JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

24回目の無電化集落に泊まろう!中学校の卒業式とクリスマスプレゼント

      2015/07/12


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卒業した無電化集落の中学生

24回目の無電化集落への滞在

今週は、月曜日から水曜日まで無電化集落に滞在してきた。

本当は日曜日から行くはずだったが、首都出張の疲れからか体調が悪くて行けなかった。

無電化集落に滞在するのは、今回で24回目。

今回の一番の目的は、村の中学校の卒業式に出席することだった。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

無電化集落までの道のり

無電化集落までは、まずは村の中心地から乗合ジープの荷台に一時間乗って、別の集落に向かう。

ここがジープの到着場。

乗合ジープの発着所

 

そこから、アップダウンの厳しい山道を2時間歩く。

奥に見える山の向こうに目的地がある。

無電化集落への道のり

 

途中には反り建つ壁のような坂道が2キロ以上続く場所があり、重いバックパックを背負って歩いているので泣きたくなる。

反り建つ壁のような坂道

 

宿泊する家

月曜日は学校に宿泊したが、火曜日に町から通っている学校の先生が町に帰ってしまったので、ぼくは民家に宿泊させてもらった。

宿泊した無電化集落の民家

 

もちろん電気がないので、夜はヘッドライトが必須。

山奥の集落には、「チトラ」という超極小の吸血虫が大量に生息しているので、長袖・長ズボン・靴下・手ぬぐいが必要になる。

そうしないと、全身が蚊に刺されたような跡と痒さで悶絶することになる。

ヘッドライトを使う青年海外協力隊員

 

無電化集落に滞在中は、かまどで料理を作る。

まき割りをして、火をおこして、ちょっとしたキャンプ気分が味わえる。

かまどで料理を作る

 

 

 

中学校の卒業式

12月15日月曜日に、村の中学校の卒業式が行われた。

乗合ジープに乗り、山道を這いつくばりながら歩き、なんとかぼくは卒業式に間に合った。

学校に着くと、村中の人が集まっていて、学校が人だらけになっていた。

村中の人が集まった卒業式

 

ここはラテンの国パナマなので、人が集まると必ずダンスが行われる。

卒業式では発電機を使って音楽を流し、子供のダンスが披露された。

ダンスを踊る子供たち

 

 

今年は10名の学生が卒業した。

卒業した無電化集落の中学生

果たして10名の卒業生のうち、何名が高校に進学するのか?

 

10名が卒業、高校に進学するのは…

パナマには、「成績上位トップ3名には奨学金を受ける権利」がある。

なので、10名中3名は高校に進学できるかというと、そうではない。

 

この集落には高校がないので、高校に進学したい場合は村の中心地の高校に通わなくてはならない。

遠すぎて通うことは無理なので、村の中心地に住む必要がある。

そのため、高校に進学するためには、学費とは別に「生活費」が必要になる。

なので、奨学金を受ける権利があったとしても、高校に進学させない親もいる。

 

この集落の子供が高校に進学する確率は、30%以下である。

ちなみにこの集落の子供が大学に進学する確率は0%、歴史上一人もいないそうだ。

 

クリスマスプレゼント

卒業式が今年の学校最後の登校日で、2月中旬までは長期休みになる。

12月25日のクリスマスが近いということで、すべての子供にクリスマスプレゼントが配布された。

配布元は、パナマのNGO。

パナマのNGO

 

プレゼントは、バービー人形っぽい人形、おもちゃの車、テニスっぽいラケット、モノポリーっぽい遊び道具、塗り絵帳などで、一人3個ずつ貰っていた。

 

バービー人形っぽい人形を持つ少女。

クリスマスプレゼントを持つ子供

 

大きなトラックをもらった少年。

おもちゃの車を持つ子供

 

テニスラケットを持ち、なぜかエアギターを始めた少年。

後の、世界エアギター選手権優勝者である。

テニスラケットを持つ子供

 

 

英語表記のため誰も読めない

モノポリーっぽいお絵かきをする遊びもあったが、これには欠点があった。

それは、ルールもカードもすべてが英語表記だったのだ。

モノポリーっぽい遊び

 

この集落には、英語が理解できる人は一人もいない。

中学校の先生も英語はわからない。

なんとか英語のルールをスペイン語に翻訳して子供に遊び方を説明したが、全く理解できていなかった。

英語表記のカードゲーム

 

 

電気がない村滞在のまとめ

中学校の卒業式では10名の子供が卒業した。

すべての子供にクリスマスプレゼントが配られた。

今回の滞在では思うことがたくさんあったので、数回に分けて滞在記を書こうと思う。

 

おすすめの記事

23回目の無電化集落滞在でぼくを待っていたのは、荒れ果てた学校菜園。

あぁ~、ジャングルの川でフルチン水浴びするの気持ちいいなぁ(*’▽’)

青年海外協力隊として活動している山奥の集落で貧富の差が激しい二組の兄妹と出逢い考えたこと

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事