JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「人生でやりたい100のリスト」カテゴリの人気記事

青年海外協力隊の派遣期間の1/12が経過!やりたいことリストをチェックした。

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青年海外協力隊二ヶ月経過

青年海外協力隊員としてパナマに派遣されてから、2か月が経過した。

協力隊の派遣期間は2年間(24ヶ月間)なので、すでに【12分の1】の期間が終了したことになる。

そう考えてみると時間が過ぎるのが、あっという間に感じる。

協力隊に2回以上行く人はほとんどいないし、もちろん僕も2回以上行く気は全くない。

そのため、人生でたった一回しかない協力隊生活は、やり残したことがないようにたっぷりと楽しみたい。

ただし、パナマで自分が達成した夢も忘れずに覚えておきたい。

そのため今回は、【パナマでやりたい100のこと】を使って2か月間を振り返りたいと思う。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パナマで最初に食べたご飯がコレ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

【パナマでやりたい100のこと】で達成したこと。

 

18.   スペイン語でジョークを言って笑いを取る(達成!)

20.   スペイン語の下ネタを覚える(達成!)

22.   子供に日本のギャグを教える(達成!)

23.   路上でサッカーする(達成!)

24.   サッカーチームに入る(達成!)

42.   太平洋で泳ぐ(達成!)

56.   伝統的な酒を飲む(達成!)

57.   農家と一緒に酒を飲む(達成!)

62.   教会に行ってクリスチャンの考えを学ぶ(達成!)

77.   大規模農園を視察する(達成!)

99.   たまには怒ってみる(達成!)

 

119個分の11個達成・達成率は9.2%

 

ご覧のとおり、ほとんど遊ぶことしか達成出来てない。

しかし、パナマの生活を楽しめてはいるようだ。

まだカウンターパートと一回も会っていないし、仕事が本格化するのはまだまだこれからだ。

ただし、遊びに関してもやる気になればすぐに始められることにも、手を付けられていないことが多い。

まだ生活に慣れておらず、始める気になれないのが正直なところだ。

さらに、スペイン語がなかなか身に着かないことも原因である。

 

焦らずに、でも少しずつ加速していきたい。

おしまい。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「人生でやりたい100のリスト」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事