JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

19回目の農村滞在にJICAのカメラマンも同行し、学校菜園と家庭菜園と焼畑稲作の調査をした。

      2015/07/12


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19回目の農村調査

9月15日から17日まで、山奥の村で19回目の農村調査を行った。

滞在したのは、メインで活動している無電化集落。

今回の滞在調査の目的は、以下の4点だった。

1.学校菜園の調査

2.家庭菜園の調査

3.JICAカレンダーのための写真撮影

4.JICA広報ビデオ作成のための動画撮影

 

JICAカレンダーと広報ビデオ撮影のために、JICAから雇われたカメラマンも滞在調査に同行した。

彼はドミニカ共和国出身で、今はパナマ共和国でカメラマンとして働いている。

彼と会うのは、今回が初めてだった。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

学校菜園の共同作業

9月15日には学校菜園で、父兄による共同作業が行われた。

この集落では、週に一度か二度、父兄による農作業が行われている。

家庭数は80軒ほどなので、それを5つのグループに分けて、グループごとに活動している。

そのため父兄が学校菜園で農作業を行うのは、月に一回程度の頻度だ。

しかし、父兄の中にはサボる人も多い。

 

腐葉土の混ぜ込み

まずは、腐葉土を新しい畝に混ぜ込んだ。

パナマの土は粘土質で水はけが悪い。

しかもここの学校菜園は、岩だらけの土手を開墾して作ったので、土中に有機物が全く含まれてない。

そこで、土壌改善のために腐葉土を混ぜ込むことにした。

腐葉土の混ぜ込み

 

キュウリとネギのコンパニオンプランツ

キュウリの近くにネギを植えて、コンパニオンプランツとして育てることにした。

キュウリとネギのコンパニオンプランツ

 

キュウリの株元に、長ネギの苗を3株ずつ植えた。

キュウリの株元に植えたネギ

 

実は以前からこの学校菜園で、キュウリの栽培実験を行っていた。

栽培は袋栽培で行い、一袋にはキュウリだけを受け、もう一袋にはキュウリとネギを一緒に植えた。

下の写真の左がキュウリとネギ、右がキュウリのみの栽培。

キュウリとネギのコンパニオンプランツの試験栽培

 

左のキュウリとネギの混植栽培の方が生育が良いのがわかるだろう。

ネギの根に生育している菌類が、キュウリの生育にもプラスに作用し、キュウリの病気も予防してくれると言われている。

植物の混植により相乗効果を生み出す栽培技術を、「コンパニオンプランツ」と呼ぶ。

 

新しい学校菜園の生育調査

この学校は3つの学校菜園を持っている。

新しい学校菜園の生育調査として、すべての作物の種類と株数を調査した。

この調査はパナマに派遣されてからずっと行ってる。

複数の学校菜園の栽培作物の種類と株数をグラフ化して、データを分析している。

 

緑肥植物ムクナ

緑肥として栽培している「ムクナ」というマメ科作物も順調に生育していた。

中南米の緑肥植物ムクナ

以前はムクナは中南米の土質改善に使われたらしいが、今はほとんど利用されていない。

 

トマトとピーマンのカルシウム欠乏

学校菜園ではトマトとピーマンの実に、「カルシウム欠乏」の症状が現れていた。

トマトはカルシウム欠乏が起きると「尻腐れ」を起こす。

トマトのカルシウム欠乏

 

ピーマンもトマトと同様に果実の一部が崩壊する。

ピーマンのカルシウム欠乏

 

カルシウム欠乏は単に土中のカルシウム欠乏によるだけでなく、窒素過剰や根の活性低下などによっても引き起こされるが、この学校菜園は開墾したばかりなので、地力が弱いのだろう。

有機肥料と有機物を投入し、少しずつ土を改善したいと思う。

 

レタスと赤カブのポット育苗

この学校菜園では、飲料用のプラスチック製コップを使ったレタスと赤カブのポット育苗をしている。

レタスと赤カブのポット育苗

この学校菜園では「ポット育苗」は初めての経験だったが、レタスも赤カブも順調に生育していた。

 

古い学校菜園の調査

ぼくが派遣される以前から栽培している古い学校菜園の調査も行った。

新しい学校菜園と同様にすべての作物の種類と株数を調査した。

 

袋栽培の実践

この学校菜園では、「野菜の袋栽培のデモンストレーション」と「袋栽培の講習会」を過去に実施した。

下の写真は、ぼくが始めた「空心菜とツルムラサキの袋栽培」のデモ。

空心菜とツルムラサキの袋栽培

 

