証明できればカード会社から補償されます。

 

クレジットカードとプリペイドカードを両方使うと長所短所を補える

ようするに、クレジットカードとプリペイドカードを両方使うと長所と短所を補えます。

なので、クレジットカードだけやプリペイドカードだけ単体で使うよりも、メリットが大きくなります。

そのため、アフリカを11カ国旅行した私も、クレジットカードとプリペイドカードの両方を使っています。

 

 

アフリカ旅行をする人におすすめのクレジットカード

最後に、アフリカ旅行におすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカード選びの5つのポイント

まずは、クレジットカード選びのポイント。

 

ポイント①VISAかMasterCard

②年会費が無料

③ポイント還元率が良い

④キャッシング機能がありATMで現地通貨が引き出せる

⑤海外旅行保険が自動付帯

この5点を網羅したクレジットカードがおすすめです。

それではおすすめを紹介しますね。

海外旅行保険の補償内容が最高なエポスカード

アフリカ旅行用に最もおすすめするクレジットカードは、エポスカードです。

こんな人は絶対にエポスカードをおすすめします。

当てはまりませんか?

 

エポスカードがおすすめ・まだクレジットカードを1枚も持っていない人

・クレジットカードを1枚しか持っていない人

・JCBのクレジットカードしか持っていない人

・海外旅行保険が自動付帯のカードを持っていない人

・キャッシング機能付きのカードを持っていない人

エポスカードはこんなカードです。

 

ポイント①VISAかMasterCard:VISAブランドのみ

②年会費が無料:無料

③ポイント還元率が良い:0.5〜1%

④キャッシング機能がありATMで現地通貨が引き出せる:できる

⑤海外旅行保険が自動付帯:自動付帯でしかも補償内容が素晴らしい

 

ただし、デメリットもあります。

エポスカードのデメリットは、VISAブランドしか選べない点。

それから、ポイント還元率がイマイチなところ。

それ以外の機能は素晴らしいです。

特に海外旅行保険の保険が充実している点が最大の魅力です。

実際、私もエポスカードを使っています。

こちらの記事で詳しく説明しているので、読んでみてください。

エポスカードの公式サイトを見てみる

 

 

ポイント還元率と犯罪被害への対応が良い楽天カード

二番目に紹介するのは、楽天カード

楽天カードはこんな人におすすめです。

 

楽天カードがおすすめ・すでにエポスカードを持っている人

・VISAブランドのカードを持っている人

・ポイント還元率が高い方が好きな人

・海外旅行保険が利用付帯なので利用を忘れない人

当てはまっていましたか?

楽天カードの特徴はこちら。

 

楽天カードの特徴①VISAかMasterCard:VISA、MasterCard、JCBから選べる(JCBはダメ)

②年会費が無料:無料

③ポイント還元率が良い:1%

④キャッシング機能がありATMで現地通貨が引き出せる:できる

⑤海外旅行保険が自動付帯:利用付帯

 

 

楽天カードのデメリットは、海外旅行保険が利用付帯なこと。

これは正直、忘れそうで面倒くさいんですよね。

楽天カードの利用付帯の条件は、「出国前に旅費の一部をクレジットカードで決済していること」です。

例えば、このような料金を海外出国前に決済していればOK。

・成田空港行きの電車代

・自宅から空港までの乗継の一部の乗車代

・羽田空港に向かうための電車の乗車代

・羽田空港行きのリムジンバス乗車代

・自宅から最寄り駅までのバス乗車代

・自宅から空港までのタクシー代

・自宅から最寄り駅までのタクシー代

・空港近くの駅から空港までのタクシー代

・渡航先への航空券

・目的地までの乗継便の航空券

・旅行代理店で予約した海外パックツアー料金

 

これだけあれば、どこかでクレジットカードの決済ができますよね。

簡単にいうと、「成田か羽田空港までの交通費を楽天カードで決済すればOK」です。

なので、私はいつも成田空港までのバス代か電車代を楽天カードで支払っています。

ただし、クレジットカードの決済を忘れて出国すると、海外旅行保険が適応されないので注意です。

また、私が南アフリカでスキミングの被害に遭ったときに、楽天カードの対応は良かったです。

楽天カードの不正利用を監視するシステムのおかげで、犯人の引き出すを阻止できました。

なので、防犯の観点からも楽天カードはおすすめです。

こちらの記事で詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてください。

楽天カードの公式サイトを見てみる

 