そして、村人が自主的に学校菜園で野菜の袋栽培を始めた。

教えた技術を実践してもらえるのは、とても嬉しい。

学校菜園での袋栽培

 

 

ズッキーニの栽培

袋で栽培されていたのは、ズッキーニと二十日大根。

この古い学校菜園で働く村人は、すでに基本的な野菜栽培技術を身につけているので、トマト、ピーマン、キュウリ、セロリなどほとんどの野菜を収穫まで栽培できる。

そこで、新規作物としてズッキーニや空心菜、ツルムラサキ、ナスなどの野菜を育ててもらっている。

ズッキーニの袋栽培

 

村人は「ズッキーニ?なんだそりゃ?」と言いながらも、「面白そうだから、育ててみたい!」と言ってきちんと世話をしてくれている。

やる気がある人に教えるのは、とても楽しい。

 

空心菜の挿し芽

「空心菜は挿し芽で増やせるよ」と村人のリーダーに教えたら、さっそく実践していた。

空心菜の挿し芽

最初は空心菜は12株だけだったが、今では100株以上に増えていた。

 

順調に育っている野菜

カボチャが大きく育っていた。

学校菜園のカボチャ

 

セロリの生育も順調。

学校菜園のセロリ

 

ツルムラサキも柵にツルを伸ばし、とても良く育っている。

学校菜園のツルムラサキ

 

3つ目の学校菜園の調査

3つ目の学校菜園は、学校から一時間ほど離れた別の集落にある。

その学校菜園は、プロジェクト所属の別の農業技師が担当しており、ぼくは全く関与していない。

今回はその農業技師の働きぶりを調査してみようと思い、一時間山道を歩いて遠くの学校菜園に向かった。

3つ目の学校菜園に到着し、畑を見て回る。

しかし、ほとんど野菜が存在せず、雑草ばかり。

3つ目の学校菜園

 

 

3つの作物

育てられていたのは、3つの作物だけ。

雑草だらけの畑でマメ。

マメ畑

 

一年前から育てている丸いトウガラシ。

丸いトウガラシ

 

そして、葉切りアリに葉をすべて切り取られたニンジン。

葉切りアリに切られたニンジン

 

今回の調査で、「この学校菜園はもう機能していない」と明らかになった。

プロジェクト所属の農業技師の存在が、プロジェクトの農業問題かもしれない。

しかし、彼も農牧省の一般的な農業技師と比べると、農業の知識がある方である。

農業技術の問題というよりも、村人との関係性の作り方や働く姿勢の問題だろう。

 

家庭菜園の調査

この集落では、5月から7月にかけて女性を対象に、「家庭菜園の袋栽培の講習会」を開催した。

講習会後も家庭を回り、定期的にその後の生育を観察している。

今回もほぼすべての家を訪問し、家庭菜園を見学して栽培技術の指導を行ってきた。

 

家庭菜園の様子

袋もしくは鍋で、セロリを中心に育てている家庭。

素晴らしい袋栽培

 

プラスチック製容器、もしくは袋で栽培している家庭。

地面に置いてある袋栽培

 

ニワトリ除けのために「囲い」がある袋栽培をしている家庭。

囲いがある袋栽培

 

袋栽培と畝栽培の両方を行っている家庭。

畝を作っている家庭

 

半日陰で袋栽培している家庭。

半日陰で袋栽培

 

この家では、長芋の袋栽培を始めていた。

教えた技術をさらに改良してもらえていた!

長芋の袋栽培

 

家庭訪問をした家では、すべての家で袋栽培による家庭菜園を継続していた。

とりあえず、一安心。

この集落では、もう一度家庭菜園の講習会を開催する予定だが、今後も初回の参加者のアフターサービスを続けていきたい。

 

イネの調査

家庭訪問もしている時に、面白い話を耳にした。

ぼくは村人と話す時に、必ず天気の話か山の焼畑農業の様子の話から始めるようにしている。

それが、村人の生活と密着した話題だからだ。

ある村人が焼畑農業の話の中で、「中国のコメという、短くて収穫時期が遅い種類のコメを栽培している」と言うのだ。

ぼくは自分の耳と、自分のスペイン語力を疑った。

なぜならば、パナマで消費されているコメはほぼ100%が、「インディカ米」という細長いコメだからだ。

短いコメということは、日本で食べられている「ジャポニカ米」を意味している。

パナマでジャポニカ米が栽培されているなんて、聞いたことがないし、過去の文献にも載っていない。

そこで、自分の目で確かめることにした。

焼畑農業の畑まで行って、稲を観察して来た。

陸稲が首を垂れていた。

焼畑農業の陸稲畑

 

穂が出た品種をじっくり観察してみると、籾は長く先が赤い色をしていた。

しかし、籾が細長いのでインディカ米だろう。

籾先が赤い品種

 

「中国のコメ」と呼ばれてる稲は、まだ出穂していない。

この品種は長細いコメよりも、収穫時期が3ヶ月ほど遅いらしい。

 

中国のコメ

 

中国のコメは、分げつが多い気がする。

中国のコメの姿

 

まだ収穫していないので謎は多いが、とても興味深い。

そして、この時からぼくのコメの調査が始まった。

今では、山奥の村でコメの研究に没頭している。

 

カメラマンのお仕事

今回の滞在調査中、カメラマンはずっと大きな一眼レフカメラと大きなズームレンズを抱えて、写真かビデオを撮影していた。

農作業中、家庭訪問中、集落間の移動中も。

JICAのカメラマン

 

ぼくも一眼レフカメラを持っているし、写真を撮影するのは好きだが、「撮影を職業にすると大変だな」と思った。

彼は普段はパナマシティという東京のような大都会に暮らしているのに、急に電気も水道もない山奥の村に、知らない日本人ボランティアと一緒に泊まり込まないといけない。

彼とは一緒に火をおこして三点カマドで食事を作ったり、星空を撮影したり、おしゃべりしたり楽しい時間を過ごせた。

2015年度版のJICAカレンダーと、JICAの広報用ビデオの完成が楽しみである。

 

まとめ

19回目の農村滞在調査は、カメラマンも同行した。

3か所の学校菜園の調査を行い、新しい学校菜園で農作業を行った。

家庭訪問も実施し、家庭菜園の状態をチェックした。

ジャポニカ米疑惑のあるコメの調査を始めた。

合わせて読むと役立つかも!?

DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの?
海外で働きたいなら英会話能力は必須!DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられます。今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ。

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「無電化集落に滞在」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事BEST10

ジャイカボランティア青年海外協力隊の実態10例!自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難・病気・事故
ジャイカボランティア青年海外協力隊の実態10例!自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難・病気・事故
青年海外協力隊の給料と生活費をぶっちゃけます!ボランティア派遣16ヶ月目のぼくが未だにJICAの現地業務費を一度も申請していない理由
青年海外協力隊の給料と生活費をぶっちゃけます!ボランティア派遣16ヶ月目のぼくが未だにJICAの現地業務費を一度も申請していない理由
青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する
青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する
現役JICAボランティアが教える!青年海外協力隊のよくある7つの誤解「給料はない?実は204万円以上の就職準備金(国内積立金)がもらえる!」
現役JICAボランティアが教える!青年海外協力隊のよくある7つの誤解「給料はない?実は204万円以上の就職準備金(国内積立金)がもらえる!」
こんな人はJICAボランティアになるな!帰国直前だからわかる青年海外協力隊に向いていない人の3つの特徴
こんな人はJICAボランティアになるな!帰国直前だからわかる青年海外協力隊に向いていない人の3つの特徴
青年海外協力隊の恋愛ぶっちゃけます!JICA訓練所で恋人カップルが生まれる駒ヶ根マジックがおきる5つの理由
青年海外協力隊の恋愛ぶっちゃけます!JICA訓練所で恋人カップルが生まれる駒ヶ根マジックがおきる5つの理由
「正義の反対は別の正義」ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。【青年海外協力隊からのメッセージ】
「正義の反対は別の正義」ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。【青年海外協力隊からのメッセージ】
長崎県川棚市の超能力喫茶店アンデルセンで起きたマジック!もしかしたら僕の運命は超能力者に曲げられたのかもしれない。
長崎県川棚市の超能力喫茶店アンデルセンで起きたマジック!もしかしたら僕の運命は超能力者に曲げられたのかもしれない。
合格率50%以下の難関テスト!青年海外協力隊の二次試験の人物判定面接で、JICA試験官(精神鑑定士)から受けた忘れられない質問
合格率50%以下の難関テスト!青年海外協力隊の二次試験の人物判定面接で、JICA試験官(精神鑑定士)から受けた忘れられない質問
現役ボランティアが教える!青年海外協力隊におすすめする79個の持ち物リストとパソコン・スマホ情報
現役ボランティアが教える!青年海外協力隊におすすめする79個の持ち物リストとパソコン・スマホ情報

  同じカテゴリの記事