 

海外旅行保険の補償をカバーでき、リスク分散できる2枚持ちがおすすめ

アフリカへ旅行する場合には、必ずクレジットカードを2枚以上持っていきましょう。

なぜかというと、海外旅行保険の補償内容をカバーできるからです。

また、カードをなくしたり使えなくなったときのリスク分散にもなります。

私はアフリカへ行くときには、クレジットカードは最低でも3枚は持っていきます。

 

クレジットカードに申し込むときは1枚ずつ

ただし、クレジットカードは2枚を同時に申し込むことはやめましょう。

もしクレジットカードを2枚同時に申し込むと、カード会社のブラックリスト載ります。

そして、クレジットカードが作れなくなってしまいます。

なので、クレジットカードを申し込むときは、カードを受け取ってから一ヶ月ほど期間をおいてからにしましょう。

 

 

アフリカ旅行におすすめのプリペイドカード

次に、おすすめのプリペイドカードを紹介します。

マネパカード

まず、最もおすすめなのはマネパカードです。

マネパカードは、アフリカでもクレジットカードと同じように使うことができます。

 

マネパカードの特徴①海外での手数料がクレジットカードの半額

②手数料が業界最安値

③日本国内の利用なら2%のキャッシュバック

④発行手数料、年会費が無料

 

実際、私もマネパカードを使っています。

でもさすがにマネパカードだけで、アフリカを旅するのはおすすめできません。

アフリカ旅行中はどんなアクシデントが起こるかわからないからです。

なので、マネパカードをクレジットカードと併用するのがおすすめです。

マネパカードの公式サイトを見てみる

マネパカードの使い方をこちらの記事で解説しています。

ぜひ読んでみてください。

 

 

NEO MONEY

NEOMONEYというプリペイドカードもおすすめです。

 

NEO MONEYの特徴①カードが届いたらすぐに使える

②入会金や年会費は完全無料

③13歳以上から誰でも申し込めるので学生に最適

④コンビニや銀行振込でチャージできる

⑤VISAの加盟店ならどこでも使える

 

ネオマネーのデメリットは、VISAの加盟店でしか使えないこと。

MasterCardしか使えないお店では、ネオマネーは使えません。

NEO MONEYはクレジットカードよりも安心して使えます。

なので、お子さんの留学や海外旅行、短期留学にも最適です。

NEO MONEYの公式サイトを見てみる

 

 

クレジットカードとの併用がおすすめ

クレジットカードだけでも海外旅行はできます。

しかし、プリペイドカードを使ったほうが、不正利用のリスクを小さくできます。

実際に私は南アフリカでスキミングの被害に遭いました。

犯人は私のクレジットカードを使って、80万円の現金を引き出そうとしました。

不幸中の幸いで、この引き出しは未遂に終わりました。

 

しかし、10万円しか銀行口座に入っていなくても、クレカを使えば100万円が引き出せてしまいます。

その点、プリペイドカードはチャージした分しか被害に遭いません。

なので、私はプリペイドカードとクレカの併用をおすすめします。

 

 

プリペイドカードも2枚あると安心

プリペイドカードも2枚持っていると安心です。

なぜかというと、1枚をなくしてしまったり、使えなくなる危険性もあるから。

そんなときでも、もう一枚バックアップがあれば安心ですよね。

プリペイドカードは同時に2枚のカードを申し込んで大丈夫です。

この機会に2枚とも作っておきましょう。

 

 

アフリカ旅行向けお金の持ち歩き方まとめ

今回は、アフリカを旅行する人向けにお金の持ち歩き方を紹介しました。

クレジットカードとプリペイドカードを使うのがおすすめです。

 

ポイント・クレジットカードを2枚

・プリペイドカードを2枚

もしまだこの4枚のカードを持っていない人は、アフリカへ渡航する前に準備しましょう。

エポスカード

楽天カード

マネパカード

NEOMONEY

「おすすめのクレジットカード」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク




 Twitterでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

Twitterでお友だちにシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー9,268人のTwitterを見てください→

  同じカテゴリの記事